戦術

「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。

それは、どんな相手であろうが「勝つイメージ」を作ること。

これも、一つの試合に必要なテクニック。

アナタ自身、まだまだ試合前の過ごし方で結果は変わる。

変えていくのは、アナタ自身です。

 
 

1.序盤にボールの軌道を高くする

サーブ、ストローク、ボレー、全てそうです。

とにかく、ネットにかけないこと、が大事。

試合の序盤には相手も緊張する、だからまずはミスを減らして入りたい。

ストロークも、アウトはOK。

試合の序盤にネットミスをしないように、ネットのどこを狙うのか、だけ意識していきましょう。

相手は意識し過ぎない、くらいで良いでしょう。



2.リードしたら、奇襲で揺さぶる

試合の中、ゲームポイントでリードしたらどうするのか。

ダブルスなら積極的に前衛が動いたり、ロブやストレートへの展開を入れて奇襲をかける。

これ、試合に勝つイメージには欠かせません。

とにかく、主導権を握るには序盤に相手に手数を見せることが大事。

しっかり、準備して入れば成功するんだ、と。

ダブルスなら、ペアで話し合っておきましょう。



3.難しいことは、相手にやらせる

自分たちは、あまり難しいことはしない。

積極的なプレーはするけど、強引なショットは打たない、相手に打たせる。

このイメージ、を持って入れば試合に勝てるイメージも湧いて来るでしょう。

ぜひ、相手がミスをするようなイメージ、を想像してみて下さい。

プレッシャーをかけて、それが効いているようなイメージ。

試合前に、想像しておくことが大事です。



4.自分の良い状態の動画、を見る

良いサーブ、良いリターン。

アナタ自身のスマートフォンに入れて、試合前に見ることが出来るように準備しておきましょう。

これは、本当に当たり前のようにやって欲しいテクニック。

自分の良い状態の動画を見て入ることで、もう2~3ゲームくらいこなして試合が始まる、ような感覚も持てますから。

スタートダッシュから、最高の自分で入っていく。

ぜひ、意識してみて下さい。



5.戦略なら、負けないと考える

T-PRESS読者のみなさん、ですから。

きっと細かい戦略、心理戦になったら、負けない。

心理戦には、自然と強くなっていると思いますよ。

ここぞ、という場面で冷静になれる、客観的になれるように、普段からテニス脳を鍛えているはずですから。

試合前に、少しだけ自分を褒めてあげて下さい。

「平日も、あのサイトを見て来たじゃないか」と。

みなさんを後悔させないように、頑張ります!



試合で勝つイメージ、を出来るだけ作って試合に入る。

ちょっとしたことですが、試合自体は始まってしまえばあっという間ですかね。

一つだけ言えるなら、みなさんは試合前の時間を「得意」にして欲しいんです。

自分たちは、差を付けることが出来るんだ、と。

T-PRESS読者のみなさんなら、大丈夫です!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. 戦術

    練習すること、が目的になってないか?

    最近、色々なみなさんと練習していて感じること。練習すること、…

  2. 戦術

    漠然と待たない、7:3で誘うこと

    私が普段、意識していること。漠然と待たないで、上手く誘う意識…

  3. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

    アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。身内の試合でも…

  4. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?

    テニスの試合、その現場では割り切りも大事。対戦する相手が初め…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く

    テニスというスポーツ、皆さんは他の競技と比べてどんな特徴があると思いま…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

    パッと見て、すごく強そうな選手。でもその選手が、試合で勝てるか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  4. テニス 夜

    その他

    「テニスに長期ビジョンは大事?」と思っているうちに、平等な時間はどんどん流れてい…
  5. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる
PAGE TOP