テニス 準備

ボレー

ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、軌道を安定することが出来る

ボレーは瞬発力が重要。

相手が打ってきたボールをノーバウンドで返球するので、素早い対応と判断、コントロールが求められます。

特にコントロールの部分で、なかなか安定しない・・・という声を多く頂きましたので、今回はこのテーマで。

自分の近く、に目標を設定することで、各段とコントロールは良くなるはずです。

 

ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、軌道を安定することが出来る

 


 

■ボレーはつい、自分が打った結果を早く見たいと考えがち

ボレーを打つシチュエーションは、ポイントの中でも終盤、どちらかに決着しようかという場面が多い。

インかアウトか、ライン際にボールが飛ぶケースも多いですよね。

となれば人間の心理は、「早く結果を見たい!」と考えて身体が開いて目線もボールが飛ぶであろう方向に向いてしまいます。

これではいつまで経っても、安定はしません。

狙いは確かに相手コートの隅ですが、そこを意識すると難しく感じますし、何より不安になります。

狙いとする目標はあくまで自分の身体近くに置いておくことが、テニスでは重要です。

 

■自分の前2メートルは、周辺視力で見える範囲

では具体的にターゲットをどの辺に設定するか。

自分と打ちたいボールの方向の延長線上、2メートル先にターゲットを置いてみましょう。

自分の近く2メートルであれば、打つ時に打球を見ながらでも周辺の視界として視野に入ってきます。

「このあたりにボールを飛ばせば、イメージ通りのコースに飛んでくれる」という感覚を、ぜひ養って下さい。

そうすればボレーを打つときにも顔がしっかり残り、自然とフォームも安定するはずです。

 

■思い切った「変更」が、アナタのテニスを強くする

私自身、この「打ちたい方向を見ない」という変更には苦労しました。

勇気が無かったのです。

打つ方向を眼で見ないと、実際にコントロールできないんじゃないか・・・という不安が先に立って、つい打点から眼をそらしてしまっていました。

でもこの修正が出来てからは、「良いボールさえ打っていれば、その確認は後からでも良い」と考えるようになり、ボレーはすごく安定するようになりました。

ぜひ騙されたと思って、打つ方向を見ない、という変更にトライしてみて下さい。

 

必要なのは、変えていく勇気。

思い切った変更ができる人は、まだまだテニスが上達していきます。

良いボールを打つ、良いコースに打っていれば、相手はそう簡単に攻めてはこれません。

確認を速くしたい、不安になる自分に打ち勝つには、ある程度の成功体験が必要です。

反対の腕を使って、開きを抑える動きも必要でしょう。

少し時間はかかっても、ぜひこのネットプレー改革はトライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ローボレーが深く打てるとき」は、前に詰めていこう

    ネットに詰めるポイント、それもハッキリと前に詰めるポイントはどこか。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失うだけです

    ネットプレーでは、後ろでのプレーよりも守備範囲は限られてしまいます。…

  4. ボレー

    ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本

    シングルスでもダブルスでも、試合の中でネットに出る。これでポ…

  5. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

    相手コートに押し込むボレー、フラットボレー。しっかりとネットに…

  6. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

    ネットプレー、ボレーで自分のボールが飛ばないと感じているみなさん。…

特集記事

  1. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質
  2. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年
  3. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する
  4. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
  5. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
PAGE TOP