テニス リターン

リターン

試合でリターンが全く入らなくなったときには、「まずサーブの落下地点をしっかり見る」ことで調子が戻る可能性大!

リターンがとにかく入らない・・・。

相手のサーブはそんなに強力でも無さそうなのに、なぜかタイミングが合わなくてどんどん追い込まれていく。

シングルスの試合では、修正出来ないと4ポイントの1ゲームなんてあっという間に過ぎていき、自分のサービスゲームにも大きく影響してきます。

修正するコツやポイントはいくつかありますが、私自身、たくさんの人にアドバイスして効果があったのはコレでした。

アナタにも効くことを、願っています!

 

試合でリターンが全く入らなくなったときには、「まずサーブの落下地点をしっかり見る」ことで調子が戻る可能性大!

 


 

■リターンが難しいのは、サーブに身体の動きを合わせていくこと

リターンが難しいとされるのは、千差万別のサーブに対して自分から身体を合わせていくこと、だと思います。

クイック系のサーブからトスの高い人、スピンにスライス、人それぞれサーブは違いますよね。

しっかりスプリットステップを踏んで踏み込むタイミングを掴むには、少し時間がかかる。

まずは焦らず、その心構えから。

 

■ストロークの延長線上だけど、より意識したいのは・・・

ストロークのときもそうですが、テニスでは「自分のコートでのバウンド地点」をしっかり確認すると、反応しやすい。

ボールをよく見るのはもちろん基本ですが、どこにバウンドしたかで「どういうスタンスで打つのか、位置は?」というのを瞬時に判断するのがテニス。

このポイントを押さえておけば、身体が自然に反応してくれるはず。

セカンドサーブであれば、バウンド地点に向かっていく意識を持ちましょう!

 

■自分の腰より高い位置で捕えられれば、リターンは入る!

リターンミスが多い人は、大抵打点が低い。

ベースラインよりも下がって持ち上げようとしたり、ハードヒットしようとしたり・・・と、非効率的です。

大事なのは、腰より高い位置、コートの内側でライジング気味にリターンする意識です。

その為にも、しっかりバウンド地点を見極めてボールに入る必要がありますね。

待つのではなく、向かっていく。

この意識を再度、リターンの調子が悪いときには徹底しましょう。

 

リターンが入らないときは、「足を動かそう!」とよく言われますね。

ただやみくもに動かしても、それって結局焦っているだけ。

どこかでごまかしてしまってはいませんか?

修正には、具体策しかありません。

試合中にいくつか出せるように、自分で準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  2. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種

    ダブルスの試合で、相手が並行陣。こういう相手には、どういうリタ…

  4. テニス 技術
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について

    リターンを安定させたい、でも攻撃もしたい・・・。試合に出ていれ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく

    相手のナイスサーブ、でも簡単には屈しない。試合の中で、何とかリ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  5. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い
PAGE TOP