テニス ボレー

サーブ

サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り

サーブ&ボレーが、なかなか上手くいかない。

並行陣に安定感が無い方は、結構この悩みを抱えていますよね。

足元に沈められて、リターンで攻撃されてしまうから・・・つい、億劫になってしまう。

試合だとそんな経験も、みなさん多いと思います。

でも、そんなことでくじけてはいけない。

サーブ&ボレー、確かに難しいし勇気が要る作戦です。

ちょっとしたラケットの位置、を変えるだけで、きっとファーストボレーの精度はグッと上がりますよ。

もっとみなさん、ラケットを高い位置に準備しましょう。

 

サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り

 

1.足元のケア、ビビり過ぎじゃない?

これは、実際に私の感覚です。

サーブを打って前に走る、ここでもう、足元のケアに必死なんですよね。

足元に打たれるのが怖いから、ラケット自体を低い位置に構えてしまう。

この時点でもう、受け身です。

足元に沈められるのが怖くて、ビビッてしまっていては迫力が出ない。

もっとラケット位置は、構えの段階では高い位置に準備しておかないと。

何度も書いてきましたが、テニスでのボレーは下から打っても安定しない。

打点に対して、上から入って押させていくから、良いスライス回転がかかるし安定していくんです。

サーブ&ボレーの安定感は、正しいラケット位置の確保から、ですよ。

 

2.サーブを打ち終わった後の、ラケット位置は?

まず、自分がサーブを打ち終わった態勢、を確認してみましょう。

しっかりとラケット、自分の胸の前に引き寄せられてますか?

打ち終わって背中の方、足元、にラケットがあるまま・・・前に出ている人が多い。

これでは、相手のリターンにファーストボレーを合わせていくことが難しいのは当然ですね。

ラケットは、しっかり自分の胸の前。

胸の前で両手で支えて、前に走る。

だから上体がぶれないし、安定感があるスプリットステップ、が出来るんです。

サーブ&ボレー、ファーストボレーの精度はここで決まります。

打ち方、じゃないんですよね。

要は準備して、どう入っていくのか。

この段階で、「ミスしないような雰囲気」がある選手は並行陣でも強い。

相手リターンも、きっとプレッシャーになるはずです。

 

3.沈まないリターン、の方が圧倒的に多い

相手のナイスショット、を意識し過ぎないこと。

一回沈められた、くらいで気にしていたら、自分のプレーに集中出来ないですよ。

よく考えてみて下さい。

相手のリターン、きっと浮いているときやミドルボレー、ハイボレーの方が多い。

だから、ラケット位置の準備を上げていかないと対応出来ないんです。

もう一つ、相手のロブ、も警戒しないといけないですよね。

ラケットが胸の前、にあれば全てのボールに対応出来るし、攻撃的にプレー出来る。

サーブ&ボレー、意外とここの部分が見落とされがちなんです。

初中級のみなさん、サーブ&ボレーにトライしている方は、この意識だけでだいぶ変わりますよ。

 

4.沈められても、上から入っていけば良いローボレーが出来る!

これも、実際やってみれば分かると思います。

相手にリターンを沈められても、自分の胸の位置からしっかりラケットを入れていく。

少しだけ膝が曲がると最高ですね。

上から入るボレーで、足元も充分に対応出来るのがテニスです。

低い位置にあるより、高い位置からのボレーの方が絶対に安定感があるし、何より攻撃的なボレーになるはず。

現代テニスでは、リターンを沈められるのが当たり前。

ロブで揺さぶられるのも当たり前、ですからね。

低い位置からのボレーも、しっかり胸の位置のラケット、から打っていく意識を強く持ちましょう。

 

ラケットの構えの位置、もっと上げていきましょう!

サーブ&ボレーは、サーブを打ち終わった段階からもうボレーの準備が始まっている。

サーブ自体を、シンプルにしていく必要もあるでしょうね。

強い人のサーブ&ボレー、じっくり見てみましょう。

きっとすごくシンプルで、ラケットの構えの位置が高いと思います。

こういったところは、ぜひ参考にしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

  3. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

    自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。…

  4. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ます!

    緊張した場面でサーブを安定させるためには、打つ前に身体が前を向かないよ…

  5. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

  6. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる

    サーブを打つ時に、精神的に弱くなってしまう人。きっと、こういう小さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い
  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を
  3. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  4. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テ…
  5. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
PAGE TOP