ボレー

試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

女性の方で、バックハンドボレーを両手で打っているみなさん。

その技術、威力に満足していますか?

何となく誤魔化すだけ、で通用するのは自分と同じレベルの相手まで。

強い相手に対抗していくには、しっかり相手を追い込めるような武器、に仕上げていく必要がありますね。

参考にして欲しいポイントをまとめてみました。

 

試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

 

1.片手でフィニッシュで伸びを出す

打つ瞬間、は両手でも、フォロースルーは片手で良い。

私は、両手バックハンドボレーをこう考えています。

右利きの方なら、最後に右手が残って左手は解放してあげる。

少し余裕があるときは、この打ち方でしっかりボレーを前に飛ばす、スライス回転をかけていくように意識してみて下さい。

打ち負けない為の両手、ですから打った後は片手で良い。

その方が、より遠くまでラケットを自然に出していけるので、ボールに伸びが出ると思います。

 

2.握り込むタイミングを合わせる

つい、ボレーに苦手意識があると「早め」に強く握ってしまう。

これでは、良いボレーは打てません。

ボールが当たるギリギリまで、しっかり緩いグリップで待つこと。

ボールを打つ瞬間にグリップを握ることで、伸びのあるパンチの効いた両手バックハンドボレーになるはずです。

リラックスして、瞬間に仕留める。

このイメージで、ぜひ練習していきましょう。

 

3.身体の開きを抑える、足の使い方を覚える

両手バックボレーが上手い人は、足の運びが上手い。

身体が回ってしまうのを抑える、キャリオカステップを取り入れている人もいますよね。

言葉で説明するのが難しいですが、右利きの両手バックハンドボレー、左足を自分の右側、に出しながら打ってみて下さい。

足がもつれるような感じ、かもしれませんが、この足を作れば身体が回らない、開かない。

コンパクトで、打点が安定するバックボレーになるはずです。

プロ選手のバックボレー、ぜひ下半身に注目です!

 

4.上側の手でスライス回転を主導する

両手ならではの武器、私は一番はココだと思います。

鋭いスライス回転をかけやすい、グリップの上側の手を主導として、上からしっかり抑える。

自信が無い方は、チョン、と当てるだけだから弾かれるし、相手を追い込めない。

ボールの少し下側をしっかり打って、フォロースルーでラケット面を上向きに。

スライス回転をしっかりかけて、ストローク側の選手を追い込んでいく両手バックハンドボレー、に仕上げていきましょう。

 

5.脇の開け閉め、で長短を調整

長く打ちたいときには、脇を空けて締める。

ドロップボレーを打ちたいなら、最初から脇を締めておく。

締めた状態で当てると、しっかりボールの勢いが死んでくれる。

脇の開け閉め、だけで球足の長短を調整出来ると、すごく楽ですよね。

手先だけで調整するから、試合でミスが増える、切れ味も生まない。

脇を使って、どう調整するのか。

ぜひ、練習で試してみて下さい。

 

両手バックハンドボレーって、ちょっとネガティブなイメージじゃないですか?

「得意!」と言える方、どれくらいいるでしょう。

だからこそ、基本を押さえてチャンスにする。

そして、両手という枠にとらわれないこと。

まだまだ、アナタ自身威力をアップ出来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

  4. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる

    テニスの試合のアナタの姿。それは、アナタの日常に潜む本性をさら…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

    今回は、シンプルにアングルボレーの基本をおさらい。角度を付ける…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つ…
  2. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせ…
  3. テニス ダブルス

    リターン

    「センターへ厳しいサーブ・・・でもリターンを沈めたい!」というときには、打点を少…
  4. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
PAGE TOP