テニス メンタル

スマッシュ

テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!
打ち込んでポイントゲット、と思いきや意外と深くてどうしよう。。

そんなシチュエーション、試合でも経験あると思います。

予測がずれても、技術があれば補える!

ということで、今回はこちらのテーマで・・・。

 

テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

 


 

1.慌てず「ハイボレー」に切り替えるのが基本

横向きで下がりながら厳しいと感じたら、ハイボレーに切り替えるのが基本です。

ここで必要なのは、薄いグリップと脱力感。

ボールを見上げるとついチャンス、力が入りがちですが、ロブが上手い相手も試合ではたくさんいます。

リラックスして、柔軟に構えましょう。

 

2.ハイボレーもきついときは、「打点を肩まで落として山なり」のボールを返球

横向きを作るのすら厳しい、ときには、ラケット面を上に向けてボールを山なりに打ち上げましょう。

イメージとしては、ロブと同じ軌道で返球するイメージ。

良いロブで崩されかけている訳ですから、まずはイーブンに戻すようにしっかり深く返球できるとベストです。

 

3.薄いグリップなら打点が後ろでも「スピンスマッシュ」が可能に!

男性プレイヤーであれば、打点を後ろに設定したスピンスマッシュもありです。

サーブよりも広いエリアを狙えますし、ハードコートではキックしたボールを返球できて有効です。

これも②同様に、上にしっかり打ち上げるイメージでベースライン深くを狙いましょう。

 

4.スライスロブなら「一旦ワンバウンド」もOK、ただし自分自身で処理すること

もし相手のロブがスライスロブであれば、落ち着いて一旦下にワンバウンドさせても大丈夫です。

相手の様子も伺いながら、次の返球を選択しましょう。

大切なのは、取る素振りを見せたら絶対にペアに任せないこと。

試合前に、しっかり打ち合わせで確認が必要ですね。

 

スマッシュには細かいフットワーク、下がる脚力、コースを狙うテクニックが求められます。

一般のテニスプレイヤーの方は苦手意識が強い方も多いですが、打つ機会が少ないとずっと成長しないままです。

この機会に、しっかり下がって打つ、任せないという意識を持って練習、試合に臨んでみて下さい。

きっと大事な場面で、打ち切る力が身について、試合でも勝てるようになります!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

    スマッシュのコースをギリギリまで隠す。テニスの試合でこれをやら…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

    スマッシュは深いロブに対応するケースが多く、浅いボールはあまり練習する…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  2. その他

    【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう
  4. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方
  5. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
PAGE TOP