テニス ダブルス

スマッシュ

試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。

ダブルスなんて、まさにそうですよね。

逆にスマッシュをミスすると、試合の流れは一気に変わる。

「でもやっぱり、スマッシュって難しいよ・・・」と思っている人は、この意識で試合で打っていきましょう。

あくまで私の視点、経験での話ですので、もしかしたら一般的な指導概念からは逸脱しているかも知れませんが・・・。

実戦的なスマッシュって、こういうスマッシュだと思いますよ。

 

試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

 

1.試合で使えるスマッシュは2種類

まず1つ目は、しっかりコースを突いたスマッシュ。

これは、深いロブに対応するとき、ネットから離れた位置からスマッシュするときに必要な技術です。

このコースには、「深さ」も含まれます。

相手が触れない、触っても返球が難しいコントロールスマッシュ、ですね。

そしてもう1つは、高いバウンドにさせて相手に触らせないスマッシュ。

比較的ネット近くで、相手の前にバウンドさせて高く弾ませるスマッシュ、ですね。

試合で使えるスマッシュは、究極この2種類だと私は思います。

 

2.コントロールスマッシュに必要な要素は?

私がオススメなのは、とにかく「深いスマッシュ」を打てるようになること。

スマッシュって、いくら球速が速くても浅い位置でバウンドしてると相手は返球出来る。

特に、深い位置からスマッシュを打つのに、浅いって・・・ネットの危険性もあるし、失速するし、良いことは無い。

むしろアウトするくらいのつもりで、しっかり深く打つ癖を付けて欲しい。

ベースライン手前、50cmくらいにバウンドさせるようなスマッシュは、相手の手元まで失速しないからエースになる。

相手も、どこか「アウトを願う」感じでウォッチしてくれる。

だからこそ、深いスマッシュ、大事なんです。

 

3.深いスマッシュは、少しだけ回転をかけよう

深いスマッシュのコツ、それはサーブに近い打ち方で少しだけ回転をかけること。

回転をかけてラケットを振り切る、ことが出来れば、自然にボールはコート内に収まってくれる。

フラットに当たり過ぎると、ボールは伸びてアウトしちゃうんですよね。

サーブだと思って、しっかりラケットを高い打点で振り切ること。

これだけ意識すれば、下がりながらのスマッシュでも良いコントロールで打てるはず。

普段から、下がって回転系のサーブをコントロール、という癖を身に付けておきましょう。

 

4.高いバウンドのスマッシュは、手首で打って良い

ネット近くでのスマッシュは、相手の前で高くバウンドさせること。

これは、パワーのある男性だけの特権ではありません。

身体の前に打点をセットして、手首を使ってパチン!と打ち終わる。

そうすることが出来れば、高いバウンドのスマッシュに自然となるはず。

コツとしては、少し打点は低くてもOK。

高い打点だと、手首を使うのが難しくなるじゃないですか。

前に詰めて、ネット近くで打てるスマッシュは、顔の斜め上、くらいでOK。

無理に高い位置で打たず、力が入りやすくてボールを近くに叩き付けやすい打点、でパチン!と打つようにしてみましょう。

 

5.バウンドで相手の頭の上を越していく

これは、ぜひ練習しておいて欲しい。

バウンドで相手の頭の上を超す、ようなスマッシュを打てるようになっておけば、ダブルスで強い。

意外と、この打ち方でスマッシュが打てない人って、多いんですよね。

力まかせに相手にぶつけようとしても、少しずれたらアウトだし、相手の顔にぶつかる危険性だってあります。

安全に、かつポイントを確実に獲るには、高く弾ませるスマッシュが大事。

この時には、回転をかけるのではなくフラットに、ボールの真後ろを捕らえていくイメージで打っていきましょう。

 

6.2種類を打ち分ける実践練習を

練習では、場面に応じてこの2種類を使う。

下がったらコントロール、前に詰めたら高く弾ませる。

試合では、しっかり使い分けて両方のシチュエーションで得点出来るように。

球出しも良いですが、実際の活きたボール、ラリー練習でフットワークと共に磨いていきましょう。

意外と、前に詰めてのスマッシュ、難しいですよ。

試合では簡単そうに見えますけどね・・・やってみておいて、損は無いです。

 

試合に強い選手は、しっかりスマッシュを決め切る。

なぜなら、スマッシュを分けて考えているからです。

打つ場所、によって選択肢と技術が大きく変わる。

それがスマッシュであり、試合で求められる要素、ですね。

皆さんもぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

    深いロブも、スマッシュで。これは、私自身がテーマに置いているポ…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

  5. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習になっているから

    皆さん、練習の中でスマッシュ練習、どの程度時間を割けていますか?…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に変えていく為に、意識したい…
  3. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました
  4. ダブルス

    狙って良い前衛、悪い前衛の見分け方
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
PAGE TOP