テニス リターン

リターン

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

サーブが強力な相手に、どう戦うのか。

なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。

その為に、まずはこの意識で粘り強くリターンゲームを進めていきましょう!

 

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

 

ブレイクポイントになれば、サーバーは変化する

本当に強い人は、確かにギアを上げてサーブを打てる。

でも、ある程度プレッシャーが効くような相手であれば、まずブレイクポイントを作ること、が大事。

なぜならブレイクポイントでは、サーバー側の心理が動揺し、消極的になってくれる可能性が高いから。

厳しいサーブにも喰らい付いて、粘って、30-40、に持ち込んでみる。

そうすることで、次の作戦が見えてきます。

 

ミス出来ない状況になると、ファーストサーブを「入れに来る」はず

私の経験上、ブレイクポイントではファーストサーブを入れに来る選手が多い。

当然ですよね、ダブルフォルトが一番怖いポイント、ですから。

ここでアナタは、どういう作戦をリターンから用意しておくのか。

私がオススメしたいのは、リターンダッシュや思い切った回り込みフォアハンドのリターン、のように強気で展開していくこと。

リターンのボールスピード、に頼ってはいけない。

あくまで「攻撃的な姿勢を見せる」ことが大事で、それが何よりのプレッシャーになるのです。

 

サーブ頼みの選手ほど、ブレイクポイントに弱い

乗せれば怖いけど、崩れ出すと脆い。

サーブ頼みの選手は、まず調子に乗せないこと。

時間を使いながら、スライスのリターンで粘りながら、なるべくフリーポイントを減らしてラリーに持ち込みましょう。

ラリーに持ち込む意識があれば、きっとブレイクポイントも見えてくる。

1回でブレイク出来なくても大丈夫、きっとジワジワ効いてくる。

それがテニスの試合です。

 

出来れば序盤で、ブレイクポイントを作りたい。

「もしかしたら、サーブが武器にならないかも・・・」という不安を、相手に与えるには序盤が一番。

事前に準備して、「どんなプレーで仕掛けていくのか」を決めておきましょう。

ビッグサーバー、慣れるとすごく、崩しやすいですよ。

 

今回のまとめ

ビッグサーバーほど、ブレイクポイントを作って強気に展開していこう!

 

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  2. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

    テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。気…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

  4. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポイント

    ミックスダブルスの試合で、勝敗の差が付くポイント。色々あります…

  5. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。…

  6. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局はスト…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう
  2. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない覚悟を持…
  3. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ
  5. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません
PAGE TOP