テニス ボレー

ストローク

フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使おう!

ストロークでスライスを使っていく。

バックハンド?

いや、実はフォアハンドでも効果的に使っていけると、試合の中で非常に有効です。

「せっかくのチャンスなら、スピンやフラットで打ち込みたい!」と思う男性の方も多いでしょう。

でも・・・それで試合に、勝てますか?

 

フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使おう!

 


 

1.みんなが打ちたいショットは、みんなが慣れてきたショット

チャンスを高い打点から打ち込んでいく、スピンやフラットで。

当然得意なショットであれば有効打になるかも知れませんが、それって言い方を変えれば「当たり前のショット」。

当たり前のショットは皆が対応を練習しているし、慣れている。

強い選手は、アナタよりももっともっと強力な攻撃を日々しのいでいるのです。

だったら、「一味違うショット」を武器に磨いてみませんか?

 

2.ボレーのグリップで、思い切り上からスライスをかけるフォアハンドストローク

イメージしてみましょう。

少し浅いボールをアプローチしていく、深く打って攻撃していきたい。

そのときに、しっかり上からラケットを準備してスライス回転をかけて攻撃していく。

横向きを作って、打点に対してかなり高い位置にラケットを準備しましょう。

スライスのストロークのコツは、脱力して上からしっかり、ラケットを振り下ろすこと。

ゆっくり振る、よりもパチン!と弾く感じでスライスのストロークを打ってみましょう。

 

3.フォアハンドのスライスショットは、攻撃的にいこう!

スライスショットは、バックハンドだけ守備的に使っていてはもったいない。

フォアハンドのストロークでも、ぜひ積極的に使っていきましょう。

こするようなスライスではなく、しっかり上から抑えてフラットに近いくらいの回転量。

「スライスをかけるぞ!」と気合を入れすぎると、ボールが浮いてしまいます

まずはしっかり、直接的な軌道にしていきたい。

アウトしてもOK、くらいな感覚で試合の中で、序盤に一発打っておきたいショットです。

 

失敗しても、実は効果的なショット。

それがフォアハンドスライス、でのストロークです。

だって、一風変わったショットは相手の印象に残る。

それに次は、同じフォームからドロップショットにも応用が利く。

当たり前のようなプレーばかりしていると・・・いつまで経っても格上相手にはテニスでは勝てません。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう

    テニスの試合の中で、多く使う逆クロス方向へのショット。特にフォ…

  2. テニス 並行陣
  3. テニス ストローク
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、打ったらラケットを身体に引き寄せる

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

    「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。実際に試合では、打ち…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

    試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。ここで女性…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効…
  2. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り…
  4. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう
  5. その他

    「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!…
PAGE TOP