スマッシュ

「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

テニスもラケットスポーツの一種。

その中では、スマッシュでポイントが終わる回数が少ないのが特徴のように思います。

トッププロの試合でも、1ゲームに1回あるかないか・・・ダブルスだと少し、多いかも知れません。

しかしながらこのスマッシュの1ポイントは、ただの1ポイントにあらず。

試合の流れを大きく左右する大切な技術を、アナタはしっかり自分の武器にできていますか?

 

「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

 


 

1.練習メニューを考える

スマッシュ練習は、単調になりがちです。

球出しから、スマッシュ対ロブラリー・・・で、ミスもそんなに気にしない。

スマッシュミスに、神経質になりましょう。

そしてロブ側もミスを誘うような意識で、常にcm単位で精度の高いロブを上げられるようにしたい。

その為には、「ミスしたらコート1周ダッシュ」「スマッシュでポイントを取ったら2点」など、数字で練習にプラスアルファを加えることをお勧めします。

ちょっとしたことですが、練習から緊張感を持って継続することが、大事な試合で活きてきます。

 

2.徹底したコース重視に発想を切り替える

スマッシュは、コース。

コースが本当に大事です。

速いスマッシュでも、相手が要る場所にいたり先読みされて動かれたら、必ず反撃されます。

2種類、できれば3種類のコースを、ロブが落ちてくるときにも打ち分けられるような技術を養いましょう。

球出し練習でも、後ろに人が立って「右!」「左!」とコースを指示してみたり、ロブ側があえて左右のどちらかに速く動いて牽制する、という練習も効果的です。

この「どこにでも打てるよアピール」は、しっかりスマッシュでもできるようにしましょう!

 

3.上のボールを全て自分で打切る意識に

どんなに深くても打ち切る!

スマッシュに大切なのは責任感です。

特にダブルスを主戦場とする選手は、この縦の動きを徹底的に鍛えて強くなりましょう。

クロスステップ、軸足で後ろにジャンプ、下半身の動きはトレーニングも必要です。

ですがまずは意識が大事。

今日から甘いロブを後衛に任せるのは、もうやめにしましょう。

 

4.スマッシュからの構え直しでのポイントイメージを

スマッシュが得意、武器になるということは、スマッシュを経由したポイント獲得率が上がるということ。

そう考えると、スマッシュを打った後の「構え直し」が一つの大きな鍵になります。

相手からすると、「良いスマッシュをせっかく頑張って返したのに、しっかり詰めてボレーで決められた」というのは、絶望でしかありません。

この絶望感を相手に与えることが、試合で確実に勝つポイントになります。

 

スマッシュがテニスの実力を一番表すショットである、というのは何度か書いてきました。

考えれば、このスマッシュ技術を磨いて武器にできればテニスの実力は必ず上がります。

実際に、ポイントを締めることに自信ができて、試合でも勝てるようになります。

まだまだ、みなさんスマッシュを軽視しています。

しっかり練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう

    スマッシュは、結果的にポイントを獲れるかどうか。速さや威力、も…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

    スマッシュはコースで勝負。特に余裕がある、しっかりフットワーク…

  4. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  5. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう

    スマッシュが得意かどうか、しっかり観察すれば分かる。序盤から、…

  6. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

    テニスにおける最大のチャンス・・・。色々ありますが、高いバウン…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い
  2. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる
  3. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイ…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!
  5. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ
PAGE TOP