テニス メンタル

スマッシュ

テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!
打ち込んでポイントゲット、と思いきや意外と深くてどうしよう。。

そんなシチュエーション、試合でも経験あると思います。

予測がずれても、技術があれば補える!

ということで、今回はこちらのテーマで・・・。

 

テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

 


 

1.慌てず「ハイボレー」に切り替えるのが基本

横向きで下がりながら厳しいと感じたら、ハイボレーに切り替えるのが基本です。

ここで必要なのは、薄いグリップと脱力感。

ボールを見上げるとついチャンス、力が入りがちですが、ロブが上手い相手も試合ではたくさんいます。

リラックスして、柔軟に構えましょう。

 

2.ハイボレーもきついときは、「打点を肩まで落として山なり」のボールを返球

横向きを作るのすら厳しい、ときには、ラケット面を上に向けてボールを山なりに打ち上げましょう。

イメージとしては、ロブと同じ軌道で返球するイメージ。

良いロブで崩されかけている訳ですから、まずはイーブンに戻すようにしっかり深く返球できるとベストです。

 

3.薄いグリップなら打点が後ろでも「スピンスマッシュ」が可能に!

男性プレイヤーであれば、打点を後ろに設定したスピンスマッシュもありです。

サーブよりも広いエリアを狙えますし、ハードコートではキックしたボールを返球できて有効です。

これも②同様に、上にしっかり打ち上げるイメージでベースライン深くを狙いましょう。

 

4.スライスロブなら「一旦ワンバウンド」もOK、ただし自分自身で処理すること

もし相手のロブがスライスロブであれば、落ち着いて一旦下にワンバウンドさせても大丈夫です。

相手の様子も伺いながら、次の返球を選択しましょう。

大切なのは、取る素振りを見せたら絶対にペアに任せないこと。

試合前に、しっかり打ち合わせで確認が必要ですね。

 

スマッシュには細かいフットワーク、下がる脚力、コースを狙うテクニックが求められます。

一般のテニスプレイヤーの方は苦手意識が強い方も多いですが、打つ機会が少ないとずっと成長しないままです。

この機会に、しっかり下がって打つ、任せないという意識を持って練習、試合に臨んでみて下さい。

きっと大事な場面で、打ち切る力が身について、試合でも勝てるようになります!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜いていこう!

    試合の中で、ダブルスでもシングルスでも「センターロブ」を打たれるケース…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに

    ただ力任せにスマッシュを打っても、なかなか決まらない。決まらな…

  3. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

    角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。でもそれって、…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

    ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返さ…

特集記事

  1. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  2. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  4. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん…
  5. テニス 環境

    その他

    「試合に出れないなら、せめて応援で仲間を助けたい!」と思う人に知って欲しい、テニ…
PAGE TOP