テニス サーブ

サーブ

セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

これは、私自身が最近意識していること、でもあります。

どうしても、セカンドサーブの場面、身体の動きが小さくなりがち、だと思います。

だからこそ、あえて大きな動きを入れる。

しっかりラケットを振るという意識に変えていければ、試合で良いセカンドサーブは入ります!

 

セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

 


 

1.お手本にしたいのは、錦織選手

最近、すごくサーブが良いですよね。

昨日の試合でも、良いセカンド―サーブ、何本もありました。

私が見ていて感じるのは、セカンドサーブがよりダイナミックなフォームになったな、ということ。

逆にファーストサーブは、コンパクトでシンプルにコーナーを狙う、ような感じ。

セカンドサーブ、しっかりとジャンプして大きく身体を使う。

これは、私たち自身にも必要な、大事な要素だと思います。

 

2.セカンドサーブは、より回転量を多くする

みなさんも、この意識が強いと思います。

セカンドサーブは、ファーストサーブよりも回転量を多くして、速度は少し抑える。

軌道を高くして、バウンド後に失速しないようなサーブ、にしたいはず。

であれば、やはりしっかりと身体を大きく使うこと。

私は、セカンドサーブは身体に少し近い位置でボールを打って、上に大きく振っていくスピンが基本。

ですので、小さい身体の動きになってしまうと、それがフラット気味になるんです。

ファーストサーブよりも、大きくジャンプするし、上方向にラケットを振る。

この意識だけで、セカンドサーブは見違えますよ。

 

3.ダイナミックさ、は撮影してみないと気付かない

試合の緊張した場面、の自分のセカンドサーブ。

動画で見たことは、ありますか?

これが無い人は、何を言っても無駄でしょう。

自分で見たことが無い、訳ですから危機感も無い。

きっと、当てにいく、置きにいくような雰囲気のサーブになっているはずなんです。

セカンドサーブを、しっかり身体を使って打てている人、少ないですから。

だからこそチャンスなんです。

セカンドサーブもしっかり振る、という意識があれば、試合でも強い。

なぜなら、そういう選手自体が大会では少ないからです。

 

4.セカンドサーブらしいセカンドサーブ、試合で通用しない

みなさんも、試合で勝った時を思い出して下さい。

きっと、相手のセカンドサーブ、を上手く攻撃出来た時なはずなんです。

セカンドになったら、自分に自信が持てる。

そういう試合は、まず勝てます。

逆はどうでしょう。

相手のセカンドサーブになっても、こちらがプレッシャーを感じてしまう、前に踏み込めない。

こういう相手にブレイクは難しいですから、試合も勝てないですよね。

アナタ自身、セカンドサーブからでも相手に優位性を渡さない、プレッシャーをかけられる。

そんなダイナミックなセカンド、一緒に磨いていきませんか?

 

シニアやベテラン、女性の方でも、まだまだ可能性はあります。

むしろ、すぐに変えて効果が出る、伸びしろの部分だと思いますよ。

セカンドサーブをしっかり振る、自信を持てるようになる。

それはつまり、試合自体に自信が持てるようになるということですから。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう

    サーブの調子が、良かったり悪かったり。色々あると思いますが、こ…

  2. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!

    サーブの指導は難しい。何が難しいって言うと、とりあえず個性的な…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

    相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。つ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

    ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。皆さんなら、どんな選…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける
  3. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう
  5. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場…
PAGE TOP