テニス ストローク

ストローク

攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。

良いとき、もあるんだと思いますが、試合で攻撃力の波がある選手は多い。

それって、そもそも何が問題なんでしょうか?

 

攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

 


 

1.テニスの試合は、毎回環境や状況が変わってくる

試合に出ていると分かりますが、テニスは二度と同じような環境、では試合をしない。

相手も違うし場所、環境、ガットのテンションやシューズの減り具合だって違う。

小さい差、ですが、実はちょっとしたズレが数メートルの差になる、のがテニスのショットですよね。

だからこそ、「多少ずれても、軌道が安定する」ようなショットに、自分のショットを変えていかないと。

足りないのは、回転量だと私は思います。

 

2.回転量があるショットは、なぜ安定感があるのか?

言葉ではイメージし辛いかも知れませんが・・・まず、しっかりラケットを縦に触れること。

点ではなく線、で合わせるから、多少ずれても大丈夫。

フラット系のショットは点で合わせるので、合わない時は数メートルの誤差でアウトやネットになる。

回転量があるショット、スピンやスライス、をなぜプロ選手が多用するのかと言えばこの安定感、が確保出来るから。

もちろん、その中でも攻撃力も凄いですけどね。

まずは、アナタ自身「安定感のある回転量」について、しっかり認識を持つようにしましょう。

 

3.攻撃力の波を無くせば、試合は作れる

試合は勝つ、前に作らないといけない。

しっかり試合を作ってこそ、試合に勝つことが出来る。

回転量が少ない、不安定なショットでは試合は作れないし自分自身、安定感が無いので不安ですよね。

攻撃力、とはすなわち安定感です。

一発が良いだけの選手、なんて攻撃力がある・・・ようで、実は無い。

縦にしっかりラケットを振って、アナタ自身回転量が多いショットを磨いていきましょう。

 

攻撃力に波がある、そんな自分にまず気付くこと。

そのためには、何が必要でしょうか?

自分では「このショットなら、安定して入るな・・・」というショットで、相手を追い込めるかどうか。

回転量が多ければ、きっとバウンド後もボールは失速しない。

練習から、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!

    テニスの試合、長ければ何時間も。そんな試合が1日に何試合も繰り…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう!

    初心者の方と、試合慣れしている方。一番の違いは、打った後の意識…

  4. テニス 練習

    ストローク

    ラリー練習をしていて、「相手が打ったノーバウンドで飛んできて、アウトしそう・・・」なときに、アナタは…

    テニスのラリー練習をしているときに、相手の打ったボールが明らかに長くア…

  5. ストローク

    パッシングショット、ボールに集中するコツとは?

    相手が前に出て来て、その横をスパ―ン!と抜いていくショット。シ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識したい4つのポイント

    ベースライン同士の打ち合いだと伸び伸び打てているのに、相手が動くと崩れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている
  2. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  4. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要…
  5. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
PAGE TOP