ストローク

片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない

目次

片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。

これについて、私は最近また新しい発見をしました。

パワー、というよりもスウィングスピードを上げていく、切れ味をアップさせる裏技。

もしかしたら、もうみなさん実践していることかも知れないですけど。

改めて、言葉にしてみたのでぜひ、参考にしてみて下さい。

 

片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない

 


 

1.スロートに沿えた手、がポイント

私は右利きですので、左手はラケットの三角形の部分、スロートに沿える。

このままテイクバックして、片手バックハンドは前に振り出す時にこの左手を離しますよね。

この離す瞬間、がポイントなんです。

ただ離す、のではなく、弾き出すようにして出す。

こうすることで、実はスウィングの初速がすごくアップする。

私自身、これを意識するだけで、かなり切れ味がアップしたように思います。

もう少し、詳しく解説していきますね。

 

2.親指と人差し指で、ラケットを弾き出す

強くつまむ、ような感覚です。

親指と人射し指で、離す前に強くラケットのスロート部分をつまむ。

そこから、弾き出す力を使ってラケットを前に出していく。

こうすることで、ボールに当たる前のラケット速度、をかなりアップ出来るんです。

もちろん、力んではダメ。

リラックスした状態で、ポン!と押し出してあげる。

どうでしょう、ちょっとその場で練習してみませんか?

 

3.意外と、ラケット面はぶれない

弾くとラケットがグラグラ、ぶれてしまいそうですよね。

でも、そんなことはありません。

なぜなら、もう弾いた直後に、ラケットは打点に入っていけるから。

添えた左手を離すのは、本当に最後のところ、ですから。

だから、パワーを出しにくいのが難点なんです。

でも、この親指と人差し指でスロートを弾く打ち方は、この初速不足、を補ってくれる。

当たり前のようにやっていることかも知れませんが、意識すれば変わりますよ!

4.言葉にすれば、意識出来る

私自身、まぁこれに近い感じではやってました。

でも、ふと気づいて言葉にすると、全然違うんですよね。

パワーが無いと感じたら、弾くタイミングを少し早くしてみる、とか調整が出来る。

今までやって来たこと、を客観視出来るとテニスではすごく強い。

それに、まだまだ改良の余地があるんじゃないかと思って、研究出来る。

言葉って、大事。

特にテニスのような競技では、アナタ自身を助けること、につながるはずです。

 

「いや、そんなの知ってるよ!」と思った方も、再度意識してみて下さい。

片手バックハンド、スウィングの初速が出しにくい問題は、死活問題ですから。

切れ味がアップすれば、バックハンドでも押していける。

ぜひ、まずは練習から左手、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

    ネットに出てきた相手、または前衛の選手の横を速いストロークで抜いていく…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」

    ライジングでストロークが打てないとどうなるか。深いショットが飛…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について

    ストローク、ボレー、スマッシュ。サーブにリターン・・・。それ以…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる

    皆さんのテニス、根本的な考え方の部分で、どうでしょう。強いボー…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されません

    この人、ストローク安定しているな・・・上手いな・・・と感じる人の共通点…

  6. ストローク

    「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?

    テニスの中で重要なことは、相手が取れないくらい凄いショットより、相手が…

コメント

    • YS
    • 2018年 8月 03日

    同じことを,バックのハイボレーの初速をアップするのに思いついて
    片手バックハンドに導入しようとしましたが,
    まだ,打点が安定しないので上手くいかなかったことを思い出しました.

    もう少し,バックの打点が安定したら導入したいと思います.

      • tomita
      • 2018年 8月 03日

      お返事ありがとう御座います!
      ちょっと癖のあるコツでもあるので、ぜひご自身で色々とお試しになりながら、チャレンジしてみて下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう
  2. ダブルス

    8割のリターンは、「センターストラップの上を通過する」事実に目を向けよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
  5. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
PAGE TOP