テニス ボレー

ボレー

「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

硬式テニスで特に難しいのが、バックボレー。

女性であれば、両手で打つバックハンドボレーに苦手意識を持っている方は多いはず。

数を打つことも大事ですが、まずは両手独自の身体の構造も考えながら、ポイントを押さえていきましょう。

コツは、すごくシンプルです。

 

「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

 

1.しっかり身体を寄せる

両手で打つ分、リーチは短い。

しっかりボールに身体を寄せていく意識が大事です。

腕を伸ばすのではなく、身体を打点に寄せる。

しっかり顔とボールの距離を近づけていけば、当たり損ないも減るでしょう。

 

2.ボールの外側を触る意識

ラケットでボールの「どこを」触るのか?

この意識は、実はボレーで見落とされがち。

しっかりボールの外側、身体から遠い部分を打てるように意識出来れば、ボレーは安定する。

内側を打っていると、振り遅れたような感じになるんですよね。

両手のバックハンドボレーでも、その基本は同じです。

 

3.しっかり打点に対して上から入る

ボレーの基本、ですね。

打点よりも少し高い位置から、ボレーはラケットをセットして打つ。

脇を空けて準備、打った後に締まる、ようなイメージで動かしてみて下さい。

動かす幅は、小さくてOK。

30cmくらい上に準備して、打点に戻す、くらいの感覚でちょうど良いでしょう。

 

4.右利きの人は左手が主役

両手でラケットを持っていますが、主役は後ろ側の腕。

右利きの方のバックハンドボレーであれば、左手が主役になります。

右腕、つまり利き腕はリラックスして添えておくだけ。

自分の利き腕に力が入っているうちは、バックハンドボレーは安定しません。

 

5.フットワークを使って、踏み込んでいこう

両手でのボレーは、どうやっても動かせる幅は狭い。

だからこそ安定するのですが、ボレーですからパンチ力が欲しいですよね。

そのパンチ力、は下半身の踏み込みで。

遅いボールをボレーしていくときには、大きなスタンスで踏み込んでいきましょう。

きっとシンプルな動きでも、伸びのあるパンチの効いたボレーが打てるはずです。

 

両手バックハンドボレーは、まず苦手意識を克服したい。

元々、可動域が狭い安定したショットですので、ミスは減らせる。

そこから攻撃力を高めていけるように、基本を見直して練習していきましょう!

慣れてくれば、ポーチでも大活躍。

両手バックハンドボレー、きっとまだまだ上達出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーが上手い人は、ラケットワークが上手い?」その感覚は、捨てましょう!

    ボレーが上手い、流れるようなネットプレーが得意な人は、きっとラケットワ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。…

  6. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践する…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない
  4. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
  5. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れ…
PAGE TOP