戦術

フォローして来る相手を、外す技術を

フォローしてくる相手、つまりボールを打った方向に詰めて来る相手。

これを、どうかわすのか。

このフォローの動きが出来る選手は、間違いなく試合で強い。

強い相手に勝つには、絶対的にこの技術が不可欠です。

当然、そこには相手からのプレッシャーがあるし、簡単な技術ではありません。

ですが、まずは「これが必要なんだ」と気付くところから。

レベル問わず、試合に出ている方ならぜひ意識して欲しいポイントです。

相手は前に、詰めて来る

ダブルスでは、特に多い

ダブルスでは、2人いますからね。

当然、どちらかの選手が前に詰めて来る、というケースが多いでしょう。

ボールのある方向に詰める、この基本が徹底出来ている選手は、間違いなく試合慣れしている。

だからこそ、普通に返してはやられてしまう。

でも、恐れることはありません。

その「詰め」であるフォローを外すショット、があれば何も心配無いですから。

ロブ、そしてアングル

私は、佐藤・土居ペアへ挑戦しているペアを見て、これが非常にポイントだと思いました。

相手の上を使う、ロブを打つ。

それから、遅いボールをアングルに打つ。

これを使わないと、前に出て来る相手をかわすことが出来ない。

エースを狙う必要はなくて、相手を「外す」という感覚が大事なんです。

相手が何を待っているのか、アナタ自身のショットに何を期待してフォローしているのか。

ここをしっかり、意識するのがポイントです。

速いショット、を待っている

フォローして来る相手は、アナタの速いショットを待っている。

期待している。

打って欲しい、だからボールのある方向、即ちアナタ自身に近付いていくんです。

ここでまともに打っては、相手の思うつぼ。

何か変化を付けたい、相手を後ろに下げたり、アングルに動かしたい。

ぜひ、このポイントを意識して欲しいんです。

必要性を感じているかどうか、アナタ自身の試合を思い出してみて下さい。

良いボールを打っているのにやられる、のには必ず理由がある。

気付けば必ず、対応策はあるはずです。

相手の動きを、先読みする

動いてから打つ、のではミスになる

この時点で、プレッシャーを感じてしまいます。

相手が前に詰める、フォローして来た後だと、もうポジションを取られている状態。

この動きを、予測しておくことが大事です。

予測しておけば、「やっぱりね」という感じでロブが打てる。

これ、強い相手ほど決まってフォローしてくるので、準備が大事です。

意識しないと、ずっとムキになって打ってミス、の繰り返しですよ。

相手のスマッシュを、恐れるな

ロブを使うとスマッシュ、怖いですよね。

でも、実は相手も怖い。

スマッシュを打つ方だって、ミスが怖いんです。

前に詰める動きでフォローしたけど、相手がロブを上げて来た、この段階でちょっともう後手に回ってますから。

そんなに強力でコースに決まるようなスマッシュは、来ないでしょう。

恐れてはいけない、しっかりスマッシュを打たせれば良い。

この意識があれば、強い選手になれるはずです。

アングルには、スライスがお勧め

私は、これをよく試合で使います。

スライスで打てると、それだけで遅いショットになって自分に時間が出来る。

それに、ロブと打つフォームが似ているので、相手も読み辛い。

前に詰めて来る動きを、アングルのコースにスライスでかわす。

スピンでも良いですけど、ちょっとフォームが大きくなりがちなのと、当たり損ないが怖いですからね。

アングルを狙うなら、スライスがお勧めです。

つまりは、これが「守備力」

だと、私は考えています。

相手の攻撃、打った方向に詰めて来る動きを、かわす力。

テニスにおける守備力って、キャッチ力だけじゃない。

配球であ相手をかわして、決定打を打たせない意識も大事。

まぁ、派手さは無いですし、つい試合では打ちたくなってしまうんですけどね。

そこは我慢して、相手をいなして、かわしましょう。

それがそのまま、みなさんの強さになるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

    試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。4-4の30-3…

  2. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  3. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?

    意外と似ているようで、違うもの。それは、オムニコートとクレーコ…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  5. テニス 上達

    戦術

    練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

    「練習通りに、なんで出来ないんだろう」と、悩む方は多いですよね…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう

    テニスで怖いのって、自分で考えなくなるということ。教わること、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    メンタル

    一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝て…
  3. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メ…
PAGE TOP