テニス ボレー

ストローク

「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

「ストロークの回転量を増やしたい!」

そう思ってる人多いよね。

ここで言う回転量とはトップスピンのこと。

回転量が増えれば、飛び過ぎが少なくなるからアウトが怖くないし、ボレーに出てきた相手に対して足元なんかも打ちやすい。

 

「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

 


 

ショートクロスを狙うにも、やっぱり回転量を調整出来ないと話にならない。

でも「俺、トップスピン掛けるの苦手・・・」という人はいるけど、そういう人は無回転って訳ではない。

ナチュラルトップスピンで少なからずスピンは掛かっている。

もしくは逆にスライスが混ざってしまっている。

 

まずは自分がどっちなのか観察してみよう

スライスが混ざってしまっている人は、根本的に違うのでまた別の機会に・・・・。

今回は回転量が少ない人を対象にアドバイスします。

まず今よりも回転量を増やすってことは、もっとボールが高速回転すると言う事になる。

 

ということは、単純にスウィングスピードを上げないといけない

でもスウィングスピードを上げると何が起きるかと言うと、「飛び過ぎ」が起きるのである。

そこでスウィングスピードが上がって、ボールが飛びやすくなった分、ラケットとボールの接し方を変えていかないといけないね。

もちろんスウィングはボールを捕らえながら上に振り抜かれるので、ラケット面まで上を向いていると飛び過ぎになる。

スウィングスピードが上がった分、更に飛んでしまうので、しっかりとラケット面を下向きに被せ、抑えた面でボールを捕らえる必要がある。

 



 

スウィングスピードをアップさせる事と、その分ラケット面を抑えてボールを捕らえる事

この二つがトップスピン量を増やす要因となるのだ。

ラケット面をより抑えるためには、グリップを変えることがおススメだけど、ある程度普通のグリップ持っていれば、そのまま手首の形を変えるだけでもラケット面を変えられる。

でも、スウィングスピードがどんどん速くなってきた人は、しっかりウェスタン、フルウェスタンで握れるようにした方が良い。

もちろん、スウィングの形やテイクバックのリズムなんかも重要になってくるけど、まずはしっかり振り抜く練習を意識してスウィングスピードを上げてみよう。

トップスピンの回転量の調整は絶対必要!!

しっかり手に入れたい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフォームとは?

    テニスのレッスン中に、生徒のフォームを動画で撮影することがある。…

  2. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

    ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない

    自分が良いボールを打ったとき、何を考えるのか。例えばそれがすご…

  5. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する

    ダウンザライン方向への、ストロークの展開力。この精度が、試合で…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもあ…
  2. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!
  3. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?
  5. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう
PAGE TOP