テニス 確率

サーブ

テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

「サーブは入れるだけ」

「サービスエースなんて、試合で出来る訳ない・・・」

と思っている方、もったいない!

確かにサーブは難しい技術ですし、なかなかすぐに強力な武器にはならないかも知れない。

ですが練習からちょっとした工夫、をするだけできっと試合で使える立派な武器になる。

まずは発想から、一緒に変えてみませんか?

 

テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

 


 

■ただの打ちっ放しのサーブ練習、それで良いの?

部活やサークルのサーブ練習、ただの「打ちっ放し」の練習になってはいませんか?

「いや、ちゃんと的は置いてるよ・・・」という方もいるでしょう。

ですがその的、普段の練習で当たる人、何人出ていますか?

的に当たらないような人ばっかりで、サーブに自信を持てと言っても無理な話。

私からの提案は、的は大きく、ロープのようなものを使って最低1メートルの正方形、くらいのスペースで用意すること。

これで何人も、狙った的に当たる、入る、という成功体験をしっかり積みましょう!

 

■練習では、「出来ることを増やしていく」のが基本!

練習で出来ることが試合で出来る、とは限りませんが、練習で出来ないことは絶対に出来ないでしょう。

ですからしっかり、サーブでコースを狙えるという段階までは、練習でもっていきたいところ。

それで十分、効果のある対戦相手も多いはず。

1メートルの正方形よりも広い的でも良い、とにかく「コースは狙った方向に打てる」という自信、きっと試合で活きるでしょう。

特にダブルスなら、ファーストサーブでコースを狙えれば前衛が活躍できる!

チームでしっかりサーブを強くしていく、きっかけを作っていきましょう。

 

■的をクリアする人は増えてきたら、今度はスピードを上げていく

コントロール出来る力がついたら、そこからスピードを上げていく。

回転量を増やす、トスを前にしてコートをキックしてしっかり力を伝えるようにして、徐々に速度を上げましょう。

コントロール性が損なわれるようなら、焦る必要はありません。

しっかり自分のサーブが良くなっていくのには、成功体験の積み重ねが大事。

速度から求めて入っていく選手が、特に男性の学生選手で多いように思いますが、試合では使えない。

コースさえしっかり狙えれば、アナタのサーブはまだまだ試合で活躍してくれます。

 

練習の雰囲気が、試合を作る。

ですので成功体験が少ないチームは、どこか自信が無いような選手が多い。

改めて客観的に、自分のチームを見つめなおしてみて下さい。

みんなのテニスをする表情、会話、どこか暗い感じになっていないか・・・。

観察する力も、テニス選手には必要です。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    知っておけば強くなる、スピンサーブの基本5つ

    スピンサーブは、屈強な男性しか打てない。なんて話は、もう昔の話…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

    サーブ&ボレーで、意識したいこと。それは、自分がどの程度前に入…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

    サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない…

特集記事

  1. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本
  2. 戦術

    コードボールも、自分リスクを冒した一つの結果
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー
  4. テニス 練習

    日々の雑記

    テニス草トー大会の闇、順位調整
  5. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方
PAGE TOP