テニス ドロップショット

練習メニュー

本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

漫画「ベイビーステップ」を読んでいると、感じるものがある。

著者の人が発したいメッセージ、について考えてみると、こんなことが浮かんできます。

今いる環境、に満足していたら・・・試合で勝てるようになれない。

いや、勝てる試合もあるでしょうが、自分が目指すところには届かないでしょう。

そう、勇気を持って踏み出せるかどうかは、アナタ次第です。

 

本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

 


 

■倒したいライバルは、いるか?

アナタ自身、倒したいライバルはいますか?

部内にいるかも知れないし、県内の強豪校、あるいは大学のサークルでの有名人かも知れません。

まずは、「ライバルがいる」状態を作ることが大事です。

試合に勝ちたい、と心から思えるのはライバルがいてこそ。

自分のテニスを強くしていく為にも、いつも意識出来るライバルの存在は大切にしておきましょう。

 

■「ライバルを軽くひねれる」相手と、どこかでテニスが出来ないか

私は高校時代、こればかり考えていました。

県内でNo.1の選手に勝つためには、その選手を2-6くらいで倒せる相手と練習したい。

偶然にも一般の大会でそれくらいの実力がある選手と対戦する機会があり、無理やり頼んで練習に参加させてもらったことがあります。

高校生だった僕は、社会人チームの練習に混ぜてもらいましたが当然ボコボコにされました。

ですが、「あの人と試合した、練習出来た」という事実だけは、手にすることが出来たのです。

結果的に、高校3年生のときに目標にしていたライバル選手には勝てませんでしたが、試合の中盤まではリードするくらい、良い試合が出来ました。

それもきっかけは、一般の大会で知り合って頼み込んだ結果・・・だと思います。

 

■「強い人と練習する」ことは、悪いことじゃない

自分の実力が伴わないから、相手に迷惑をかけるから・・・という理由で、勇気が出ない人。

気持ちは分かりますが、それだと今までと同じ。

ほとんどの「その他多数」の選手と同じですから、試合でも同じような結果になり、実力でかなり上をいくライバルに勝つのは難しいでしょう。

高校生、大学生の皆さんなら、まず一般の大会に出てみること、大人の人と試合をすること。

そしてOBなどつながりがあれば、どんどん招待したり、自分から外の練習会に参加してみることをオススメします。

いつもの練習、では身に付かないものや感覚、何より刺激が、そこにはあるはずです。

 

「自分よりかなり実力が上」の人と、練習をするのが苦手な人が多い。

気持ちは分かります、すごいプレッシャーを感じますよね。

ミス出来ない、自分で相手になるのだろうかという不安、あって当然です。

でもそれって、実は試合に近い環境だと思いませんか?

そう思えたら、最高のトレーニングになるしやるべきことは見えてくる。

さぁ、一歩を踏み出してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー

    シングルスの試合で求められる、丁寧な攻撃とそれを凌ぐボール。走…

  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然についてくる

    普段の練習、皆さんはどんな優先順位で行っているでしょうか?強い…

  3. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

  4. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー

    ボレーが手堅い並行陣を崩すには、ラリーで少しずつ相手を動かすイメージが…

  5. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

    毎日の練習、皆さんはどんな環境で行っていますか?自分より上手い…

  6. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょ…

特集記事

  1. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る…
  3. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い
  4. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう
  5. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!
PAGE TOP