テニス フットワーク

練習メニュー

「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

毎日の練習、皆さんはどんな環境で行っていますか?

自分より上手い人、実力が劣る人、同じくらいな人・・・。

あくまで試合で勝てるようになる、強い選手になりたいと本気で考えるなら、練習中からこの意識は大事。

客観的に、周りと自分を俯瞰して観れるようになって、初めて人は成長出来るのです。

 

「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

 


 

■「このままじゃ、ダメだ」と思ったところがスタートライン

サイトでアンケートを実施すると、多くの皆さんから熱いメッセージを頂きます。

「このままじゃダメなんです、分かってるんです!」という言葉、きっと本心でしょう。

まずはここが、スタートライン。

練習の中で、危機感を感じて何かを変えていかないといけない、と気付ける人自体が少ない訳ですから。

ほとんどの人が、試合の現場になって「あぁ・・・もっとあれ、やっとけば良かった・・・」と後悔する。

もちろん完璧な準備、なんて無理ですが、練習で気付けるか試合の現場で気付けるかは大きな差。

「このままじゃ、勝てない・・・」と。

 

■危機感を感じたら、整理するところから始めよう

焦っても何も良いことは無い。

「まずい・・・」と感じたら、まずは整理するところから始めましょう。

何度も書いてきましたが、こういうときこそ、紙に書いて外に一度出してみる。

具体的に、「何がまずいのか?」について、単語でも短い文章でも良いから、書いてみる。

書いてみたら、それをどうすれば変えていけるのか、または似たような問題点が無いか、線でつないでみたりしてみて下さい。

きっと、漠然としていた問題が、シンプルになっていくはずです。

面倒くさいと思わず、やってみると意外とスッキリしますよ!

 

■自分一人で解決しよう、と思うのは絶対に難しい

私の経験上、まずいのは「よし!俺一人で解決してやる!武者修行だ!」と、躍起になること。

これは、ハッキリ言って確実に失敗します。

テニスは一人では練習も試合も出来ない、いかに周りを巻き込んでいくかが大事。

「でも、部活の雰囲気は悪いし、試合に出るのも難しいし・・・」と思った方は、それも紙に書き出してみましょう。

何か、解決策が見えてくるはずです。

自分の親、先生、仲間・・・実は話してみることで、拡がってくる解決策もあるはず。

一人でどうにかしよう、と思う心意気は大事ですが、一人で出来ることは限られているでしょう。

 

周りの協力者、をいかに増やしていくかもテニス選手の大事な実力。

巻き込んでいく勇気、できっと環境は変わっていく。

厳しいようですが、一人でモジモジしている選手は、やっぱりそこまでの選手。

趣味でテニスを楽しむ、ことは出来ても試合で勝てる選手に成長していくのは難しいかも知れません。

もうすぐ春。

自分の殻を破るなら、今かも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です

    今の練習に、疑問を感じている方。部活やサークル、テニススクール…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である

    人って、同じことの繰り返しが一番楽。慣れて、こなせて、頭も使わ…

  4. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

    私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。それは、なぜ…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

    熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。中でも…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要
  2. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニス知識

    「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます
PAGE TOP