リターン

ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵

相手のサーブが良い、ビッグサーバーとの試合。

こういう試合で、みなさんは何を準備して試合に入りますか?

ただ下がるだけ?

それだと、本当にコントロールの良いサーブを打つ相手の思うツボ、ですよ。

 

ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵

 


 

1.下がるリターン、楽!

私も、速いサーブは打てないですが、ワイドへのサーブは得意。

ですから、相手が下がってくれるとすごく助かるんです。

まず、コートがすごく広く見えますからね。

それに、ワイドへのスライスサーブは、下がれば下がるほど、触れない。

角度を付けたサーブは、前に入らないとリターン出来ないですからね。

下がればとにかく、守備が出来ると勘違いしている方、危険です。

 

2.ビッグサーバー相手には・・・どうする?

でも、速いサーブを打って来るような相手には、どうすれば良いのか。

前に入っても、そもそも返せないようでは意味が無いですよね。

私なら、前にしたり、後ろにしたり、ポジションを変える。

リターンのポジションを、相手に伝わるくらいどんどん変えていきます。

こうして小さい揺さぶり、を入れていくことが大事なんです。

ビッグサーバーは、とにかく乗らせないことが一番。

色々な位置でリターンするように見せて、精神的に揺さぶることが大事です。

 

3.相手に伝わるかどうか、が大事

相手に気付かれること、が大事。

バレないようにやっても、効果は薄いでしょう。

まずは、相手サーバーのリズムを崩さないといけない、力んで打って欲しいんです。

だから、相手に伝わるように、2メートルくらい前に入った次には、2メートルくらい下がる。

4メートルくらいの差があれば、誰だって気になります。

「守備的なのか、攻撃的なのか、どっちなんだ・・・?」と、相手に迷いが生じて来る。

そうなると、自然とチャンスは生まれて来るでしょう。

 

4.「セカンドになったら、ヤバイ」と、思わせよう

何より、ビッグサーバー対策で必要なこと。

それは、ファーストサーブの威力を削いでいくことです。

そのために、ポジションを変えてプレッシャーをかける。

でも、それだけじゃダメ。

セカンドサーブをどこかでしっかり攻撃して、「セカンドは打ちたくないな」と思わせないと。

そうすると、どこかで「ファーストを、バンバン打てないな・・・」に変わって来る。

気持ちの変化、が相手のサーブを弱くしてく典型例ですね。

ノリノリな人でも、セカンドは弱気になっていく。

そのために、しっかりとセカンドサーブをアタックしていく作戦は実行していきましょう。

 

揺さぶり、メリハリ。

これが無いと、ずっと相手のサーブは調子が良いままです。

そのまま負けるのか、どこかで試合を動かすのか。

全てはアナタ次第、ですよ。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. + POWER CUP について
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. リターン

    ファーストサーブのフォルトに、ヒントが!

    試合でリターンに立っている時、相手がサーブをフォルトする。これ…

  2. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  3. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  4. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

  5. テニス ロブ
  6. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ

    私自身は、バックハンドストロークは片手で打っているのですが、学生時代は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ
  2. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう
  4. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!
PAGE TOP