スマッシュ

テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。

では、その人の実力がダイレクトに反映されやすい技術があるとしたら、それは何でしょうか。

筆者が10年以上前に習っていたコーチ曰く、それは「スマッシュ」だとか。

確かに大会を勝ち抜いていく選手で、スマッシュが極端に苦手という選手は少ない気がします。

今回はそのスマッシュが得意な人、ポイントを取りきれる人が普段意識しているポイントを探ってきました!

 

テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

 


 

1.グリップチェンジを使い分ける

ロブの軌道や自分のいる位置によって、打つスマッシュは多種多様に変化します。

決めるのか、繋ぐのか、相手をコートの外に追いやるのか。

その為には回転をかけたりフラットに当てたりと、かなりの頻度でグリップチェンジが求められます。

それを瞬時に判断するのは難しいですが、まずは皆さんでも深い位置から回転をかける薄いグリップと、ネット近くで打つときに厚めのグリップの2種類は使い分けられるようにしましょう。

2.最も意識するのはポジショニング

これが大事だと念を押されたのを覚えています。

いかに相手がロブを上げる前に、一歩目を早く動けるか。

深いロブをスマッシュで打つには、スタートダッシュと打たれてからの無駄の無い動きの両方が必要です。

ここでお勧めしたいのが、思い切ってボールから一度目線を切ってしっかり下がること。

初見の感覚と実際の落下点のギャップが少なくなるよう、反復練習して見に付けることをお勧めします!

3.前衛にいるときには、積極的にフェイントでストレートロブを誘う

「あの人は上強いのに、なんで自分はロブ上げちゃうんだろう・・・」

そう感じている人がいれば、それは相手に上げさせられていると思ったほうが吉。

スマッシュが得意な人はフットワークが良いので、わざと前に出てロブを誘って仕留める、という練習を繰り返ししています。

特に身長が低い選手は、逆に利用してこの作戦を使いやすいですね。

4.テニス=ゴールゲットスポーツという意識

これはメンタル的な話になりますが、テニスのようにネットを挟んだスポーツ。

どうしても「1球でも多く返球すれば勝ち」という意識が生まれやすいです。

もちろん、この意識はすごく大切ですし、実際の草トーナメントではこの作戦に徹して粘り強く勝ち続けている選手も多いです。

しかしどこかで、「自分でゴールを決める」ことも大切。

それによって相手に対するプレッシャーをかけ、より粘りのプレーも生きてくるはずです。

まずは失敗しても良いので、「自分から打ち切る」ことを意識して深いロブも追ってみてください。

もしミスになっても、相手としては打ってくる選手のほうが嫌なものです。

 

スマッシュはなかなか練習もし辛く、試合でも打つ機会も多くない・・・と思われて、見落とされがちなショットかも知れません。

しかしどんなに良いサーブやリターン、ストロークやボレーで追い込んでも・・・。

スマッシュが打てなければポイントを締められませんよね。

この機会に苦手意識を持っている人は、ちょっとしたヒントを実践してみて、試合でトライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  3. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

  4. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  5. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う

    屋外での試合、陽射しが強い日に難しいのはスマッシュですよね。サ…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

特集記事

  1. テニス 陸上

    日々の雑記

    1つのことだけに集中する、だけが素晴らしいことじゃない
  2. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ま…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」から…
  4. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか
  5. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に
PAGE TOP