テニス リターン

リターン

試合でリターンが全く入らなくなったときには、「まずサーブの落下地点をしっかり見る」ことで調子が戻る可能性大!

リターンがとにかく入らない・・・。

相手のサーブはそんなに強力でも無さそうなのに、なぜかタイミングが合わなくてどんどん追い込まれていく。

シングルスの試合では、修正出来ないと4ポイントの1ゲームなんてあっという間に過ぎていき、自分のサービスゲームにも大きく影響してきます。

修正するコツやポイントはいくつかありますが、私自身、たくさんの人にアドバイスして効果があったのはコレでした。

アナタにも効くことを、願っています!

 

試合でリターンが全く入らなくなったときには、「まずサーブの落下地点をしっかり見る」ことで調子が戻る可能性大!

 


 

■リターンが難しいのは、サーブに身体の動きを合わせていくこと

リターンが難しいとされるのは、千差万別のサーブに対して自分から身体を合わせていくこと、だと思います。

クイック系のサーブからトスの高い人、スピンにスライス、人それぞれサーブは違いますよね。

しっかりスプリットステップを踏んで踏み込むタイミングを掴むには、少し時間がかかる。

まずは焦らず、その心構えから。

 

■ストロークの延長線上だけど、より意識したいのは・・・

ストロークのときもそうですが、テニスでは「自分のコートでのバウンド地点」をしっかり確認すると、反応しやすい。

ボールをよく見るのはもちろん基本ですが、どこにバウンドしたかで「どういうスタンスで打つのか、位置は?」というのを瞬時に判断するのがテニス。

このポイントを押さえておけば、身体が自然に反応してくれるはず。

セカンドサーブであれば、バウンド地点に向かっていく意識を持ちましょう!

 

■自分の腰より高い位置で捕えられれば、リターンは入る!

リターンミスが多い人は、大抵打点が低い。

ベースラインよりも下がって持ち上げようとしたり、ハードヒットしようとしたり・・・と、非効率的です。

大事なのは、腰より高い位置、コートの内側でライジング気味にリターンする意識です。

その為にも、しっかりバウンド地点を見極めてボールに入る必要がありますね。

待つのではなく、向かっていく。

この意識を再度、リターンの調子が悪いときには徹底しましょう。

 

リターンが入らないときは、「足を動かそう!」とよく言われますね。

ただやみくもに動かしても、それって結局焦っているだけ。

どこかでごまかしてしまってはいませんか?

修正には、具体策しかありません。

試合中にいくつか出せるように、自分で準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

    リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。もちろん、安定感が…

  2. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!

    ちょっとしたコツですが、ダブルスの試合での声の掛け合い方について。…

  3. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  4. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に見せていこう

    ダブルスの試合、「リターンをポーチに出る」という作戦を実践しているペア…

  5. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

  6. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ

    相手のサーブが、弱々しいのに・・・なぜかリターンミスしてしまう。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!
  2. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事
  3. 戦術

    主語を変える、ということ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある
PAGE TOP