テニス 打点

メンタル

相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

試合に出ていると、こんな経験、無いですか?

相手が集中力を切らして、あからさまにイライラしている。

ミスも増えて、本当なら楽に勝てそうな展開・・・なのに、そのリズムになぜか自分まで合わせてしまっている。

いつの間にか、2人でお互い自分のプレーに「切れて」しまっている状態になって、よく分からないような試合になる・・・。

もし心当たりがあるなら、それは非常に恥ずかしいことだと覚えておきましょう。

 

相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

 


 

1.「切れる」という言葉が、大嫌いです

私は嫌いです、「切れる」という言葉。

出来るだけ普段から、使わないようにしています。

「アイツは、切れた」という言葉を使うと、もうそれ以上に考えるのを自分が「辞めた」ような感じになる。

冷静に考えればまだ試合は続いているし、何かが切れた後につながるかも知れない。

「切れた」という言葉を使うことで、いつの間にか自分自身も「切れた」状態になってしまってはいませんか?

 

2.「切れた」相手の処理は意外と難しい

荒れたプレー、に終始してくれるのは有り難いのですが、意外と自分のペースで試合を続けるのも難しい。

痙攣したような相手でも、やる辛いときってありますよね。

でもそういう相手に、しっかり勝ち切ることこそ、アナタにとって大事なこと。

「切れて荒れている」ような対戦相手に対しては、遠慮なく粘ってミスを誘う。

自分からミスするようなプレーを避けてさえおけば、相手が切れたことを後悔させることは出来るでしょう。

 

3.「見せてはいけないプレー」というのが、テニス選手ならあることを覚えておく

アナタは、まだ「自分が見られている」ことに気付いていないかも知れません。

「それって、全国的な選手やシード選手の話でしょ?」と思った方、違います。

どんな小さな試合、大会でも、アナタは常に周りの人から「見られている」のです。

草大会でも、試合中の態度が悪いような選手にはダブルスペアの誘いも来ない。

ペアの誘い、どころか一緒に練習しようという気にもならない、試合後もあまり話そうとも思わない。

結局それって、アナタ自身が損することなんです。

 

試合中は、勝負の世界ですからそりゃイライラもします。

感情的になることも、あるでしょう。

ですがそれを表に出すかどうか、は別問題。

しっかりと自分は見られている、相手にも観客にも影響を与えていることを、覚えておいてください。

それを意識するだけで、「切れた相手」には負けない選手になれるはずです。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

  2. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  3. メンタル

    自分だけの世界、これが持てるかどうか

    テニスに限らず、だと思います。試合や勝負事に強い人って、自分…

  4. メンタル

    使えないと思う技術にこそ、突き抜けるチャンスがある

    最近とにかく、伸び悩んで結果が出ない。何かを変えていきたいけ…

  5. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

    テニスの試合って・・・正直、「ムカつく相手」とも試合しないといけない。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

    「テニスの試合で勝つ為に」をテーマに記事を書かせて頂いている中で、身に…

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要
  2. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実
  3. その他

    「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい
  4. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
  5. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動
PAGE TOP