リターン

ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵

相手のサーブが良い、ビッグサーバーとの試合。

こういう試合で、みなさんは何を準備して試合に入りますか?

ただ下がるだけ?

それだと、本当にコントロールの良いサーブを打つ相手の思うツボ、ですよ。

 

ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵

 


 

1.下がるリターン、楽!

私も、速いサーブは打てないですが、ワイドへのサーブは得意。

ですから、相手が下がってくれるとすごく助かるんです。

まず、コートがすごく広く見えますからね。

それに、ワイドへのスライスサーブは、下がれば下がるほど、触れない。

角度を付けたサーブは、前に入らないとリターン出来ないですからね。

下がればとにかく、守備が出来ると勘違いしている方、危険です。

 

2.ビッグサーバー相手には・・・どうする?

でも、速いサーブを打って来るような相手には、どうすれば良いのか。

前に入っても、そもそも返せないようでは意味が無いですよね。

私なら、前にしたり、後ろにしたり、ポジションを変える。

リターンのポジションを、相手に伝わるくらいどんどん変えていきます。

こうして小さい揺さぶり、を入れていくことが大事なんです。

ビッグサーバーは、とにかく乗らせないことが一番。

色々な位置でリターンするように見せて、精神的に揺さぶることが大事です。

 

3.相手に伝わるかどうか、が大事

相手に気付かれること、が大事。

バレないようにやっても、効果は薄いでしょう。

まずは、相手サーバーのリズムを崩さないといけない、力んで打って欲しいんです。

だから、相手に伝わるように、2メートルくらい前に入った次には、2メートルくらい下がる。

4メートルくらいの差があれば、誰だって気になります。

「守備的なのか、攻撃的なのか、どっちなんだ・・・?」と、相手に迷いが生じて来る。

そうなると、自然とチャンスは生まれて来るでしょう。

 

4.「セカンドになったら、ヤバイ」と、思わせよう

何より、ビッグサーバー対策で必要なこと。

それは、ファーストサーブの威力を削いでいくことです。

そのために、ポジションを変えてプレッシャーをかける。

でも、それだけじゃダメ。

セカンドサーブをどこかでしっかり攻撃して、「セカンドは打ちたくないな」と思わせないと。

そうすると、どこかで「ファーストを、バンバン打てないな・・・」に変わって来る。

気持ちの変化、が相手のサーブを弱くしてく典型例ですね。

ノリノリな人でも、セカンドは弱気になっていく。

そのために、しっかりとセカンドサーブをアタックしていく作戦は実行していきましょう。

 

揺さぶり、メリハリ。

これが無いと、ずっと相手のサーブは調子が良いままです。

そのまま負けるのか、どこかで試合を動かすのか。

全てはアナタ次第、ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. リターン

    クロスへの強烈なリターン、をまず消そう

    ダブルスの試合で、「まずいな・・・」と感じる場面。みなさん、ど…

  2. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう

    相手のサーブの調子が良い。そんなとき、試合でどうやって対応する…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

  5. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

  6. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性

    サーブレシーブからテニスはスタートする。最初のこの部分で勝負が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・…
  3. 戦術

    強くなるのに、特別感は要らない
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
  5. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える…
PAGE TOP