テニス リターン

リターン

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

サーブが強力な相手に、どう戦うのか。

なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。

その為に、まずはこの意識で粘り強くリターンゲームを進めていきましょう!

 

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

 

ブレイクポイントになれば、サーバーは変化する

本当に強い人は、確かにギアを上げてサーブを打てる。

でも、ある程度プレッシャーが効くような相手であれば、まずブレイクポイントを作ること、が大事。

なぜならブレイクポイントでは、サーバー側の心理が動揺し、消極的になってくれる可能性が高いから。

厳しいサーブにも喰らい付いて、粘って、30-40、に持ち込んでみる。

そうすることで、次の作戦が見えてきます。

 

ミス出来ない状況になると、ファーストサーブを「入れに来る」はず

私の経験上、ブレイクポイントではファーストサーブを入れに来る選手が多い。

当然ですよね、ダブルフォルトが一番怖いポイント、ですから。

ここでアナタは、どういう作戦をリターンから用意しておくのか。

私がオススメしたいのは、リターンダッシュや思い切った回り込みフォアハンドのリターン、のように強気で展開していくこと。

リターンのボールスピード、に頼ってはいけない。

あくまで「攻撃的な姿勢を見せる」ことが大事で、それが何よりのプレッシャーになるのです。

 

サーブ頼みの選手ほど、ブレイクポイントに弱い

乗せれば怖いけど、崩れ出すと脆い。

サーブ頼みの選手は、まず調子に乗せないこと。

時間を使いながら、スライスのリターンで粘りながら、なるべくフリーポイントを減らしてラリーに持ち込みましょう。

ラリーに持ち込む意識があれば、きっとブレイクポイントも見えてくる。

1回でブレイク出来なくても大丈夫、きっとジワジワ効いてくる。

それがテニスの試合です。

 

出来れば序盤で、ブレイクポイントを作りたい。

「もしかしたら、サーブが武器にならないかも・・・」という不安を、相手に与えるには序盤が一番。

事前に準備して、「どんなプレーで仕掛けていくのか」を決めておきましょう。

ビッグサーバー、慣れるとすごく、崩しやすいですよ。

 

今回のまとめ

ビッグサーバーほど、ブレイクポイントを作って強気に展開していこう!

 

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

    ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。一番…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

    リターンは緊張する。特にブレークポイントのような場面、逆に追い…

  3. テニス 準備
  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

  5. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を用意しておこう!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ブロックボレーやブロックリターンは、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆である
  3. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります
  4. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう
  5. テニス 準備

    ストローク

    ネットプレイヤー相手に、ストロークを無理やり沈めようとしなくても大丈夫です
PAGE TOP