テニス ストローク

ストローク

「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になります

フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさんいます。

スピン系と違ってあまり後ろに下がらず、ライジングでどんどん攻撃的に攻めてくる選手も多いですが、やはり気になるのはその確率の部分。

どうしても回転量が少ない分ボールが直線的になり、ネットやアウトのミスも増えてきてしまうのが難点ですよね。

今回は、打点の高さを意識することで、普段はスピン系主体のストロークのアナタでも、効果的にフラット系のショットを使って攻撃していくことが出来るでしょう!

 

「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になります

 


 

■トップスピンだけがテニスのストロークじゃない

ストロークの基本は、トップスピンで高い軌道。

これは現代のテニスの主流であり、基本的に身に付けておくべき大切な技術です。

しかし、相手に応じてフラット系のショットも打ち込んでいけることで、リズムを変えて相手の「慣れ」を防ぐこともできます。

特に腰から肩の高さの打点では、フラット系ショットで打ち込んでいく技術も、試合を勝ちぬいていくには必要です。

 

■フラットショットを操るには、メンタルの安定が不可欠

フラットショットはある程度リスクを伴いますし、少しのラケット面のずれで結果が大きく変わってくるショット。

スピンやスライスが「線」でボールを捕えると考えれば、フラット系は「点」で捕えるイメージ。

その為には、ここぞという場面で集中力を高めて打ち抜いていく思い切りの良さ、メンタルの強さが求められるのです。

特にライジングショットで攻撃する際には、速い判断と適格なフットワーク、打点が求められます。

しっかり練習していきましょう!

 

■攻撃できる打点の高さの範囲は、自分で把握しておこう!

打点の高さは、自分で判断して攻撃できる範囲を決めておきましょう。

相手のボールがある程度予測できて先回りできたときは、ライジングで攻撃できると相手から時間も奪えて効果的です。

その奪った時間の中で、さらに相手の余裕を与えないのがフラット系のショット。

しっかりアナタの武器にできるように、グリップをスピンから素早く持ち替えて攻撃できるテニスを身に付ければ、ステップアップ間違い無し、です!

 

何事も、先入観は無くしましょう。

フラット系なんて若い人が打つショットだから、自分は関係無い・・・と思っていると、テニスの幅を狭めてしまいます。

もしかしたら試合で使わないかも知れない、それでもそんな細かいショットのバリエーションが多いと、いざというときにアナタを助けてくれます。

相手が自分のテニスに合っている、相性が悪い相手には、手数を多く持っておくのが一番。

新しい技術、どんどん磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない

    ダブルスの試合で、打てないと厳しいもの。それは、私はこれだと思…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

    女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠すかが大切!

    試合中、相手を右に左に、前に後ろに動かしてチャンスを作ろうとする。…

  4. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

    テニスが上手くなる、試合に強くなる。うえで、このステップは絶対…

  5. テニス コントロール
  6. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

    相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。低く、安定…

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番
  2. 水分補給

    テニス選手に必要な、ウォーターローディングとは?
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てる…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
PAGE TOP