ボレー

ボレーは鋭さを増す、簡単な方法とは?

ネットプレーに、鋭さが欲しい人。

上手い人のボレーって、切れ味が凄いですよね。

これは、少しのコツで簡単に身に付きます。

初心者の方でも、切れ味の鋭いボレーが打てる。

イメージは、「弾く」という感覚です。

 
 

フォロースルーを、止めてみる

やることは、これだけです。

意外と、ボレーでも打った後にラケットが止まらない人、いますよね。

前に押し込んでいきたい意識が強いと、後から追いかけるようにラケットが止まらない人、結構多いです。

これでは、弾く良い感じのボレーにならない。

フォロースルー、打った後のラケットの動きはピタッと止めてみて下さい。

そうすることで、切れ味の鋭いボレーになるはずです!

フォアボレーは、反対側の手を使う

ラケットの動きを、制限して止める。

そのためには、ラケットを持っていない方の手を上手く使えると便利です。

この手で、ラケットを止める。

両手でボールを挟むようにして、フォアハンドの片手ボレーが打てるとすごくコンパクトになります。

ラケットが収まる場所を作って、前に出過ぎないようにする。

自然と、フォロースルーもなくなって、鋭いボレーになるはずですよ。

バックボレーは身体が回転しないように

バックボレーも、鋭く打つにはコツがあります。

それは、身体が回転しないように意識すること。

片手バックボレーの方は、反対側の手を後ろに残して横向きのまま終わる。

両手バックボレーの方は、利き腕の肩が前に残るように意識してみましょう。

ボールに勢いを付けようと思うと、つい身体を回したくなってしまうんですよね。

試合で、チャンスを決めたいボレーなんてまさにそれが起きる。

そこを、グッと我慢してしっかり横向きで終わるようなイメージ。

そうすると、ボールに鋭さが増していくんです。

身体が大きく動くと、鋭さは出ない

ボレーは特に、これが言えます。

身体が大きく動くと、鋭さが出ない。

みなさんの周りでも、ボレーが上手い人ってほとんど動いていないように感じませんか?

軽く打っているのに、すごくボールが伸びて来る。

それには、理由があります。

インパクトに集中して、コンパクトになっているから打球がシンプルに伸びていく。

身体が大きく動くと、打点もぶれますからね。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

   

お勧めの練習法

ミドルボレー、を徹底的に練習しましょう。

自分の胸から顔の高さ、のボレーに鋭さを出す。

直線的で、少しスライス回転のかかったボレーを打てるように、球出しとラリーで練習する。

ボレー対ストロークの練習だと、かなりストローク側がキツイはず、でも頑張って相手のミドルの高さに返し続けてみましょう。

意識して欲しいのは、ボレーの打ち終わり。

どういう態勢なのか、フォロースルーは?

しっかり意識して練習しましょう!



ミドルボレーの切れ味が増すと、試合で強いですよ。

このエリアのボレーで相手を押し込めると、主導権が握れます。

フォロースルーを小さく、シンプルにしていく。

身体がほとんど動かないようなボレーが打てるように、ぜひ練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. + POWER CUP について
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. ※撮影終了しました!【YouTubeコラボ企画✨】元埼玉県代表ペア…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

    テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。それなのに、…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  4. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

    低い位置でのボレー、出来ることなら打ちたくないショットですよね。…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

    この意識、大事です。ボレー戦のようなラリーになったときに、自分…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

コメント

  1. 1時間、one on oneで打ち込みをやった後、肘を冷やしてよ良いのでしょうか?
    プロ野球のピッチャーがよく試合後に肩を冷やすので、同じ感じで冷水シャワーを肘にあてると気持ち良いです。逆効果なら、やめようかなと思ってます。

      • tomita
      • 2018年 12月 12日

      コメントありがとう御座います!私の経験では、しっかり打ち合った後は10分程度肘や肩を冷やすのがお勧めです。
      同じ日に何試合かやる場合も、少し冷やすだけで疲労感が抜ける印象です。
      ただ、長時間冷やすと今度は硬直するような感覚になりますので、気を付けて頂ければと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける
  4. 練習メニュー

    テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため…
  5. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」
PAGE TOP