テニス ストローク

ストローク

大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖

試合の大事な場面、スピンストロークで攻撃していこうと思っても・・・「ガシャ!」っという音が。

守ろうと思って下がっても、同じくガシャってしまう人。

スピン系のストローク、実は大事な場面で打点がぶれてしまうことが多い、のもテニスの試合。

今回は、そんなスピン系でガシャってしまうことが多い人の癖に着目。

少し意識するだけで、きっと試合でのミスも減らすことが出来るはず。

何も変えない人は、永遠にガシャり続けるだけですよ。

 

大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖

 


 

1.動きながら打っている

テニスのストローク、基本はしっかり下半身を止めて打つこと。

動きながら打つショットもありますが、それはあくまで例外。

試合の中での基本のストロークは、前か後ろにしっかり軸足を作って身体を回す、ラケットを振っていくのが基本。

厚いグリップでスピン系のストロークを打とうとしても、走りながら打っていては打点がブレてガシャるのは当たり前。

まずしっかり、下半身を決めて打つ、この基本を確認していきましょう。

動きながら打つ癖は、ミスの大きな要因になります。

 

2.グリップチェンジが遅い

フォアハンド、バックハンド、アナタは自分のグリップを即座に準備、出来てますか?

数ミリグリップがずれるだけで、テニスのストロークは回転も変わるしラケットに良い当たりが出来ない。

ボールが飛んでくるのを待ってグリップを準備している人は、遅過ぎです。

相手が打って、フォアかバックは判断した時点で、素早くグリップを決めてテイクバック、を完了させないと。

悠長に待っている、構えが遅い人はグリップ準備も遅い。

この部分、実は見落とされがちだと思うんですよね。

 

3.ラケットダウンが遅い

スピン系のストロークは、基本的に打点に対して下からラケットが出ていく。

ということは、つまりラケットは一旦低い位置を通過して、打点に向かうということ。

テイクバックしてその後に、必ず「ラケットダウン」するタイミングがあるはずなんです。

そこから上に振り上げてスピン回転をかけていく、のが基本ですからね。

このラケットダウンが遅い人は、スピン系で当たりがおかしくなっていく。

しっかり打点を前に取る為には、素早くテイクバック、ラケットダウン、を行ってボールを迎えにいかないと。

テイクバック!ダウン!と自分の頭の中でリズムを取ると良いと思いますよ。

高い位置にテイクバックして、ラケットを重力に任せて落として、そこから振り上げていく。

素振りでしっかり、確認してみましょう。

 

4.身体が開くのが速い

これが、実は一番多い要因ですかね。

身体が前を向いてしまう、つい自分の打つボールを速く確認したい、前を向いて構えたい・・・と思っていると、こうなります。

しっかり打つ瞬間は、打点に顔を残す。

そして、フォアハンドであれば利き腕で無い側の方を前の位置でキープ出来るように。

横向き、がストロークの基本ですからね。

これを維持するには、肩の位置をしっかり打つ瞬間まで意識して、開かないように我慢する。

試合で緊張した場面で、これが出来るかどうかですね。

良いスピン回転は、開いた状態では打てない。

その危機感が、大事です。

 

5.グリップを握るタイミングがおかしい

意外と、皆さん「速く握り過ぎ」かも。

グリップは、ギリギリまでリラックスして緩い状態で待っておく。

当たる瞬間にギュッと握る、とスピン系のストロークも上手くいくのに、速く握り過ぎるとガシャリの元。

力が入ってしまうと・・・つい、速く握りたくなるんですけどね、グリップを。

力を入れるタイミングが、0.1秒違うだけで、ストロークは大きく変わる。

グリップを握るタイミング、ストロークから見直してみませんか?

 

スピン系のストロークは、恐らく試合で一番使うショット。

そのショットが当たらない、ガシャリ出すと、全てのショットに自信を持てなくなってきますよね。

ガシャったら、即修正。

この癖は、練習からしっかり身に付けていかないと悪い癖が抜けない。

自分の中で付いている癖は、相当意識しないと変わらない。

でも、変えていければアナタのミスはまだまだ減らせるはず、です。

■基礎トレーニングを学ぶなら、コチラから↓

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

    力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的ストロークの第一歩は、意外と簡単

    ストロークで攻撃していきたいのに、構えが小さい人。これは、皆さ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

    ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。この中…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・・・」人に贈る対策と…

    相手のバックハンド側を狙って試合を展開しているのに、なぜか回り込まれて…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

    現代テニスの申し子、のような選手。しっかり粘りながらも、浅いボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    トップスピンロブを先読みする!「相手のラケットヘッドダウンのタイミング」をチェッ…
  4. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように
  5. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!
PAGE TOP