テニス ストローク

ストローク

攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。

良いとき、もあるんだと思いますが、試合で攻撃力の波がある選手は多い。

それって、そもそも何が問題なんでしょうか?

 

攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

 


 

1.テニスの試合は、毎回環境や状況が変わってくる

試合に出ていると分かりますが、テニスは二度と同じような環境、では試合をしない。

相手も違うし場所、環境、ガットのテンションやシューズの減り具合だって違う。

小さい差、ですが、実はちょっとしたズレが数メートルの差になる、のがテニスのショットですよね。

だからこそ、「多少ずれても、軌道が安定する」ようなショットに、自分のショットを変えていかないと。

足りないのは、回転量だと私は思います。

 

2.回転量があるショットは、なぜ安定感があるのか?

言葉ではイメージし辛いかも知れませんが・・・まず、しっかりラケットを縦に触れること。

点ではなく線、で合わせるから、多少ずれても大丈夫。

フラット系のショットは点で合わせるので、合わない時は数メートルの誤差でアウトやネットになる。

回転量があるショット、スピンやスライス、をなぜプロ選手が多用するのかと言えばこの安定感、が確保出来るから。

もちろん、その中でも攻撃力も凄いですけどね。

まずは、アナタ自身「安定感のある回転量」について、しっかり認識を持つようにしましょう。

 

3.攻撃力の波を無くせば、試合は作れる

試合は勝つ、前に作らないといけない。

しっかり試合を作ってこそ、試合に勝つことが出来る。

回転量が少ない、不安定なショットでは試合は作れないし自分自身、安定感が無いので不安ですよね。

攻撃力、とはすなわち安定感です。

一発が良いだけの選手、なんて攻撃力がある・・・ようで、実は無い。

縦にしっかりラケットを振って、アナタ自身回転量が多いショットを磨いていきましょう。

 

攻撃力に波がある、そんな自分にまず気付くこと。

そのためには、何が必要でしょうか?

自分では「このショットなら、安定して入るな・・・」というショットで、相手を追い込めるかどうか。

回転量が多ければ、きっとバウンド後もボールは失速しない。

練習から、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?

    花粉症シーズン真っ盛りである。もう10年以上も花粉症が続いてい…

  2. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です

    深いストロークの返球、試合では難しいですよね。ボールの威力が凄…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ

    試合で使うストロークと言えば、まずはクロスのコース。クロスにし…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

    重たいスライス。テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょ…

  5. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

    高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?…

  6. テニス ロブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?
PAGE TOP