テニス メンタル

メンタル

テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識して欲しい5つのこと

ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。

そしてあっという間に貯金を使い果たしてデュースに突入・・・結果、ゲームを落としてメンタルも落ち込む。

絶対的に防ぐ方法は無いにせよ、しっかりゲームを取り切る為に、必要な意識を考えることは大事かも知れません。

 

テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識して欲しい5つのこと

 


 

1.「その前の3ポイントの流れ」を、しっかり把握している

ゲームを大きくリードできた、その原因についてアナタ自身で整理できていますか?

たまたま相手のミスが重なった・・・であれば、その原因は?

この把握ができていなければ、修正してくる相手をさらに上からねじ伏せることが出来ません。

試合慣れした相手は何かを変えて、ゲームポイントに臨んでくるはずです。

 

2.「相手の心理状況を踏まえた攻撃」が実践できる

相手の性格について、どの程度把握できていますか?

試合の中盤以降は、ポイント毎にプレーの特徴を把握しておき、作戦に活かしたい。

3ポイント差が付いて吹っ切れたようなプレーをしてくる相手であれば、まずアナタはミスをしないこと。

より守備的な闘いをしてくるような粘る相手は、じっくり攻めていきましょう。

 

3.サーブ、リターンで自分が最も得意なコースを信じること

自分の得意コースを、しっかりアドサイドから実践できるようにしましょう。

良い形でラブゲームで取れれば、試合の流れを持ってきやすい。

アナタが取りたいポイントは、相手にとっては取られたくないポイント。

どんなパターンでも良いので3往復くらいで相手を動かして、ポイントできるようなパターンを磨いておく。

そうすることで、こういった差があるポイントでもしっかり意図のあるプレーができます。

 

4.どんなポイントもしっかりラリーをして組み立てる、ことが大事

アグレッシブな姿勢は大事ですが、ゲームポイントの奪取を急がないこと。

結果エースで決まるポイントはあれど、あくまでラリーの中でつないでいく中でエースになるような形がベスト。

サービスエースにしても、相手が良いリターンをしてくる想定で、次の構えをしっかりして隙を見せないようにしましょう。

 

5.万策尽くして取られたゲームは、忘れること

どんなに良い作戦を準備しても、まくられてゲームを取られることはあります。

その時はもう思い出さない。

そんなゲームも試合の中ではあって当然、自分も逆に諦めなければチャンスはあるのです。

切り替えと前向きに捕える意識は、テニスの試合において不可欠です。

 

プロの試合でも、0-40からしっかりキープできる選手はやはり強い。

ギアを上げる、という言葉がありますがそんなに簡単ではありません。

とにかく試合に出ている皆さんは、分析と丁寧さでゲームポイントの奪取率は変わります。

自分が落ち着いて、どっしり構えていればリードを活かせる。

試合でぜひ、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    迷ったときに苦しい選択、が出来るテニス選手が最後に勝てる

    試合の中で、苦しい場面。どんなに手を尽くしても、もうダメかな・…

  2. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

    ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。自分の練習や試合で…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識が大事

    練習で強い人、良いボールを打てる人は五万といる。テニスの世界で…

  4. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には耐えられない

    今の自分が上達出来ないのは、厳しい練習が足りないから・・・。も…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

    練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。…

特集記事

  1. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!
  2. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ
  3. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる
  4. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. メンタル

    相手にやられて「ダメだ」と思うから、いつまで経っても勝てないんです
PAGE TOP