テニス ボレー

ストローク

フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使おう!

ストロークでスライスを使っていく。

バックハンド?

いや、実はフォアハンドでも効果的に使っていけると、試合の中で非常に有効です。

「せっかくのチャンスなら、スピンやフラットで打ち込みたい!」と思う男性の方も多いでしょう。

でも・・・それで試合に、勝てますか?

 

フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使おう!

 


 

1.みんなが打ちたいショットは、みんなが慣れてきたショット

チャンスを高い打点から打ち込んでいく、スピンやフラットで。

当然得意なショットであれば有効打になるかも知れませんが、それって言い方を変えれば「当たり前のショット」。

当たり前のショットは皆が対応を練習しているし、慣れている。

強い選手は、アナタよりももっともっと強力な攻撃を日々しのいでいるのです。

だったら、「一味違うショット」を武器に磨いてみませんか?

 

2.ボレーのグリップで、思い切り上からスライスをかけるフォアハンドストローク

イメージしてみましょう。

少し浅いボールをアプローチしていく、深く打って攻撃していきたい。

そのときに、しっかり上からラケットを準備してスライス回転をかけて攻撃していく。

横向きを作って、打点に対してかなり高い位置にラケットを準備しましょう。

スライスのストロークのコツは、脱力して上からしっかり、ラケットを振り下ろすこと。

ゆっくり振る、よりもパチン!と弾く感じでスライスのストロークを打ってみましょう。

 

3.フォアハンドのスライスショットは、攻撃的にいこう!

スライスショットは、バックハンドだけ守備的に使っていてはもったいない。

フォアハンドのストロークでも、ぜひ積極的に使っていきましょう。

こするようなスライスではなく、しっかり上から抑えてフラットに近いくらいの回転量。

「スライスをかけるぞ!」と気合を入れすぎると、ボールが浮いてしまいます

まずはしっかり、直接的な軌道にしていきたい。

アウトしてもOK、くらいな感覚で試合の中で、序盤に一発打っておきたいショットです。

 

失敗しても、実は効果的なショット。

それがフォアハンドスライス、でのストロークです。

だって、一風変わったショットは相手の印象に残る。

それに次は、同じフォームからドロップショットにも応用が利く。

当たり前のようなプレーばかりしていると・・・いつまで経っても格上相手にはテニスでは勝てません。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!

    女性の方で、ココ苦戦している方多いですよね。高い打点の、両手バ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

    現代テニスの申し子、のような選手。しっかり粘りながらも、浅いボ…

  3. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?

    シングルスの中の繋ぎのショットってかなり重要である。ダブルスだ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう!

    スライス系のショットを打つ時、肘ってどうなってる?スライスって…

  5. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

    サーブを打って、返って来たボールをドーン!プロ選手では、お決ま…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

    200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩い…
  2. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛の腕の見せどころは、これでしょう
  4. テニス メンタル

    戦術

    相手が迷っている時こそ、テンポ早く試合を進めよう
  5. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを
PAGE TOP