テニス リターン

ストローク

「パッシングショット、試合で使える自信ありますか?」テニスのシングルスの試合で必要なパスのコツ5つ

目次

シングルスの試合は、一人でコート全体をカバーしなければならない。

だからこそ面白いし、色々な戦略で相手と競わなければいけない。

一般の試合でも、シングルスの試合でネットプレーを積極的に取り入れて前に詰めてくる人もいる。

そんな相手に、しっかりとパッシングショットを打って対抗できるイメージ、ありますか?

 

「パッシングショット、試合で使える自信ありますか?」テニスのシングルスの試合で必要なパスのコツ5つ

 


 

1.まずは「1発」で決めようとしない、相手に触らせる

ネットに詰めてくる選手の力量を、しっかり確かめましょう。

まずは1度ボレーをさせてみて、その実力を確認するのが一番。

できればネットより低い位置で触らせてみて、その反応と態勢、次への動きの癖を見ておきたいところ。

実はストロークに自信が無いから、ネットに詰めてきているだけ・・・という、いい意味でのハッタリが効いた選手も多いのが事実。

慌てずに、自分からミスをしないパッシングショットをまずは打ち込みましょう。

 

2.イメージとして「相手はいないもの」として、打つという意識も大切

パッシングショットは「特別な攻撃的なショット」と思われがちですが、実はそんなことはありません。

もちろん相手がネットにいるので、それを避けるようにして打つのが基本ですが、普段のグランドストロークの延長線上で考えて自分のフォームを崩さないことも重要。

相手がネットにいない、と想定してリラックスしてコースを良く狙うことが重要。

もちろんボレーされたら反応早く次の処理をする必要がありますが、初中級の方はまず「しっかりコースに普段通りに打つ」ことに集中してみると良いでしょう。

 

3.「トップスピンロブ」を混ぜることで、パッシングショットはそのまま威力がアップ!

レベルが上がってくると、ネットプレーが得意な対戦相手も出てきます。

そこでオプションとして必要なのが、錦織選手の得意ショットでもあるトップスピンロブ。

1.に連動する形で、触らせてもOK、特にバックハンド側で触らせておけば、こちら側の優位を保ちやすいはず。

スライスでも良いので、「この人はロブも打ってくるな・・・」と思わせるだけで、同じパッシングショットでも相手はよりボールの速さと捕りにくさを感じるはずです。

 

4.「低いスライスアプローチ」への対策は、絶対に練習が必要

さらに、パッシングショットで難しいのがスライスアプローチの処理。

ネットプレーが得意な相手はスライスショットも得意なケースが多いので、このアプローチは非常に厄介です。

これには特効薬はありません。

普段からしっかり膝を曲げて、ボールとコートの間にラケットヘッドを落として入れて、スピン系のパッシングショットが打てなければなりません。

ここでしっかり打てないと、相手はどんどん同じアプローチを繰り返します。

ロブも有効に使いつつ、対抗していきましょう。

 

5.「ボールと相手を同時に」見る、視界を拡げる意識を

2.では、ネットにいる相手をいないものとして・・・という内容でしたが、上級者になると話は別。

ネットプレイヤーに対して、駆け引きをしなければなりません。

ボールと相手を同時に見る、この周辺視力をトレーニングしておく必要があります。

ネットプレイヤーも、当然コート全てを守ることは不可能ですから、どこかに山を張ってポジションを調整しています。

そこを冷静に避ける為に、この視界を拡げる意識は必要です。

 

プロテニス選手の試合はストローク中心ですが、一般の特にベテランの試合になると、意外とネットプレーヤーも多いのが日本のテニス界。

サーブ&ボレー、アプローチから、積極的に前に出てくるテニスに対抗できなければ、自分の展開に持ち込む前にやられてしまいます。

今持っているストローク力を磨きつつ、戦術の準備と視界のトレーニング。

しっかり磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  2. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?

    昨日の錦織選手の試合、しびれましたね・・・。序盤はかなり押され…

  4. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる

    皆さんのテニス、根本的な考え方の部分で、どうでしょう。強いボー…

  6. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

特集記事

  1. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう
  2. ロブ

    リターンでいきなり トップスピンロブが使える!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  5. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておく…
PAGE TOP