テニス サーブ

サーブ

セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らかです

「何が一番、練習で足りないのか」悩んでいる人。

まず、セカンドサーブは外せないと思います。

サーブの練習、特にセカンドサーブは・・・練習しっかり出来ていますか?

自信を持って出来ている、と言える人は絶対に試合で強いはず。

逆な人、が自然だと思います。

 

セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らかです

 

1.試合で一番、勝敗に関わる技術なのに・・・

間違いなく、勝敗に一番大きく関わってくる。

私は一般の方や学生の皆さんの試合を観ていると、ファーストサーブはそんなに差を感じない。

まぁ、入ればやっぱりそれなりにポイントは獲れる。

でも、セカンドサーブはそうはいかない。

一番差が出るし、そのまま結果に反映されていく。

ダブルフォルト、入れにいって叩かれる、セカンドサーブで攻撃されているのに、試合で勝てると思いますか?

納得できた人から即、練習での優先順位を上げましょう。

 

2.「良い」セカンドサーブのイメージを持てているか?

私は、ココで錦織選手のセカンドサーブをお手本に推奨したい。

センターにしっかり高い軌道で、しかもサービスライン手前50cmでしっかり入る、バウンドしてからも失速しない。

セカンドサーブが安定している人は、まずダブルフォルトの気配が無い。

つまり、ネットやラインすれすれ、では無いということ。

この部分、スピードを優先すると怪しくなってくる。

アナタ自身、身に付けるべきは何より安定したセカンドサーブの軌道。

フォルトの雰囲気が無い、というのは選手にとって最高のアドバンテージになるのです。

 

3.打ちっぱなし練習、から脱却しよう

ボールをカゴにいっぱいに入れて、ひたすらサーブ練習。

もちろん、こういった練習も必要です。

ですが、部活やチームでオススメしたいのは少しアクセントを付けた練習。

例えばネットの上、50cmのところに紐を張って、高いネットを想定してサーブ練習をしてみる。

グリップを変えて回転量を変えてみて、どれが一番バウンド後に伸びていくのか、横からスマートフォンで撮影してみる。

まずは自分なりに良い軌道を作る、ことが第一。

その為には、「変える」→「確認する」→「調整する」という作業が必要。

思い切って、セカンドサーブを変えていきましょう。

 

セカンドサーブを強くすれば、試合に勝てる。

強くするとは、変えるということ。

今までよりも軌道を変えることで、勝率は必ず上がる。

「これだ!」という感触を掴んだら、後はひたすら打ち込んで練習。

春の試合のシーズンに向けて、準備していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

    試合をしていて、こういう相手いませんか?相手がサーブを打とうと…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れていこう

    サーブは常に、リターン側の選手との駆け引きが大事。どんなに速い…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

    「ファーストサーブを入れること」の重要性は、何度も書いてきました。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

    身体を大きく反って打つスピンサーブは、男性ならしっかりセカンドサーブと…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  6. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの有効性

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る
  2. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から
  3. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  4. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要…
PAGE TOP