戦術

「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

目次

試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。

それは、どんな相手であろうが「勝つイメージ」を作ること。

これも、一つの試合に必要なテクニック。

アナタ自身、まだまだ試合前の過ごし方で結果は変わる。

変えていくのは、アナタ自身です。

 
 

1.序盤にボールの軌道を高くする

サーブ、ストローク、ボレー、全てそうです。

とにかく、ネットにかけないこと、が大事。

試合の序盤には相手も緊張する、だからまずはミスを減らして入りたい。

ストロークも、アウトはOK。

試合の序盤にネットミスをしないように、ネットのどこを狙うのか、だけ意識していきましょう。

相手は意識し過ぎない、くらいで良いでしょう。



2.リードしたら、奇襲で揺さぶる

試合の中、ゲームポイントでリードしたらどうするのか。

ダブルスなら積極的に前衛が動いたり、ロブやストレートへの展開を入れて奇襲をかける。

これ、試合に勝つイメージには欠かせません。

とにかく、主導権を握るには序盤に相手に手数を見せることが大事。

しっかり、準備して入れば成功するんだ、と。

ダブルスなら、ペアで話し合っておきましょう。



3.難しいことは、相手にやらせる

自分たちは、あまり難しいことはしない。

積極的なプレーはするけど、強引なショットは打たない、相手に打たせる。

このイメージ、を持って入れば試合に勝てるイメージも湧いて来るでしょう。

ぜひ、相手がミスをするようなイメージ、を想像してみて下さい。

プレッシャーをかけて、それが効いているようなイメージ。

試合前に、想像しておくことが大事です。



4.自分の良い状態の動画、を見る

良いサーブ、良いリターン。

アナタ自身のスマートフォンに入れて、試合前に見ることが出来るように準備しておきましょう。

これは、本当に当たり前のようにやって欲しいテクニック。

自分の良い状態の動画を見て入ることで、もう2~3ゲームくらいこなして試合が始まる、ような感覚も持てますから。

スタートダッシュから、最高の自分で入っていく。

ぜひ、意識してみて下さい。



5.戦略なら、負けないと考える

T-PRESS読者のみなさん、ですから。

きっと細かい戦略、心理戦になったら、負けない。

心理戦には、自然と強くなっていると思いますよ。

ここぞ、という場面で冷静になれる、客観的になれるように、普段からテニス脳を鍛えているはずですから。

試合前に、少しだけ自分を褒めてあげて下さい。

「平日も、あのサイトを見て来たじゃないか」と。

みなさんを後悔させないように、頑張ります!



試合で勝つイメージ、を出来るだけ作って試合に入る。

ちょっとしたことですが、試合自体は始まってしまえばあっという間ですかね。

一つだけ言えるなら、みなさんは試合前の時間を「得意」にして欲しいんです。

自分たちは、差を付けることが出来るんだ、と。

T-PRESS読者のみなさんなら、大丈夫です!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 9/30(月) 土居コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 in世田谷レ…
  3. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ

    攻撃より、まずは守備。これはテニスだけじゃなく、あらゆるスポー…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る

    テニスのプレーは、後ろの方が簡単?どちらかと言えば、後衛の方が…

  3. テニス 主将

    戦術

    男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

    男子ダブルスと女子ダブルス。この両方の種目での試合、みなさんど…

  4. テニス 構え
  5. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

  6. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに

    アグレッシブな攻撃って、どんなイメージでしょう。速いサーブ?強…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  2. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?
  4. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありませ…
  5. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!
PAGE TOP