テニス ボレー

サーブ

サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り

サーブ&ボレーが、なかなか上手くいかない。

並行陣に安定感が無い方は、結構この悩みを抱えていますよね。

足元に沈められて、リターンで攻撃されてしまうから・・・つい、億劫になってしまう。

試合だとそんな経験も、みなさん多いと思います。

でも、そんなことでくじけてはいけない。

サーブ&ボレー、確かに難しいし勇気が要る作戦です。

ちょっとしたラケットの位置、を変えるだけで、きっとファーストボレーの精度はグッと上がりますよ。

もっとみなさん、ラケットを高い位置に準備しましょう。

 

サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り

 

1.足元のケア、ビビり過ぎじゃない?

これは、実際に私の感覚です。

サーブを打って前に走る、ここでもう、足元のケアに必死なんですよね。

足元に打たれるのが怖いから、ラケット自体を低い位置に構えてしまう。

この時点でもう、受け身です。

足元に沈められるのが怖くて、ビビッてしまっていては迫力が出ない。

もっとラケット位置は、構えの段階では高い位置に準備しておかないと。

何度も書いてきましたが、テニスでのボレーは下から打っても安定しない。

打点に対して、上から入って押させていくから、良いスライス回転がかかるし安定していくんです。

サーブ&ボレーの安定感は、正しいラケット位置の確保から、ですよ。

 

2.サーブを打ち終わった後の、ラケット位置は?

まず、自分がサーブを打ち終わった態勢、を確認してみましょう。

しっかりとラケット、自分の胸の前に引き寄せられてますか?

打ち終わって背中の方、足元、にラケットがあるまま・・・前に出ている人が多い。

これでは、相手のリターンにファーストボレーを合わせていくことが難しいのは当然ですね。

ラケットは、しっかり自分の胸の前。

胸の前で両手で支えて、前に走る。

だから上体がぶれないし、安定感があるスプリットステップ、が出来るんです。

サーブ&ボレー、ファーストボレーの精度はここで決まります。

打ち方、じゃないんですよね。

要は準備して、どう入っていくのか。

この段階で、「ミスしないような雰囲気」がある選手は並行陣でも強い。

相手リターンも、きっとプレッシャーになるはずです。

 

3.沈まないリターン、の方が圧倒的に多い

相手のナイスショット、を意識し過ぎないこと。

一回沈められた、くらいで気にしていたら、自分のプレーに集中出来ないですよ。

よく考えてみて下さい。

相手のリターン、きっと浮いているときやミドルボレー、ハイボレーの方が多い。

だから、ラケット位置の準備を上げていかないと対応出来ないんです。

もう一つ、相手のロブ、も警戒しないといけないですよね。

ラケットが胸の前、にあれば全てのボールに対応出来るし、攻撃的にプレー出来る。

サーブ&ボレー、意外とここの部分が見落とされがちなんです。

初中級のみなさん、サーブ&ボレーにトライしている方は、この意識だけでだいぶ変わりますよ。

 

4.沈められても、上から入っていけば良いローボレーが出来る!

これも、実際やってみれば分かると思います。

相手にリターンを沈められても、自分の胸の位置からしっかりラケットを入れていく。

少しだけ膝が曲がると最高ですね。

上から入るボレーで、足元も充分に対応出来るのがテニスです。

低い位置にあるより、高い位置からのボレーの方が絶対に安定感があるし、何より攻撃的なボレーになるはず。

現代テニスでは、リターンを沈められるのが当たり前。

ロブで揺さぶられるのも当たり前、ですからね。

低い位置からのボレーも、しっかり胸の位置のラケット、から打っていく意識を強く持ちましょう。

 

ラケットの構えの位置、もっと上げていきましょう!

サーブ&ボレーは、サーブを打ち終わった段階からもうボレーの準備が始まっている。

サーブ自体を、シンプルにしていく必要もあるでしょうね。

強い人のサーブ&ボレー、じっくり見てみましょう。

きっとすごくシンプルで、ラケットの構えの位置が高いと思います。

こういったところは、ぜひ参考にしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

  4. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

    サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
  2. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ
  3. テニス ダブルス

    戦術

    下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る
  4. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています
PAGE TOP