テニス 仲良し

メンタル

仲良しテニスを卒業しましょう

今回は、具体的なテニスの技術や練習メニューとは異なり、一つの考え方を。

このT-PRESSのサイトを観てくれている方は、「テニスの試合で勝ちたい」という共通の目的を持っていると思っています。

試合に勝つ、ということは、一朝一夕に成し遂げられるものではありません。

1回戦、2回戦なら、継続的な練習で勝つこともできるかも知れませんが、そこを目標としている人はいないでしょう。

そう、全てはトーナメントを勝ち抜く為・・・。

 

仲良しテニスを卒業しましょう

 


 

■テニスは楽しいか?

このサイトでも多く記事を書いてきましたが、試合に勝つ為のテニスは、苦しいもの。

そりゃ打ちたいように打ちたいし、失敗しても思い切りラケットを振るほうが楽しいときもあります。

カッコいい姿を見せたい気持ちもある。

それでも、試合に勝ちたければ自分のテニスを制限しなければいけません。

それは、楽しいテニスからはほど遠い、険しい道に他なりません。

 

■テニスの本当の楽しさとは?

思い通りにボールが打てるようになった。

新しいテクニックを身に付けて、試合で使えるようになった。

こういった技術的な進歩は、スポーツの醍醐味であり、楽しいものです。

この楽しさがテニスを継続したいという気持ちを支えてくれます。

そう、中級レベルまでは。

そこから先、また次の段階の楽しさとはどこにあるのでしょうか。

それは、「試合で勝てるようになる」ということ。

相手をコントロールし、技術的には上回っている相手からも、ポイントとゲームを重ねて勝ちをもぎ取ること。

もしかしたらそれは、アナタの知り合いの方が相手かも知れません。

勝敗が付くことで少し複雑な気持ちもあるかも知れませんが、それがテニス、スポーツなのです。

 

■仲良し、から真にテニスを通じて競い合う仲間へ

世に溢れるテニスサークル、テニススクールでは、楽しさのファーストステップを体験できます。

そこから先は、アナタ次第。

それまでの仲間を、仲良しの仲間からテニスという競技で競い合う仲間に変えていかなければいけません。

これはひつはかなり、パワーのいる転換です。

楽しくラリーを続けるだけの練習から、ポイントを奪い合う駆け引きの場に変わるのです。

空いているスペースがあれば、容赦無く狙う。

ダブルスではストレートアタックもするし、ボディへのサーブも打つ。

もちろん、怪我はさせないように細心の注意が必要ですが。

試合で必要なことを繰り返し行うのが、練習です。

この転換ができれば、アナタの世界と上達のスピードは変わります。

アナタのテニスが、変わることができるのです。

少しずつで良いんです。

仲良しの本当の意味を考え、練習で切磋琢磨できる仲間を育てていってください。

共に戦い、共に泣き笑う。

テニスの試合は、プロの試合以上に一般の試合にドラマがあります。

 

少し熱くなってしまいましたが、今回書かせて頂いた内容は、このサイトの理念の根本に関わることです。

紹介している練習メニューも、はっきり言って和気藹々の仲良しテニスには向きません。

一度この機会に自分自身に問いかけてみて、自分と周りの人とのテニスについて、じっくり考えてみて下さい。

そこから全てが、始まります。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い

    試合に勝てない選手、確率の悪い攻撃に固執しているような選手。な…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  3. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険

    テニスでも何でもそうですが、感情的になって良いことは無い。ムキ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず

    テニスをやってきて、良かったなと思うこと。もしかしたら、テニス…

  5. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ

    まだまだ梅雨で雨の日が続いていますが、オムニコートでのテニスの試合は小…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない
  2. メンタル

    ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの
  3. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
  4. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を…
  5. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから
PAGE TOP