テニス ボレー

ボレー

「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

硬式テニスで特に難しいのが、バックボレー。

女性であれば、両手で打つバックハンドボレーに苦手意識を持っている方は多いはず。

数を打つことも大事ですが、まずは両手独自の身体の構造も考えながら、ポイントを押さえていきましょう。

コツは、すごくシンプルです。

 

「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

 


 

1.しっかり身体を寄せる

両手で打つ分、リーチは短い。

しっかりボールに身体を寄せていく意識が大事です。

腕を伸ばすのではなく、身体を打点に寄せる。

しっかり顔とボールの距離を近づけていけば、当たり損ないも減るでしょう。

 

2.ボールの外側を触る意識

ラケットでボールの「どこを」触るのか?

この意識は、実はボレーで見落とされがち。

しっかりボールの外側、身体から遠い部分を打てるように意識出来れば、ボレーは安定する。

内側を打っていると、振り遅れたような感じになるんですよね。

両手のバックハンドボレーでも、その基本は同じです。

 

3.しっかり打点に対して上から入る

ボレーの基本、ですね。

打点よりも少し高い位置から、ボレーはラケットをセットして打つ。

脇を空けて準備、打った後に締まる、ようなイメージで動かしてみて下さい。

動かす幅は、小さくてOK。

30cmくらい上に準備して、打点に戻す、くらいの感覚でちょうど良いでしょう。

 

4.右利きの人は左手が主役

両手でラケットを持っていますが、主役は後ろ側の腕。

右利きの方のバックハンドボレーであれば、左手が主役になります。

右腕、つまり利き腕はリラックスして添えておくだけ。

自分の利き腕に力が入っているうちは、バックハンドボレーは安定しません。

 

5.フットワークを使って、踏み込んでいこう

両手でのボレーは、どうやっても動かせる幅は狭い。

だからこそ安定するのですが、ボレーですからパンチ力が欲しいですよね。

そのパンチ力、は下半身の踏み込みで。

遅いボールをボレーしていくときには、大きなスタンスで踏み込んでいきましょう。

きっとシンプルな動きでも、伸びのあるパンチの効いたボレーが打てるはずです。

 

両手バックハンドボレーは、まず苦手意識を克服したい。

元々、可動域が狭い安定したショットですので、ミスは減らせる。

そこから攻撃力を高めていけるように、基本を見直して練習していきましょう!

慣れてくれば、ポーチでも大活躍。

両手バックハンドボレー、きっとまだまだ上達出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

    ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。並行陣でプ…

  2. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

    足元のボレーが、弱い人。そういう人は、まずもってハーフボレーが…

  3. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる

    テニスは技術とか体力、脚力なんかが要求されるスポーツなのだが、判断力も…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

    ネットプレーが苦手な人。この機会に、フットワークから変えていき…

  6. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーは、少しボールの下を触って山なりに

    試合で勝つために、必要なボレー。もしかしたら、それはアナタ自身…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる
  2. リターン

    リターンで踏み込んで満足、してない?
  3. テニスあるある

    【誰もが経験する、あの切なさ…】0-6,0-12??
  4. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い
  5. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
PAGE TOP