テニス サーブ

サーブ

15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

目次

試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。

この力がある、ある程度イメージ出来る人は、きっと試合でも強い。

15-40になってから考える、ではもう遅い。

誰だって、このような状況になることはある、と思って準備する。

大事なのは、具体策です。

 

15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

 


 

1.デュースサイドから、苦しい場面

通常、デュースサイドって苦しいカウントが少ない。

0-0、15-15、30-30、またはデュース。

こういうカウント、でデュースサイドからは打つのがテニスです。

ですが自分が負けている、ブレイクポイントが2つ続くポイント、15-40の場面も当然あります。

こういう場面、でみなさんは何を考えますか?

「もうダメだな・・・・」と考えるのか、「よし、こうなったらコレでいこう」というコレ、があるのかどうか。

この差って、大きいと思いますよ。

技術のレベルは関係無い、特に自分と実力が近い相手との試合では、ちょっとした準備の差がそのまま勝敗を分けるんです。

 

2.デュースサイドのサーブから、ポイントを取る形は?

これが無い人、多くないですか?

アドバンテージサイドは、相手のバックにサーブを入れて攻撃、というパターンがある。

でも、デュースサイドはなかなかセンターへのサーブ、が難しいという右利きの方も多いでしょう。

15-40のような場面で、どういう選択が自分の中にあるのか。

みなさんも、自分で考えてみて下さい。

15-40の場面ですから、相手も攻撃的に来るかもしれない。

当然ファーストサーブを入れて、自分の形を作ること、が大事なんです。

 

3.「2ポイント凌がないといけない」と、思わないこと

私は、これも大事だと思います。

「ブレイクポイントが2つ・・・まずい・・・」と思うから、弱気になる。

まず、大事なのは1ポイント。

そして、30-40になれば、プレッシャーは相手にかかります。

2本あったのに、取れなかった・・・となれば、流れはアナタ側に来る。

ですので私はいつも、とにかく15-40のファーストサーブにだけ、集中します。

そのサーブが入れば、デュースまで持ち込める。

実際に、その傾向はすごく強いと思います。

 

4.自分のピンチは自分のチャンスになる

15-40を乗り越えれば、間違いなくそれはチャンスになります。

当然、デュースになってもまだ油断は出来ませんが、試合の流れは大きく変わる。

15-40になった時点で、「これは自分のチャンスだな・・・活かさないと」と思えれば強い。

テニスの試合って、そういうモノです。

まずいと思ったら、まずくなる。

いけると思ったら、流れは来る。

大事なことは、15-40になってどうするのか、何を考えるのかを決めておくということですから。

 

つい、自分の不利な状況、劣勢はイメージしたくない、避けてしまう。

ぜひ、簡単にで良いのでテニスノートに書き出してみて下さい。

15-40になったら、どうするのか。

ファーストサーブを入れて、何が出来るのか。

決めておけば、怖く無いしチャンスに出来る。

やらないと、損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです

    サーブが苦手で、振り切れない人。そもそも、ファーストサーブ、セ…

  2. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!

    スライスサーブといえば、ワイドに切れていくことで有効なサーブ。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

    サーブ&ボレーで、意識したいこと。それは、自分がどの程度前に入…

  5. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由について

    プロテニス選手がサーブを打つ時、しっかりボールを選んでいる。一…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

    当たり前・・・とも言えるかも知れませんが、なかなか難しい問題。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でと…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった…
  3. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的…
  5. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ
PAGE TOP