テニス リターン

リターン

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

サーブが強力な相手に、どう戦うのか。

なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。

その為に、まずはこの意識で粘り強くリターンゲームを進めていきましょう!

 

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

 

ブレイクポイントになれば、サーバーは変化する

本当に強い人は、確かにギアを上げてサーブを打てる。

でも、ある程度プレッシャーが効くような相手であれば、まずブレイクポイントを作ること、が大事。

なぜならブレイクポイントでは、サーバー側の心理が動揺し、消極的になってくれる可能性が高いから。

厳しいサーブにも喰らい付いて、粘って、30-40、に持ち込んでみる。

そうすることで、次の作戦が見えてきます。

 

ミス出来ない状況になると、ファーストサーブを「入れに来る」はず

私の経験上、ブレイクポイントではファーストサーブを入れに来る選手が多い。

当然ですよね、ダブルフォルトが一番怖いポイント、ですから。

ここでアナタは、どういう作戦をリターンから用意しておくのか。

私がオススメしたいのは、リターンダッシュや思い切った回り込みフォアハンドのリターン、のように強気で展開していくこと。

リターンのボールスピード、に頼ってはいけない。

あくまで「攻撃的な姿勢を見せる」ことが大事で、それが何よりのプレッシャーになるのです。

 

サーブ頼みの選手ほど、ブレイクポイントに弱い

乗せれば怖いけど、崩れ出すと脆い。

サーブ頼みの選手は、まず調子に乗せないこと。

時間を使いながら、スライスのリターンで粘りながら、なるべくフリーポイントを減らしてラリーに持ち込みましょう。

ラリーに持ち込む意識があれば、きっとブレイクポイントも見えてくる。

1回でブレイク出来なくても大丈夫、きっとジワジワ効いてくる。

それがテニスの試合です。

 

出来れば序盤で、ブレイクポイントを作りたい。

「もしかしたら、サーブが武器にならないかも・・・」という不安を、相手に与えるには序盤が一番。

事前に準備して、「どんなプレーで仕掛けていくのか」を決めておきましょう。

ビッグサーバー、慣れるとすごく、崩しやすいですよ。

 

今回のまとめ

ビッグサーバーほど、ブレイクポイントを作って強気に展開していこう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  2. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  5. リターン

    サーブを入れることで精一杯な相手には、「タイミングを早くしたライジングでのリターン」が効果的!

    リターンのとき、よく観察して欲しいことがある。それは、対戦相手が「…

  6. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

特集記事

  1. テニス ウェイト
  2. テニス パラソル
  3. テニス スコアシート
  4. テニス ソックス
  5. テニス バッグ
  1. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンサーブが打てる男性なら、スピンスマッシュを積極的に使っていこう!
  4. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭がある形」を意識すれば、安定する
PAGE TOP