ボレー

試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

女性の方で、バックハンドボレーを両手で打っているみなさん。

その技術、威力に満足していますか?

何となく誤魔化すだけ、で通用するのは自分と同じレベルの相手まで。

強い相手に対抗していくには、しっかり相手を追い込めるような武器、に仕上げていく必要がありますね。

参考にして欲しいポイントをまとめてみました。

 

試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

 

1.片手でフィニッシュで伸びを出す

打つ瞬間、は両手でも、フォロースルーは片手で良い。

私は、両手バックハンドボレーをこう考えています。

右利きの方なら、最後に右手が残って左手は解放してあげる。

少し余裕があるときは、この打ち方でしっかりボレーを前に飛ばす、スライス回転をかけていくように意識してみて下さい。

打ち負けない為の両手、ですから打った後は片手で良い。

その方が、より遠くまでラケットを自然に出していけるので、ボールに伸びが出ると思います。

 

2.握り込むタイミングを合わせる

つい、ボレーに苦手意識があると「早め」に強く握ってしまう。

これでは、良いボレーは打てません。

ボールが当たるギリギリまで、しっかり緩いグリップで待つこと。

ボールを打つ瞬間にグリップを握ることで、伸びのあるパンチの効いた両手バックハンドボレーになるはずです。

リラックスして、瞬間に仕留める。

このイメージで、ぜひ練習していきましょう。

 

3.身体の開きを抑える、足の使い方を覚える

両手バックボレーが上手い人は、足の運びが上手い。

身体が回ってしまうのを抑える、キャリオカステップを取り入れている人もいますよね。

言葉で説明するのが難しいですが、右利きの両手バックハンドボレー、左足を自分の右側、に出しながら打ってみて下さい。

足がもつれるような感じ、かもしれませんが、この足を作れば身体が回らない、開かない。

コンパクトで、打点が安定するバックボレーになるはずです。

プロ選手のバックボレー、ぜひ下半身に注目です!

 

4.上側の手でスライス回転を主導する

両手ならではの武器、私は一番はココだと思います。

鋭いスライス回転をかけやすい、グリップの上側の手を主導として、上からしっかり抑える。

自信が無い方は、チョン、と当てるだけだから弾かれるし、相手を追い込めない。

ボールの少し下側をしっかり打って、フォロースルーでラケット面を上向きに。

スライス回転をしっかりかけて、ストローク側の選手を追い込んでいく両手バックハンドボレー、に仕上げていきましょう。

 

5.脇の開け閉め、で長短を調整

長く打ちたいときには、脇を空けて締める。

ドロップボレーを打ちたいなら、最初から脇を締めておく。

締めた状態で当てると、しっかりボールの勢いが死んでくれる。

脇の開け閉め、だけで球足の長短を調整出来ると、すごく楽ですよね。

手先だけで調整するから、試合でミスが増える、切れ味も生まない。

脇を使って、どう調整するのか。

ぜひ、練習で試してみて下さい。

 

両手バックハンドボレーって、ちょっとネガティブなイメージじゃないですか?

「得意!」と言える方、どれくらいいるでしょう。

だからこそ、基本を押さえてチャンスにする。

そして、両手という枠にとらわれないこと。

まだまだ、アナタ自身威力をアップ出来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレーは簡単に打てます

    ダブルスの試合、レベルが高くなってくるとセンターはしっかり2人で守って…

  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

    「ハーフボレーが難しくて・・・」という声を、たくさんの方から頂きます。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」くらいの意識でちょうど良い

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こ…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

    アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打て…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを…

    シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ガット

    その他

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
  2. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある…
  3. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている
  5. テニス メンタル

    その他

    「一生懸命テニス頑張っているのに、全然上達しない!」という人は、チェックすべき4…
PAGE TOP