ストローク

フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

どんなに戦術、ポジショニング、予測を鍛えても、これを怠ってはいけない。

パワーのあるショットを打つ、ということは、アナタ自身にとって必要なこと。

繰り返しますが、筋力が衰えていくベテランやシニアの方こそ、この発想が大事です。

いかに、効率的に力を伝えるのか、身体を使うのか。

ココには常に、貪欲であり続けましょう。

 

フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

 


 

1.フォアハンドストロークは、アナタ自身の鍵になる

これは、間違いありません。

試合で武器になり、試合を動かしていく一番のきっかけ、になるはずなんです。

私も、学生時代はとにかく速いフォアハンドを打ちたかった。

武器にしたい、と思って力んで打っているばかり。

それだと武器になるどころか、ミスが多くなり足を引っ張るだけ。

大事な意識は、「鍵」にしていくという意識。

勝利への扉を開ける、大事な鍵。

パワーのあるフォアハンド、を打つコツをもう一度一緒に考えてみませんか?

 

2.右利きの方は左手、の使い方がポイント

右利きの方、は左手の使い方がポイント。

ラケットを握る手、に力が入るのは当たり前ですよね。

右手をリラックスさせたければ、左手を使うこと。

コツとしては、右利きの方がフォアハンドを打つ時に、左手をグッと身体に引き寄せる感じです。

通常、テイクバック時には左手を前に出しますよね。

その腕を、グッと左の脇の引き寄せる。

これで、自然と右手が前に出ていく、スムーズな動きが出来るんです。

どうでしょう、みなさんもその場で少し腕を動かしてみませんか?

 

3.右手は左手、で動かすのがテニス

ストロークだけでなく、ボレーやサーブも一緒です。

右手を動かすのは、左手。

左手を引けば、右手は前に出る。

肩を入れ替えるようなイメージで、自然とリラックスして動くはず。

脱力して打点を前、がストロークのパワーアップには不可欠ですから。

この動き、は出来るようになることに、必要なのは脱力する勇気、です。

力を入れていないと、人は不安になりますからね。

でもそれだと、結局パワーのあるフォアハンドって打てないんですよ。

 

4.左手を意識して、右手はそれに付いて来る感じ

試合で緊張した場面では、この意識でいきましょう。

フォアハンド、急に打てなくなった経験、みなさんにもあるはずです。

イップスになりやすい人、もたくさんいると思います。

右手とラケットは、左手で動かす。

試合の中で自然に出来るようになると、パワーもアップルするし安定感もアップする。

何より、力まないから疲れない、試合の最後まで握力が持ちます。

利き腕で無い方の手を意識、でテニスは変わりますよ。

 

フォアハンドのパワーアップ、やり方はシンプルです。

ラケットを振り抜ける、スウィングスピードを上げる方法、秘密は左手にあるはず。

この意識を強く持って、ぜひ練習から取り組んでみて下さい。

上手く打とう、と思わないこと。

大胆に変える、左手意識で取り組んでみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    試合でストロークを置きにいってしまう人は、「打点をなるべく身体から離してみる」と修正が効く

    どんなボールスポーツでも、「置きにいく」という言葉がある。緊張…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。…

  4. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうし…

  5. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で

    コントロールを良くする為に、必要な発想として。何度か書いて来ま…

  6. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること

    ライジングショットのコツ、一言で言えばこれでしょう。みなさんが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバック、「差し込まれた状態」を脱却出来ない人へ
  2. テニス

    戦術

    自信さえ奪ってしまえば、格上相手でも怖くない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  5. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損
PAGE TOP