テニス メンタル

メンタル

テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識して欲しい5つのこと

ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。

そしてあっという間に貯金を使い果たしてデュースに突入・・・結果、ゲームを落としてメンタルも落ち込む。

絶対的に防ぐ方法は無いにせよ、しっかりゲームを取り切る為に、必要な意識を考えることは大事かも知れません。

 

テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識して欲しい5つのこと

 


 

1.「その前の3ポイントの流れ」を、しっかり把握している

ゲームを大きくリードできた、その原因についてアナタ自身で整理できていますか?

たまたま相手のミスが重なった・・・であれば、その原因は?

この把握ができていなければ、修正してくる相手をさらに上からねじ伏せることが出来ません。

試合慣れした相手は何かを変えて、ゲームポイントに臨んでくるはずです。

 

2.「相手の心理状況を踏まえた攻撃」が実践できる

相手の性格について、どの程度把握できていますか?

試合の中盤以降は、ポイント毎にプレーの特徴を把握しておき、作戦に活かしたい。

3ポイント差が付いて吹っ切れたようなプレーをしてくる相手であれば、まずアナタはミスをしないこと。

より守備的な闘いをしてくるような粘る相手は、じっくり攻めていきましょう。

 

3.サーブ、リターンで自分が最も得意なコースを信じること

自分の得意コースを、しっかりアドサイドから実践できるようにしましょう。

良い形でラブゲームで取れれば、試合の流れを持ってきやすい。

アナタが取りたいポイントは、相手にとっては取られたくないポイント。

どんなパターンでも良いので3往復くらいで相手を動かして、ポイントできるようなパターンを磨いておく。

そうすることで、こういった差があるポイントでもしっかり意図のあるプレーができます。

 

4.どんなポイントもしっかりラリーをして組み立てる、ことが大事

アグレッシブな姿勢は大事ですが、ゲームポイントの奪取を急がないこと。

結果エースで決まるポイントはあれど、あくまでラリーの中でつないでいく中でエースになるような形がベスト。

サービスエースにしても、相手が良いリターンをしてくる想定で、次の構えをしっかりして隙を見せないようにしましょう。

 

5.万策尽くして取られたゲームは、忘れること

どんなに良い作戦を準備しても、まくられてゲームを取られることはあります。

その時はもう思い出さない。

そんなゲームも試合の中ではあって当然、自分も逆に諦めなければチャンスはあるのです。

切り替えと前向きに捕える意識は、テニスの試合において不可欠です。

 

プロの試合でも、0-40からしっかりキープできる選手はやはり強い。

ギアを上げる、という言葉がありますがそんなに簡単ではありません。

とにかく試合に出ている皆さんは、分析と丁寧さでゲームポイントの奪取率は変わります。

自分が落ち着いて、どっしり構えていればリードを活かせる。

試合でぜひ、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

    これも、当たり前のこと・・・でしょうか?私たちは、つい試合会場…

  2. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  3. メンタル

    「緩く募集」しても、集まらないし残らない

    すっかり、オンラインでの飲み会や会議が当たり前になってきましたね。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終わる

    最近、後輩と話していて違和感があるのが、コレ。試合に負けたのに…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?

    テニスの試合、崩れていく人。これは、メンタルが弱いというよりも…

  6. メンタル

    テニスで結果を出す人は、「快感」を知っている

    テニスの試合で強い人。レッスンでも練習でも、しっかりと決める…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる
  3. その他

    「小事」が「大事」を生む
  4. フットワーク

    ネットプレーに強い人は、これを意識している
  5. テニス メンタル

    メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしま…
PAGE TOP