テニス ボレー

練習メニュー

テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。

■人数:8~12人

■レベル:初中級~上級

■目的:横向きを保ったボレーを打ち、ボールを打った方向に動く

 


 

【練習方法】

サービスラインにお互いが立って、片方の選手の球出しで、ボレー対ボレーのラリーをスタート。

ラリーを継続しながら、サービスライン上を、横に移動しながら行う。

端まで行ったら、また戻ってくる形で3往復、5往復前後でもOK。

人数が多いようなら、反対側まで行ったら、戻って列に並ぶ形式で実施。

途中でラリーが途切れたら、再度そこから球出しで再開する。

【発展練習】

①ラリー回数を短く(3往復)に設定する。

かなりギリギリのボールをキャッチすることになるので、打ったらすぐに準備して素早く動く。

ボールスピードは自分の動くスピードに調整する(早いと早いタイミング、で返ってくるので)。

 

②ラリーを全てハーフボレーで行う。

サービスライン1メートル前くらいに落ちるイメージで、しっかり高さを抑えたボールでラリーできるように。

態勢を低く、ラケット面を被せるイメージで行う。

 

③フォアとバックを通常の逆で打つ。

この練習では、フォアかバック、どちらかのボレーを打ちながら移動していくことになるが、これをフォアバック交互に打ちながら移動する。

つまり、少し動き過ぎた状態をあえて作った状態でボレーをする、ようなポイントも作っていく。

これはダブルスでポーチに出たときに、「自分の身体が通り過ぎた」場面を想定した練習。

【ポイント】

この練習は予めボールが来るコース、動く場所が分かっているが、毎回しっかりスプリットステップを踏んでリズム良くラリーしたい。

色んな練習相手とラリーの呼吸を合わせるようなイメージが養えると、試合でも初見の相手とラリーしやすくなります。

相手をしっかり動かし、自分も次のボールが来る場所を予測してしっかり動く。テンポよく、元気よく練習しましょう。

【メニュー作成者から一言】

世界No.1のダブルスペアのブライアン兄弟が、好んでやる練習で有名なこのボレーボレー、私自身もとても好きな練習です。

テニスというスポーツはネットを挟んで相手とラリーする中で、味方にパスを出すというような機会はありません。

ですが相手を動かして自分にパスを出してもらう、サッカーで言うところのセンタリングを上げてもらう・・・。

そんなイメージを持つと試合も楽しくなります。

その為には「パス&ゴー」即ち、ボールを打ったら次へ動く。

この動きが連動して頭で考える前に身体が反応するようになると・・・ダブルス巧者への道が開けてきます。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう

    これ、みなさんぜひ意識してみて下さい。疲れたとき、苦しいとき…

  2. テニス 客観視

    練習メニュー

    部活やサークルで、「指示待ち集団」になっているみなさんへ

    テニスを練習するチーム、みなさんも所属している方が多いと思います。…

  3. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない

    テニスの練習って、みなさん普段どんな感じでしょう部活やサークル…

  4. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

    毎日の部活やサークル、スクールでの練習。自分自身、「受け身」に…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い
  2. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る
  4. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4…
  5. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブで抜いて、その後ポイント取れてますか・・・?
PAGE TOP