テニス リターン

ストローク

相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる

みなさんの試合の中で、ストロークのミスが増える時

それはどんな時でしょうか?

自分で自覚があれば、それを相手にやらせれば良い。

ただ動かすだけ、だと実際には走り慣れている選手も多いですし、簡単にはミスしてくれないでしょう。

大事なのは、打点の高さで揺さぶりをかけること、です。

 

相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる

 


 

1.左右に振っても、実は効果は薄い

実際に、左右に動かして相手からミスをもらう。

ミスしてくれる相手、もいるでしょう。

でも、シングルスの試合でも上のレベルになってくれば、走り回って返球してくる相手も多い。

なかなか、動かすだけではミスしてくれないし、こちらが先にミスしてしまうような試合も多いでしょう。

攻撃しているようで、攻撃になっていない。

だからこそ、しっかり意識したいのが「相手の打点の高さを変えること」です。

 

2.打点の高さが一定だと、ミスしてくれない

実際、打点の高さを変えていけばミスが増える。

アナタ自身、思い出してみて下さい。

同じフォアハンドでも、高いところ、低いところ、で交互に来ると嫌じゃないですか。

まだ、動いて打っても同じ高さ、で打てれば安定出来るのに。

打点の高さが違うと、スウィングもグリップも変わるし、ちょっとした誤作動が生じやすいんです。

打点の高さで、相手に揺さぶりをかける。

これが出来れば、きっともっとミスを誘えるラリーが出来るはずです。

 

3.低さを出すショット、が試合で打てますか?

昨日の錦織選手の試合でも、お互いにスライスを使うケース、ありましたよね。

守備的な要素もありますが、相手に低い位置で打たせる、リズムを変えるという狙いがハッキリしてました。

プロの選手でも、低い位置でのストロークって嫌なんですよ。

持ち上げないといけない、でも相手コートには入れないといけない、というプレッシャーがありますからね。

遅くて低いスライス、こそアナタ自身に求められる技術だと思いますよ。

 

4.でも、「スライスを打つのが苦手・・・」な人は、どうすれば良い?

スライスを打つのが苦手、な人はどうすれば良いのか。

実はこれ、良い作戦があります。

相手が、ベースラインにベットリ張り付いているような相手なら、浅いボールを普通に打てば良いんです。

スピンでも良い、あえて浅め、に打つとどうでしょう。

相手に到達する頃には、自然と打点の位置は下がります。

普通の打点で打てなくなるので、リズムが崩れる。

「思ったほど、ボールが飛んで来なかった」という印象を持って、それがミスになる。

普通にスピンだけでも、こういう変化は付けられますからね。

ぜひ、意識して試合で使ってみて下さい。

 

相手のミス、をしっかり分析しましょう。

左右に動かして、ミスしているのか。

それとも、打点の高さが変わって、ミスしているのか。

そしてそれは、アナタ自身が相手から意図的に誘えているミスなのか。

大事ですね。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?

    とにかく、相手のバック側を狙う。これは、テニスの試合では大原…

  2. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない

    ダブルスの試合で、打てないと厳しいもの。それは、私はこれだと思…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!

    最近のシングルスの試合での流行、の一つがショートクロスの使い方にある。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  5. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう

    ストロークを、ダウンザラインへ展開する。ダブルスでもシングルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚え…
  3. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
  5. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
PAGE TOP