テニス ストローク

ストローク

いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!

テニスの試合、長ければ何時間も。

そんな試合が1日に何試合も繰り返される訳ですから、力んでいては身体全体の消耗度が激しい。

しかも力めば力むほど、ボールに力は伝わり辛くなりますよね。

具体策、で何かを変えていかないと、アナタはずっと損したままですよ。

 

いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!

 


 

■リラックス出来る方法は、たくさんある

具体的に、いくつか方法はあります。

例えば・・・

 

・ラケットのスロート部分を支える

・グリップを握るときに、小指を余らせる

・肘と膝は軽く曲げる

・ラケットを強く握らない、クルクル回せるくらい

・息を吐きながら打つ

 

もっとたくさんあると思いますが、大事なのはボールを打つ瞬間以外は脱力しておくということ。

打つ瞬間も、軽くグリップを握るくらいで他の部位は脱力を継続。

何時間でもテニス出来るには、体力ではなく具体的な工夫が大事です。

 

■ボールを怖がっていると、腕が硬直していく

ボレーで力が入りやすい人は、ボールを怖がっている人が多い。

自分の身体に向かってくると、つい「弾き飛ばしたい」というイメージが強くなって腕が硬直してしまう。

防御の態勢、になってしまっているケースが多いです。

しっかり脱力していた方が、守備範囲も広がるし怪我も少ないはず。

どこかでボールに怯えているようだと、ネットプレーに自信が持てない。

リラックスする方法をどんどん実践して、変えていきましょう。

 

■ストロークで力んでしまうのは、飛ばそうと意識し過ぎ

アナタの腕力で、テニスボールを飛ばすのではありません。

ラケット、ガットに上手く活躍してもらう、そして相手のボールの力を利用する。

この大原則、を忘れてしまうと腕の力を必要以上に使ってしまい、上手くいきません。

速いショットを打つのでも、それは速いスウィングスピードが大前提。

速くラケットヘッドを走らせるのであれば、身体全体を脱力して振らないと無理。

ラケットのスウィングスピードを上げる、為に必要なリラックス方法、考えていきましょう。

 

とにかく、テニスの試合も練習も時間が長い。

最初と最後、アナタのパフォーマンスが落ちないような工夫、出来ていますか?

リラックスして脱力出来れば、きっとテニスはもっと良くなる。

色々試しながら、実践してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ない…

  2. テニス 主将
  3. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では有効です

    ストローク・・・と言えばどういうショットを思い浮かべるか。だい…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

    テニスの試合の中で、難しいのが深いストロークの返球。スピンがし…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事です

    相手のストロークが速く、深いときに、どんな対応ができるのか。し…

  6. テニス ポジショニング

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であるこ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    気付いてますか?「ファーストサーブが入らない」だけで、ダブルスの前衛は萎えていく…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形を確認しよう
  5. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう
PAGE TOP