テニス ボレー

ストローク

フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識」で準備してみよう!

ファアハンドストロークの回り込み、からの展開。

これは今や現代テニスにおいて、誰しもが得意にしつつある技術です。

どんどんコートの外側に自分がポジションンを移しながら、しっかり相手のバック側へ深く鋭く打っていく。

その為に必要なのは、「しっかりコースを隠せる身体の向き」を作っておくこと。

改めてストロークの基本である、速い構えを意識してみると、回り込みのフォアハンドはもっと強力になります。

 

フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識」で準備してみよう!

 


 

1.「強力なストローク」とは、どんなストローク?

私は学生時代、強力なストロークに憧れて練習していました。

速い、鋭い、コントロールされたストロークで相手を追い込んでポイントを獲りたい・・・と思っていましたが、どうも相手に反撃される。

自分が良いと思ったボールも、しっかり追いつかれてカウンターを喰らってしまう。

その原因に気付いたのは、「打つコース、ばれてるよ」という相手の一言。

そう、身体が速く前を向いているのと構えが遅いのと・・・で、実は全然強力なストロークになっていなかったんです。

 

2.相手に背中を見せるくらいが、ちょうど良いストローク

横向き、だけではまだまだ足りない。

コースを隠した良いストロークを打つには、相手に背中を見せるくらいでちょうど良い。

特にフォアハンドの回り込みストロークであれば、しっかり肩を入れてボールを引き付ける、そしてグリップエンドからしっかり出していくことが出来れば相手にとって脅威になります。

なぜなら、その構えが出来ていれば巻き込むようにしてストレートにも打てる。

身に付ければ、相手にとっては本当に、どっちに打ってくるか分からないストロークになっているはずです。

 

3.積極的に、周りに相手に、感想を聞いてみる

テニスを上達させていくには、周りの声を聞くことが大事。

「自分の打ち方、コース分かる?分かるときは、どんな風になってる・・・?」と、聞いてみましょう。

自分自身で、出来ているだろう・・・と思っていることは、テニスで一番危険な発想。

動画でチェックしたり、実際にボールを受けている人の意見や感想を大事にしましょう。

そうすればきっと、大事な試合でも相手がどういう印象で自分のショットを待っているのか、警戒しているのかをイメージ出来るようになるはずです。

 

回り込んでのフォアハンドストローク、スピードだけでは強力とは言えない。

錦織選手でも、実はフォアハンドストロークは主に組み立てに使っているから、逆クロス方向のエースは少ない。

これを確実に見せてチャンスを引き出しながら、ストレートへ展開したりとバリエーションを出していく。

その為にもアナタ自身、しっかり軸となるフォオアハンドストロークの逆クロスは、しっかり磨きましょう。

相手方向に背中を見せて、速い構えを意識して、練習頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」が足りない

    ストロークを得意としている選手は、ほぼ全員「フォアハンドの回り込み」を…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

    ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。この中…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ

    皆さんも大事な試合で、経験あるんじゃないでしょうか・・・。どう…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打ってみよう!

    走り抜けながらパッシングショットを打つ機会、実際の試合の中では1回ある…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  6. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ

    錦織選手の活躍で、脚光を浴びているショットと言えばドロップショットでし…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケ…
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合の雰囲気が悪い時の、明るい兆しの見つけ方5つ
  4. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識する…
  5. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと
PAGE TOP