テニス ボレー

ボレー

ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

今回は、ちょっとした裏技を。

ダブルスの試合で、ポーチボレーが決まらない、前衛で悩んでいる方も多いと思います。

これって、きっと発想が足りないんですよ。

相手が足元をケアしているのに、足元に打って粘られる。

あるあるなプレー、では、ダブルスの試合はなかなか勝ち切れない。

ポーチボレーから、少し変わった技で考えていかないとダメですよ。

 

ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

 

1.「打つぞ!」と見せて、上を使うという発想

ボレーは、基本相手の足元、です。

それは基本なんですが、それって余りに普通です。

私だって、足元の返球は得意。

だって毎回、何度も、打たれてきてますからね・・・自然と返球能力は高くなるんです。

だからこそ、発想を変えましょう!

足元に打つぞ!と見せかけて・・・実は、上を使う。

ポーチからいきなりのロブボレー、有効なんですよこれが。

 

2.特にオススメしたいのが、40代以上の女子ダブルスのみなさん

私が見ている中で、足元の処理が抜群に上手いのは女性のダブルス、特に40歳以上のみなさん。

打たれ慣れているんでしょうね、足元に打っても、なかなか決まらないのが女子ダブルス。

だからこそ、アナタに覚えて欲しいのはロブボレー。

しかも、足元に打てるような前衛でのポーチの場面。

なぜかと言えば、相手は足元へのボールを予測しているので、ラケット自体が下がってるんですよ。

だから普段なら触れるようなロブボレーでも、楽に通過する。

そして、後衛を走らせていく有効な展開になる。

どうでしょう?イメージ出来ますか?

前衛でポーチに出る、狙うのは、相手前衛の頭の上です。

 

3.コツはボールを上げ過ぎないこと

これが一番です。

まず、通常のロブボレーよりももっと直線的で良い。

頭の上、1メートルくらいの高さを通過させるつもりで打ってみましょう。

相手は、「上だ!」と気付いても、もう触れない。

ラケットが足元、まで降りてますからね。

狙いはここです。

高過ぎると、それはそれで追い付けるボールになったり、アウトになったりする可能性も高い。

直線的で、相手の頭の少し上を狙う。

ラケット面を作ってから、ボールを触ってみて下さい。

思ったよりも、簡単だと思いますよ。

 

4.ロブボレーは、タイミングが命!

もちろん精度も大事ですが、それよりもタイミングが命!

「ここで、上!?」という感じを、相手に与えたいんですよ。

足元をケアしているのに上、を使われると、相手にも心理的なダメージを与えることが出来る。

タイミング、アナタ自身で常に「狙う」癖を付けないと身に付きません。

普通に打てるんだけどロブ、ロブの構えから普通にクロス・・・。

自分でしっかり、相手の意表を突けるようなタイミングを探って、選択していく。

普段の練習でも、遊び心って大事です。

そう、ちょっと相手をおちょくってみる、出し抜いてみるという発想、アナタにはありますか?

 

意外とロブボレーって、打ちやすいですよ。

アウトが怖いですが、直線的なボールなら普通のボレーの少し浮いた感じ、で良い。

相手前衛に、触らせたって良いんです。

大事なのは、アナタ自身のプレーの幅を拡げて、相手の意表を突いていくこと。

どうでしょう、ワクワクしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

    ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「…

  3. テニス サーブ

    ボレー

    フォアハンドボレーでポーチ!の裏技を教えます

    ダブルスの試合、フォアハンドボレーでポーチ!を打つときに、みな…

  4. テニス ドロップショット
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるん…

  6. ボレー

    ドロップボレーに、タッチ感覚って必要?

    「私はセンスが無くて…ドロップ系のボールが、打てません」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる
  4. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!
PAGE TOP