テニス シングルス

ストローク

初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

この春からテニスを始めた皆さんも、少しずつ練習にも慣れてきたはず。

球出し練習である程度フォームも固まってきた・・・頃じゃないでしょうか。

テニスでは、良いフォームを覚えても、それでしっかり「打てる場所」へは自分の足を使って移動していかないといけない。

これが本当に難しいのが、テニス。

特に初心者の方にとっては予測できる経験が少ないので、迷っているうちにボールがどんどん飛んできて焦ってしまう。

まずはしっかり打てる場所に移動する、その為の準備と考え方について、順序立てて確認していきましょう。

 

初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

 


 

■まずは「フォアかバックか」をすぐに判断する

相手が打ったボールに対して、最初の判断は「フォア側かバック側か」を決めること。

正面ならフォア側で打つ癖を付けましょう。

まずしっかり横を向いて、ラケットを引いた状態で動き始める。

このスタートは、ボールがネットを超える前に判断して始めるのが大原則です。

 

■深さの判断は、ボールのバウンド地点を見極めるところから

相手が打ったボールが、自分のコートのどこに落ちるのかを予測する。

この癖を付けることが出来ると、ストロークがすごく楽になります。

高い軌道であれば深く、低い弾道であれば浅くなる可能性が高い。

本来であればスライス回転なのか、スピン回転なのかの判断も必要ですが、それは次のステップ。

まずはバウンド地点を見極める、自分で予測して実際どうだったのかを確認しながら、予測の精度を上げていきましょう。

 

■移動できたら、「しっかり足を止めて振る」のを徹底する

早く動いて待ち構える、そして足を踏み込んで打てればストロークは安定します。

初心者の方で多いのが、最後まで足を止めないでフラフラ動きながら打っている方。

これでは打点がぶれてしまって、せっかく身に付けた良いフォームで打つことが出来ません。

早く移動、そしてラケットはゆったり振る。

自分の足がどうなっているのかを、しっかりチェックです!

 

自分がどういうフォームで打っているのか、コート上をどう動いているのかは、なかなか自覚できません。

特にテニスを始めて間もない、初心者の方はそうでしょう。

だからこそ、ぜひサークルや部活で動画を撮影して確認したい。

本人のスマートフォンで撮ってあげると、とても参考になるはずです。

知るからこそ、改善できるし危機感を持てる。

何となくの練習、だけだといつまで経っても初心者を脱することが出来ませんよ。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. + POWER CUP について
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

  2. ストローク

    ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント

    何度か記事で書いてきた、「ドロップショットの必要性」について。…

  3. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありますか?

    「相手が変化を付けたり、展開してくるタイミングが、読めない・・・」と、…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

    「ストロークの回転量を増やしたい!」そう思ってる人多いよね。…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. 戦術

    テニスの基本戦術5つ
  2. テニス メンタル

    その他

    やるべき準備をしていれば、試合で遊ぶことが出来る
  3. テニス ロブ

    戦術

    「大したことない」が、武器になる
  4. テニス知識

    KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. リターン

    速いけどリターンしやすいサーブ、遅いけどしにくいサーブ
PAGE TOP