テニス ストローク

ストローク

「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。

片手バックハンドか、両手バックハンドかによっても特徴は違いますし、一概にストロークのコツと言ってもたくさんあるでしょう。

今回は、ダブルスでもシングルスでも使える、クロスラリーでのポイントを挙げてみました。

特に「バックハンドは苦手…」と感じている方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

 


 

1.まずはしっかり打点を前に!

何はともあれ、まずはこのポイントです。

打点が前であれば、バックハンドでもボールはストレートには飛びません。

クロスに飛ばせる打点を探すには、自分で練習してその点を探るしかないのですが、コツとしてはネットに近い側の足の30cm前。

リラックスして、ラケットヘッドを前に出していくこと。

センターベルト1.5m上を狙いましょう。

 

2.制する=深いボールで押し切ることだけでは無い

クロスラリーはつい、力が入りがち。

ラリーを制する=深いボールで押し切る、というイメージが、特にジュニアからしっかりテニスをやっている方に多い気がします。

あくまで、目的はポイントを取ること。

時には浅いボールを交えて、ストロークにも緩急をつけましょう。

ベースラインを居場所にしているストロークプレイヤーには、どんどん前に出てきてもらいましょう。

 

3.ドライブボレー、ドロップショットはアナタを助ける技術になります

ストローク戦は、近年稀に見る進化を遂げています。

軽くて振れる飛ぶラケット。

柔らかくとも、反発力のあるガット。

この機能を活かさない手はありません。

バックハンドのクロスラリーから相手が少し態勢を崩せば、サービスライン一歩手前まで動いてドライブボレーを打ちましょう。

浅いボールがくれば、打ち込む構えからドロップショットも有効です。

クロスラリーの中で、相手に対して変化をつける攻撃は必ず必要です。

 

4.それでも最期は気持ち!絶対に打ち勝つ精神を養う

技術的なことは、理解頂けたとして最期は気持ちです。

気持ち、メンタルとは何か。

試合前から、「バックハンドのクロスの打ち合いでは、絶対負けない!」と決めることです。

相手の前衛に、ポーチに出られても良いんです。

魂のこもったボールは、そう簡単にはポーチで打ち込まれません。

逆説的ですが、そのボールを打ち込まれるような相手は、レベルが数段上。

戦い方の根本を変えなければいけません。

自分の心で復唱すること。

クロスラリーは、絶対負けない、と。

 

クロスラリーは、テニスの試合においての基本となる部分です。

クロスラリーが多いのは、ネットの真ん中が低い高さに設定されているテニスの特質でもあります。

このクロスラリーで押していければ、しっかりローリスクで勝ち切ることも可能です。

格下相手にしっかり勝つ、格上相手には工夫してしっかり対抗できるよう、準備しましょう。

テニスにおいては技術も大切、気持ちも大切、なのがクロスラリーです。

しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス テイクバック
  2. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開していくことが大切です

    シングルスでも、ダブルスの雁行陣でも「前」は大きな穴になりかねません。…

  3. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?

    今回は、スライスのアプローチショットについて。本当にちょっと…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょう

    練習のときには気持ちよくポイントが獲れても、本番の試合ではガチガチにな…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、打ったらラケットを身体に引き寄せる

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう
  3. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決ま…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識する…
PAGE TOP