テニス ボレー

ダブルス

ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけられないと並行陣相手に辛い

レベルが上がれば上がるほど、サービスゲームのキープ率は上がります。

特にダブルスの試合では並行陣も増え、そのファーストボレーからの展開には絶対の自信を持つ選手も多い。

であれば、まずそのボレーの部分をしっかり塞いでいきたいところ。

今回は、並行陣相手で必要な、ファーストボレーへの前衛からのプレッシャーについて考えてみます。

 

ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけられないと並行陣相手に辛い

 


 

■ファーストボレーを気持ち良く打たせてはダメ

相手のサーバーに、ファーストボレーをしっかり踏み込んで打たれるとストローク側は厳しい。

低く滑るスライスを攻撃していくのは、かなりのリスクが伴います。

必要なのは、リターン側の前衛のプレッシャーです。

リターンをしっかり沈められるときには、ネット近くに動いてサーバーの視界に入り、ファーストボレーをポーチにいきましょう。

 

■ネットにしっかり近づいてプレッシャーをかけることが大切!

よくリターン側の前衛は、サービスライン付近に立ちっぱなしで、何の仕事もしていない人が多い。

良いリターンがせっかくサーバーの足元に沈んでも、それをジッと横目で見送っているだけでは、ダブルスの意味がありません。

ネット近くに動いていくことで、触れる範囲が広くなり自分もラリーに参加できるのです。

でも、ストレートに打たれたら・・・」と考える前に、まずはしっかり自分の側にボールを打ってもらう、気にかけてもらうことからがスタート。

相手の意識を散らすことで、ファーストボレーの威力を削いでいくことが目的なのです。

 

■リターンは遅いボールが打てると、前衛の動きを引き出しやすい

速いリターンは、味方の前衛にとっては動き辛いかも知れません。

それよりも遅い、回転量のあるボールのほうが、ネットに詰める時間もあるし、動きやすい。

沈んでさえいれば、ファーストボレーは必ず上に打つ動作になりますから、ネットに詰めることでしっかり攻撃できます。

ぜひディンクショットやスライスショットを練習して、前衛の動きを引き出せるリターナーになって下さい。

 

足元に良いショットを打っても、ベテランの女性プレイヤー等試合を多くこなしている方は、それに慣れています。

味方の良いショットをポイントに結び付けられるかどうかは、前衛のポジショニングと動き次第。

良いボールだけでは、ダブルスの試合に勝てません。

後衛に活躍させてもらえる前衛、まずはファーストボレーを仕留めるのが上手い選手を、一緒に目指してみませんか?

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    センター攻撃に大事なのは、執拗さ

    ダブルスの試合で、相手2人の中心を突く。これは、テニスの試合で…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

  3. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある

    ダブルスの試合で、前衛で動けない!と、お悩みの方に、今回はシン…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

    テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロ…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる

    テニスの成長が早い人は、毎回試合ごとに強くなっていく。どこか、…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
  2. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?
  3. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイ…
  4. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?
  5. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!
PAGE TOP