ストローク

「ハッ!」より、「フー」

ボールを打つ時に、小さく声を出す。

みなさんも、こういう方多いんじゃないでしょうか。

プロ選手の試合を観ていると、テニスって「声を出した方が良いのかも」と思いますよね。

強くボールを打つ為?

いや、私たちの場合、もっと現実的に考えた方が良いでしょう。

どうやって呼吸をするのか、その中でプレーをするのか。

キーワードは、これです。

 

「ハッ!」より、「フー」

 


 

1.短いより、長い方が良い

特に、私の場合サーブですかね。

以前は、「ハッ!」と声を出していたようなサーブ。

これを、最近は「フー」と長めに息を吐く。

こうすることで、ボールにに伸びが出て来たように感じます。

短く息を吐く感じだと、一瞬の力は入るんですが安定しない。

フーと息を吐いていると、その幅の中で打てる感じがあって、しっくり来ました。

短いより長く、息を吐いてみる。

これは、サーブ以外にも使えます。

 

2.口を尖らせてみよう

口を尖らせて、息を吐いてみましょう。

こうすると、長く息を吐く時間が作れますよね。

それに、不思議とリラックスも出来るんですよ。

サーブだけじゃなく、ストロークを打つ時にも役立ちます。

口を少し尖らせると、私は視界も変わって来る。

打点に集中出来るような口の動き、になるような気がします。

私自身、この口の形を作ることで自分の中で集中出来ているような気がします。

本当に、ちょっとしたことなんですけどね。

 

3.一気に吸って、長く息を吐く

試合で緊張したとき。

一気に息を吸って、フーと長く吐く。

こうすることで、精神も落ち着くし、スッキリする。

サーブを打つ瞬間も、このイメージですね。

トスアップの時に息を吸って、フーと吐きながら打つ。

打つ瞬間も、息を止めない。

ギュッと打つ感じじゃない、フーの中で打つからリラックス出来る。

ちょっとした調整法ですが、長い試合を自分のリズムで戦う為に、呼吸って大事。

不思議と、最近疲れなくなった気がします。

 



 

4.ネットプレーにも、挑戦中

ただ、どうしてもまだボレーは「ハッ!」という感じ、になっています。

これも、フーに切り替えられないか、挑戦中です。

ネットから遠い位置のボレー、は結構息を長く吐きながら打てるようになりました。

どうしても、前に出ると息を止めてしまうような癖があったので。

ネットに出てもしっかりリラックス出来るように、呼吸から変えてみる。

そうすると、視野も拡がっていきますからね。

まだまだ、私も挑戦中です。

 

5.お勧めの練習法

私も現在進行形ですが、ボレー対ストローク、またはボレーボレーでの呼吸法を見つめなおしてみる。

ボレーを打つときに、つい力んで息を止めたり、「ハッ!」という感じで途切れていないか。

テニスのラリー、プレーは続いていきますからね。

ボレー側で、息を吐きながら冷静にプレー出来れば、まだまだその精度は上がっていくでしょう。

普段の練習のラリーから、ボレー側で息を吐きながらやってみる。

どうでしょう、まず家の中でゆっくり口を尖らせて吐く呼吸、練習してみませんか?

 

たかが呼吸、されど呼吸。

普段の生活では意識しないことも、テニスの試合ではすごく大事な要素になります。

科学的に証明されてなくても、「これをやれば、自分は落ち着くんだ」という根拠、見つけておくと強いですよ。

「ハッ!」よりも、「フー」。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. ストローク

    クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?

    クロス方向へのストロークショット、みなさん試合でどう使いますか?…

  2. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

    スライスでのストロークが、上手い相手は結構います。ベテランやシ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?

    テニスの試合で、強い選手と対戦する。学生や社会人の皆さんも、強…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    「緩く募集」しても、集まらないし残らない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識と…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスにつ…
  4. テニス テニスノート

    メンタル

    アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?
  5. テニス ダブルス

    その他

    「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?
PAGE TOP