ボレー

試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

女性の方で、バックハンドボレーを両手で打っているみなさん。

その技術、威力に満足していますか?

何となく誤魔化すだけ、で通用するのは自分と同じレベルの相手まで。

強い相手に対抗していくには、しっかり相手を追い込めるような武器、に仕上げていく必要がありますね。

参考にして欲しいポイントをまとめてみました。

 

試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

 

1.片手でフィニッシュで伸びを出す

打つ瞬間、は両手でも、フォロースルーは片手で良い。

私は、両手バックハンドボレーをこう考えています。

右利きの方なら、最後に右手が残って左手は解放してあげる。

少し余裕があるときは、この打ち方でしっかりボレーを前に飛ばす、スライス回転をかけていくように意識してみて下さい。

打ち負けない為の両手、ですから打った後は片手で良い。

その方が、より遠くまでラケットを自然に出していけるので、ボールに伸びが出ると思います。

 

2.握り込むタイミングを合わせる

つい、ボレーに苦手意識があると「早め」に強く握ってしまう。

これでは、良いボレーは打てません。

ボールが当たるギリギリまで、しっかり緩いグリップで待つこと。

ボールを打つ瞬間にグリップを握ることで、伸びのあるパンチの効いた両手バックハンドボレーになるはずです。

リラックスして、瞬間に仕留める。

このイメージで、ぜひ練習していきましょう。

 

3.身体の開きを抑える、足の使い方を覚える

両手バックボレーが上手い人は、足の運びが上手い。

身体が回ってしまうのを抑える、キャリオカステップを取り入れている人もいますよね。

言葉で説明するのが難しいですが、右利きの両手バックハンドボレー、左足を自分の右側、に出しながら打ってみて下さい。

足がもつれるような感じ、かもしれませんが、この足を作れば身体が回らない、開かない。

コンパクトで、打点が安定するバックボレーになるはずです。

プロ選手のバックボレー、ぜひ下半身に注目です!

 

4.上側の手でスライス回転を主導する

両手ならではの武器、私は一番はココだと思います。

鋭いスライス回転をかけやすい、グリップの上側の手を主導として、上からしっかり抑える。

自信が無い方は、チョン、と当てるだけだから弾かれるし、相手を追い込めない。

ボールの少し下側をしっかり打って、フォロースルーでラケット面を上向きに。

スライス回転をしっかりかけて、ストローク側の選手を追い込んでいく両手バックハンドボレー、に仕上げていきましょう。

 

5.脇の開け閉め、で長短を調整

長く打ちたいときには、脇を空けて締める。

ドロップボレーを打ちたいなら、最初から脇を締めておく。

締めた状態で当てると、しっかりボールの勢いが死んでくれる。

脇の開け閉め、だけで球足の長短を調整出来ると、すごく楽ですよね。

手先だけで調整するから、試合でミスが増える、切れ味も生まない。

脇を使って、どう調整するのか。

ぜひ、練習で試してみて下さい。

 

両手バックハンドボレーって、ちょっとネガティブなイメージじゃないですか?

「得意!」と言える方、どれくらいいるでしょう。

だからこそ、基本を押さえてチャンスにする。

そして、両手という枠にとらわれないこと。

まだまだ、アナタ自身威力をアップ出来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK

    私は学生時代、「つなぐボレー」が苦手でした。相手ストローカーの…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功

    ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。ポーチに出る…

  3. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  4. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  2. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かない…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
  5. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイ…
PAGE TOP