スマッシュ

「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

テニスもラケットスポーツの一種。

その中では、スマッシュでポイントが終わる回数が少ないのが特徴のように思います。

トッププロの試合でも、1ゲームに1回あるかないか・・・ダブルスだと少し、多いかも知れません。

しかしながらこのスマッシュの1ポイントは、ただの1ポイントにあらず。

試合の流れを大きく左右する大切な技術を、アナタはしっかり自分の武器にできていますか?

 

「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

 


 

1.練習メニューを考える

スマッシュ練習は、単調になりがちです。

球出しから、スマッシュ対ロブラリー・・・で、ミスもそんなに気にしない。

スマッシュミスに、神経質になりましょう。

そしてロブ側もミスを誘うような意識で、常にcm単位で精度の高いロブを上げられるようにしたい。

その為には、「ミスしたらコート1周ダッシュ」「スマッシュでポイントを取ったら2点」など、数字で練習にプラスアルファを加えることをお勧めします。

ちょっとしたことですが、練習から緊張感を持って継続することが、大事な試合で活きてきます。

 

2.徹底したコース重視に発想を切り替える

スマッシュは、コース。

コースが本当に大事です。

速いスマッシュでも、相手が要る場所にいたり先読みされて動かれたら、必ず反撃されます。

2種類、できれば3種類のコースを、ロブが落ちてくるときにも打ち分けられるような技術を養いましょう。

球出し練習でも、後ろに人が立って「右!」「左!」とコースを指示してみたり、ロブ側があえて左右のどちらかに速く動いて牽制する、という練習も効果的です。

この「どこにでも打てるよアピール」は、しっかりスマッシュでもできるようにしましょう!

 

3.上のボールを全て自分で打切る意識に

どんなに深くても打ち切る!

スマッシュに大切なのは責任感です。

特にダブルスを主戦場とする選手は、この縦の動きを徹底的に鍛えて強くなりましょう。

クロスステップ、軸足で後ろにジャンプ、下半身の動きはトレーニングも必要です。

ですがまずは意識が大事。

今日から甘いロブを後衛に任せるのは、もうやめにしましょう。

 

4.スマッシュからの構え直しでのポイントイメージを

スマッシュが得意、武器になるということは、スマッシュを経由したポイント獲得率が上がるということ。

そう考えると、スマッシュを打った後の「構え直し」が一つの大きな鍵になります。

相手からすると、「良いスマッシュをせっかく頑張って返したのに、しっかり詰めてボレーで決められた」というのは、絶望でしかありません。

この絶望感を相手に与えることが、試合で確実に勝つポイントになります。

 

スマッシュがテニスの実力を一番表すショットである、というのは何度か書いてきました。

考えれば、このスマッシュ技術を磨いて武器にできればテニスの実力は必ず上がります。

実際に、ポイントを締めることに自信ができて、試合でも勝てるようになります。

まだまだ、みなさんスマッシュを軽視しています。

しっかり練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を意識しよう!

    スマッシュのときの動作、ほとんどの人が「大き過ぎ」る気がします。…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法が…

  3. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう

    スマッシュを打つときに緊張したり、狙い過ぎてしてしまう方。これ…

  5. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    相手2人が下がっている時に、スマッシュはどこを狙う?

    ダブルスの試合で、相手2人が下がっている状態。こういう陣形の…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
  3. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿
  4. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  5. 戦術

    足し算から、引き算へ
PAGE TOP