テニス 仲良し

メンタル

仲良しテニスを卒業しましょう

今回は、具体的なテニスの技術や練習メニューとは異なり、一つの考え方を。

このT-PRESSのサイトを観てくれている方は、「テニスの試合で勝ちたい」という共通の目的を持っていると思っています。

試合に勝つ、ということは、一朝一夕に成し遂げられるものではありません。

1回戦、2回戦なら、継続的な練習で勝つこともできるかも知れませんが、そこを目標としている人はいないでしょう。

そう、全てはトーナメントを勝ち抜く為・・・。

 

仲良しテニスを卒業しましょう

 


 

■テニスは楽しいか?

このサイトでも多く記事を書いてきましたが、試合に勝つ為のテニスは、苦しいもの。

そりゃ打ちたいように打ちたいし、失敗しても思い切りラケットを振るほうが楽しいときもあります。

カッコいい姿を見せたい気持ちもある。

それでも、試合に勝ちたければ自分のテニスを制限しなければいけません。

それは、楽しいテニスからはほど遠い、険しい道に他なりません。

 

■テニスの本当の楽しさとは?

思い通りにボールが打てるようになった。

新しいテクニックを身に付けて、試合で使えるようになった。

こういった技術的な進歩は、スポーツの醍醐味であり、楽しいものです。

この楽しさがテニスを継続したいという気持ちを支えてくれます。

そう、中級レベルまでは。

そこから先、また次の段階の楽しさとはどこにあるのでしょうか。

それは、「試合で勝てるようになる」ということ。

相手をコントロールし、技術的には上回っている相手からも、ポイントとゲームを重ねて勝ちをもぎ取ること。

もしかしたらそれは、アナタの知り合いの方が相手かも知れません。

勝敗が付くことで少し複雑な気持ちもあるかも知れませんが、それがテニス、スポーツなのです。

 

■仲良し、から真にテニスを通じて競い合う仲間へ

世に溢れるテニスサークル、テニススクールでは、楽しさのファーストステップを体験できます。

そこから先は、アナタ次第。

それまでの仲間を、仲良しの仲間からテニスという競技で競い合う仲間に変えていかなければいけません。

これはひつはかなり、パワーのいる転換です。

楽しくラリーを続けるだけの練習から、ポイントを奪い合う駆け引きの場に変わるのです。

空いているスペースがあれば、容赦無く狙う。

ダブルスではストレートアタックもするし、ボディへのサーブも打つ。

もちろん、怪我はさせないように細心の注意が必要ですが。

試合で必要なことを繰り返し行うのが、練習です。

この転換ができれば、アナタの世界と上達のスピードは変わります。

アナタのテニスが、変わることができるのです。

少しずつで良いんです。

仲良しの本当の意味を考え、練習で切磋琢磨できる仲間を育てていってください。

共に戦い、共に泣き笑う。

テニスの試合は、プロの試合以上に一般の試合にドラマがあります。

 

少し熱くなってしまいましたが、今回書かせて頂いた内容は、このサイトの理念の根本に関わることです。

紹介している練習メニューも、はっきり言って和気藹々の仲良しテニスには向きません。

一度この機会に自分自身に問いかけてみて、自分と周りの人とのテニスについて、じっくり考えてみて下さい。

そこから全てが、始まります。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

    テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。確かにシン…

  2. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ

    コツコツ練習を続けて、試合も出ているけど、テニスが上達しない。…

  3. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

    ボールを打ち合う競技、それがテニス。もちろん、経験も大事です。…

  4. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?

    テニスが上手い人は、きっとどんな練習も高いモチベーションで一生懸命・・…

  5. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについて

    試合会場に着いた途端に、不安になって試合が怖くなる。周りを見渡…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で…
  2. その他

    YouTubeをやると分かる、一生懸命の大切さ
  3. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いや…
  4. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいな…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていき…
PAGE TOP