テニス メンタル

ボレー

「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追い詰め、そして前衛に巡ってきたチャンス・・・。

そう、周りから見ると決まったかのように見えるハイボレーの局面。

その後に待っているのは、どこか「お約束」という言葉も浮かんでくるようなアウトの軌道。

今回は、なぜか大事な場面でハイボレーをふかしてしまう人に、ちょっとしたヒントになるようなコツをまとめてみました。

「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

 


 

1.身体が正面を向いている

テニスを始めて間もない方から初中級の方で多いパターンは、この正面向きのままでボールに入ってしまうケースです。

身体が正面を向いているとボールに目線が行かず、前に突っ込む形でボールの下に身体が入ってしまいがち。

横向きでボールに入るのはテニス独特の動きですが、反復練習でボールを「横目」に見ることに慣れるトレーニングをしましょう。

2.打点に対してのラケットセットの位置が低い

ハイボレーはチャンス、ということもあり、しっかりボールを上から下に打っていきたいですよね。

その為には、恐らくあなたが思っている以上に、ラケットを高い位置にセットする必要があります。

低い位置からは、ボールを押さえつけることができず、下から上に打ち出す弾道になってしまいます。

とにかく最初は高い位置にラケットを上げる癖を付け、その後で高さを調整するくらいの気持ちでも良いかも知れません。

「パッと」ラケットを上に上げる瞬発力を養いましょう!

3.サイドスピンがかかっていない

ハイボレーにもたくさんの種類があります。

自分のポジションによってはそれは繋ぎのボレーであったり、相手を追い込んで次で仕留めるという過程かも知れません。

そこで安定感を出すのに欠かせないのが、ボレーでの「横回転」をかける技術です。

ラケットを立てて、しっかりボールの横を捉えることでボールが上に上がる=ふかすのを抑え、バウンドしてからは横に逃げる理想的なハイボレーになります。

しかもそのボールは弾まずに滑るので、次のボールでも責められにくい!

是非このサイドスピンの技術は磨いてみてください。

4.足が止まってしまう

人は、チャンスだと感じると身体が硬直してしまう傾向にあるようです。

ボールの勢いが弱いチャンスボールこそ、自分で動いて高い打点でのハイボレーにしていく必要があります。

フットワークを用いてボールの打点を落とさず、しかも横向きに入るように足を運んでいくのがポイント。

これは後ろに下がりながら「凌ぐ」ハイボレーでも同じです。

常に足を動かしながら、ボールを迎えにいくような習慣を付けておきましょう。

5.ハイボレーこそ、しっかり反復練習する

「コツでも何でも無いじゃないか・・・」と思った方、その通りです。

ハイボレーは、実は一番練習不足に陥りがちな技術なんです。

ボレー対ストロークの練習ではローボレー、ミドルボレーが中心になりますし、ハイボレーを続けて打つような練習はなかなかありません。

むしろハイボレーはしっかり決める、というイメージが強いので、反復して練習するという意識が生まれにくいのかも・・・。

しかしこれだけは断言できますが、ダブルスの上手い選手はコート上のあらゆるところからハイボレーをふかさず、コントロールできるのです。

意識して、ボレーボレーでもハイボレーを混ぜたり、ハイボレー対ストロークで繋ぐような練習も取り入れてみてください。

きっと試合でも落ち着いてボールを迎えに行けるはずです。

 

トッププロの試合では、「ハイボレー」=「ポイントを締める」というシーンが多く見受けられます。

まず、一般プレイヤーの皆さんは「ハイボレー」=「そこから優位にラリーを進めて、最後はポイントに繋げる」という意識で練習してみてください。

そうすれば気持ち的にも少し楽になり、練習でも目的が明確になるかと思います。

コツ・・・と書きつつ、実は地道なことの繰り返し。

奥深いハイボレーを、ふかさず極めていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩

    実戦向きのテニスと、そうでないテニス。色々な要素はありますが、…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、…

  3. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

    ストロークから、またはサーブから前に出ると、「ボレーで決めてやるぞ!」…

  6. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本
  2. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?
  3. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを
  4. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事
  5. フットワーク

    コートの内側に入っていく、そのコツは?
PAGE TOP