テニス ストローク

ストローク

「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になります

フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさんいます。

スピン系と違ってあまり後ろに下がらず、ライジングでどんどん攻撃的に攻めてくる選手も多いですが、やはり気になるのはその確率の部分。

どうしても回転量が少ない分ボールが直線的になり、ネットやアウトのミスも増えてきてしまうのが難点ですよね。

今回は、打点の高さを意識することで、普段はスピン系主体のストロークのアナタでも、効果的にフラット系のショットを使って攻撃していくことが出来るでしょう!

 

「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になります

 


 

■トップスピンだけがテニスのストロークじゃない

ストロークの基本は、トップスピンで高い軌道。

これは現代のテニスの主流であり、基本的に身に付けておくべき大切な技術です。

しかし、相手に応じてフラット系のショットも打ち込んでいけることで、リズムを変えて相手の「慣れ」を防ぐこともできます。

特に腰から肩の高さの打点では、フラット系ショットで打ち込んでいく技術も、試合を勝ちぬいていくには必要です。

 

■フラットショットを操るには、メンタルの安定が不可欠

フラットショットはある程度リスクを伴いますし、少しのラケット面のずれで結果が大きく変わってくるショット。

スピンやスライスが「線」でボールを捕えると考えれば、フラット系は「点」で捕えるイメージ。

その為には、ここぞという場面で集中力を高めて打ち抜いていく思い切りの良さ、メンタルの強さが求められるのです。

特にライジングショットで攻撃する際には、速い判断と適格なフットワーク、打点が求められます。

しっかり練習していきましょう!

 

■攻撃できる打点の高さの範囲は、自分で把握しておこう!

打点の高さは、自分で判断して攻撃できる範囲を決めておきましょう。

相手のボールがある程度予測できて先回りできたときは、ライジングで攻撃できると相手から時間も奪えて効果的です。

その奪った時間の中で、さらに相手の余裕を与えないのがフラット系のショット。

しっかりアナタの武器にできるように、グリップをスピンから素早く持ち替えて攻撃できるテニスを身に付ければ、ステップアップ間違い無し、です!

 

何事も、先入観は無くしましょう。

フラット系なんて若い人が打つショットだから、自分は関係無い・・・と思っていると、テニスの幅を狭めてしまいます。

もしかしたら試合で使わないかも知れない、それでもそんな細かいショットのバリエーションが多いと、いざというときにアナタを助けてくれます。

相手が自分のテニスに合っている、相性が悪い相手には、手数を多く持っておくのが一番。

新しい技術、どんどん磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返球」だけ意識したい

    シングルスの試合もダブルスの試合も、一番打つ機会が多いのがクロス方向へ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  3. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

    どんなに戦術、ポジショニング、予測を鍛えても、これを怠ってはいけない。…

  4. テニス フットワーク
  5. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する

    ボールを打つのはラケットである。ラケットを持っているのは手だよ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で本当に効果的な、「凄いショットは凄いバウンド」という事実について

    ショットの質を上げようと、皆毎日しっかり練習していると思う。そ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみま…
  3. テニス 練習

    ストローク

    ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコ…
PAGE TOP