テニス ストローク

ストローク

相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向いているかで分かる!

テニスの上級者、試合に強い選手は予測が的確で反応が速い。

その予測には、必ず根拠があります。

「経験によるもの」も確かにありますが、ちょっとしたチェックポイントで初心者の方でも予測は簡単に出来るようになる。

まずはストロークのときに相手が打ってくる球種、スピンかスライスかを簡単に見分ける、予測するところから始めてみましょう。

きっと反応が速くなり、守備範囲も大きく拡がるはずです!

 

相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向いているかで分かる!

 


 

■相手がテイクバックするときには、ラケット面の向きを見る!

テニスのストロークの回転は、大きく分けると2種類しかありません。

スピン回転、つまりアナタの方向に向かって回転して伸びてくるボールと、その逆のスライス回転のみ、です。

この2種類は、相手が構えてラケットを後ろに引く、テイクバックする瞬間にほとんど見極めることが出来る。

ボールを打つ側のラケット面が、外側を向いているのか、内側を向いているのか、だけチェックしましょう。

 

■外側を向いていればスピン回転、内側を向いていればスライス回転、しかない

相手がテイクバックした構えを、しっかり観る。

ラケット面が外側を向いている形であれば、そのラケットは一旦下に降りて下から回転をかける。

内側を向いていれば、上からラケットを入れてスライスになる。

「よく分からない・・・」という方は、仲間にスピンとスライスを交互に打ってもらいましょう。

自分でもやってみると分かりやすい。

テイクバック時のラケット面、動画に撮影してみるとその違いは一目瞭然です。

 

■実戦では「スライス面」になった瞬間に、ドロップをケア!

実際の試合では、ドロップショットをケアする為にも、この「スライス面」になった瞬間はケアしたい。

錦織選手は特にフォアハンド、これをギリギリまで隠してドロップを打つのが本当に上手いですよね。

普通の試合、アナタの対戦相手ではもっと速くにそのラケット面が現れるはず。

ボーっと試合をしているだけだと、どんどんドロップショットを決められてしまうかも・・・。

相手のテイクバックの観察には、全神経を使いましょう。

 

今回紹介したポイントは、テニスにおける本当に基本の部分。

なのに、意外と教えてくれるコーチや先生がいないのは、不思議です。

予測には、必ず根拠が必要。

アナタ自身、他にも色々見つけて研究してみるのが良いかも知れませんね。

見極める回転は、2種類だけ、です!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?…

  2. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピンを練習しよう!

    高い打点で打てるストロークは、テニスの試合では攻撃的にいきたい技術。…

  3. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイス…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  5. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

    浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。こういう時には、積…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘され…

特集記事

  1. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えて…
  2. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ
  3. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる
  4. ストローク

    シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース…
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のボールに対しての「反応速度を上げる」為に、必要な4つのポイント
PAGE TOP