テニス ダブルス

ボレー

リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。

ここで、どんなプレーがイメージ出来ますか?

相手は、ビッグサーバー、そしてアグレッシブな前衛、強いペアかも知れない。

後衛のリターン任せ、ではいつまで経ってもブレイクチャンスは来ないでしょう。

ぜひ、リターンゲームの前衛、での参考にしてもらえると嬉しいです。

 

リターン側の前衛は、シンプルなボレーでミスを減らそう

 

1.ダブルスで一番、難しいポジション

私は、こう考えています。

4人の中で、一番難しいポジション、でしょう。

リターン側の前衛ですから、サービス力が高い選手のゲームでは、どうしても狙われやすい。

リターンを相手前衛がポーチ、そこを凌ぐような粘り、も求められますね。

最近のプロ選手の試合でも、相手のファーストサーブのときには2バック、2人ともに下がるケースも多いですから。

それくらい、プロでも難しいと考えているポジション。

下がるというのも、もちろん一つの選択肢。

でも今回は、そこを下がらないで対抗していく、チャンスを見出していく方法を考えてみましょう。

 

2.リターンの選手を信じること、が第一

私も、ダブルスの試合ではここを意識しています。

リターンの選手、ペアとコースを打ち合わせして、あとは「そこに打ってくれる」ことを信じる。

クロスに打つ、と決めていたら、相手前衛のポーチを当然ケアする。

ストレートに展開するなら、ロブ?それともストレートアタック?に合わせて、前衛にプレッシャーをかけていく。

この打ち合わせを信じて動く、ってこと、基本ですが大事ですよ。

リターンゲームは、交互にまわってきますからね。

自分が信頼しないと、自分も信頼されない。

これだけは、絶対に覚えておいて下さい。

 

3.セカンドサーブでは、攻撃的にいこう!

実際の試合では、セカンドサーブでは攻撃的にいきたい。

相手サーバーへ、強いリターンが返ったときには次は自分が攻撃!出来るのが前衛ですから。

リターンゲームというだけで、ずっと守備的になっている必要はありません。

セカンドでは、しっかりプレッシャーをかけていく。

相手のセカンドサーブを、リターン側の前衛が触ってフィニッシュすること。

これが、強いダブルスペアの鉄板パターンですね!

 

4.全てはシンプルなボレー、で完成される

2.や3.のような動きも、全てはシンプルなボレー、が必要。

リターンゲームですから、守備的なボレーも当然増えます。

そこにシンプルさが無いと、ミスで終わってラリーにならない。

リターン側のペアとしては、まずラリーにしっかり持ち込まないと。

相手の攻撃をしのいで、チャンスを狙って仕留めていく、この最後の攻撃もシンプルで良い。

相手は、サービスゲームで攻勢に出られるだけで慌ててくれますから、強打や激しい振りは必要無い。

ダブルスで、リターン側の前衛の選手が手堅いプレーで応戦出来ると、勝てます。

これは、私の経験上、かなりの確率でそうなりますから、ぜひ実践してみて下さい。

 

ダブルスの前衛、守備だけだともったいない。

シンプルなボレーが出来たら、それは攻撃にも活かせる。

それに、ナイスな守備はシンプルなボレーで良いカウンターになるじゃないですか。

ラケットを動かし過ぎず、丁寧に相手に返球する。

リターン側の前衛、こそダブルスらしいプレーが求められるし、楽しいし醍醐味を感じられるでしょう。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

    上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。こういう人に多い…

  2. ボレー

    ドロップボレーに、タッチ感覚って必要?

    「私はセンスが無くて…ドロップ系のボールが、打てません」とい…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  4. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう

    ダブルスの試合で、ボレー同士の打ち合いになる。こういう場面でポ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球することができます!

    相手の攻撃を「受ける」のが得意なディフェンシブな選手、いますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです
  3. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動
  4. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト
  5. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?
PAGE TOP