テニス知識

真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

まだまだ、夏本番。

テニスを頑張るみなさんも、スポーツ観戦の機会は多いと思います。

屋外での観戦、移動に、もはや男性でも欠かせないのは日傘、でしょう。

私も数年前から日傘、使ってますがこれは大正解。

全然、疲労度が違いますよ。

 

真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

 

1.もはや説明不要、日本の夏は変わりました!

外でテニスをする。

それが、こんなに恐ろしい時代になるとは・・・という感じですね。

確かに、昔から夏は暑かったですし、熱中症の前には日射病、と呼ばれる夏場の脅威はたくさんありました。

でも、それも昔の話。

最近の夏は、ただ歩いているだけで命の危険がある。

それくらい言っても大げさじゃないと思います。

試合会場まで歩くだけで、もう1~2試合やったかのような疲労感、凄いですよね。

そんな暑さによる脅威、疲労を少しでも軽減する為に、必要な準備は出来る限り周到にしておくこと。

これが試合に勝つ人、の当たり前の作法です。

 

2.荷物にならない、シンプルなものがオススメ

私たちテニスプレイヤーは、どうしても荷物が多い。

だから、出来るだけ荷物は減らしたい、小型で晴雨兼用の日傘、が便利ですよね。

私のオススメは、「Yelite 超軽量 折りたたみ日傘」。

何と言っても、超軽量で超小型。

出典:amazon

小さいから常にバッグに入れておけますし、ビジネスバッグにも入るコンパクトさ。

小雨くらいなら、そのまま全く問題無く使えます。

 

3.体感温度 -7度、UPF50+

さしてみると、違いが分かります。

しっかりと光を遮断してくれるので、晴れた日でも全然違うんですよね。

多層防御、でUVカットされている状態ですので、体感温度は全然違います。

出典:amazon

 

遮光の性能が違うので、テニスのプレー、パフォーマンスの向上にもつながるはず。

チェンジコートでさして使うだけでも、疲労軽減になりますよ。

それに、傘の下で自分だけの空間、時間も作れますからね。

しかも、小型でありながら柔軟性もあり、強風にも強い。

航空アルミ合金傘骨の採用、万が一裏返しても折れません。

出典:amazon

 

これで重さ235g、通常の傘の約半分の重さ、ですからね。

長時間持っていても疲れない、本当にスポーツ競技者向き、とも言えるでしょう。

ラケットと一緒にアナタの相棒として、いかがですか?

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ルール

    テニス知識

    「カウントコール」を忘れてしまうのは、カウント毎のプレーを変えていないから

    テニスの試合の中で、恥ずかしいこと。意外と気付いていない人が多…

  2. テニス ラケット
  3. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?

    皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。そ…

  4. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

    もしアナタが、将来プロテニス選手やテニスコーチ、審判員として活躍したい…

  5. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

    手汗がすごくて、グリップが滑ってしまう。これは、特に男性にとっ…

  6. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

    テニス選手にとって、試合で使えるフットワークは不可欠。でも、足…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    コート上でいきなり「考えろ!」なんて、無理
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い
  4. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めて…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよ…
PAGE TOP