リターン

リターンはボレー、で意識改革を

試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。

本当に、テニスってこれが面白い。

初対戦の試合で、まず相手のサーブを見ますよね。

速い、コントロールが良い、回転が凄い・・・というサーブに、アナタ自身がどう対応していくのか。

強い相手を戦うなら、この感覚が大事です。

 

リターンはボレー、で意識改革を

 


 

1.高い打点でブロック、が基本

前に踏み込んで、ブロック。

ボレーのような感覚、でのリターンが基本です。

特に、相手のファーストサーブですね。

これはもう、まずラケットの中心に当てないと、返さないと試合にならない。

「じゃあ、ボレーと全く同じ打ち方?」と言えば、少し違います。

スライスリターン、はほぼ同じ打ち方になりますが、スピンリターンはボレーとグリップも違う。

私は、フォロースルーを短くするところ、がボレーにすごく近いと思っています。

キーワードは、簡単です。

 

2.「後ろ小さく、前小さく」

と、つぶやいてみて下さい。

後ろとは、テイクバック。

前とは、フォロースルー。

つまり、ほとんどラケットは動かさない、上半身のターンだけでラケットセットは完了。

その後、ボールを打ったらラケットを止める、感じで良いと思います。

ボレーのように、相手のボールの力を利用して打つ。

「後ろ小さく、前小さく・・・」と、試合の現場でつぶやいてみる。

人って、それだけで何となく出来てしまうものですよ。

 

3.振っていくリターンは、セカンドサーブで

「じゃあ、リターンは全部これか!」と思ったら、それは違います。

セカンドサーブ、特にフワッとした入れるだけのサーブは、ある程度振っていかないと。

ボール自体に力が無い訳ですからね。

ボレー感覚、で打っていきたいのは速く、鋭いサーブ。

このメリハリ、使い分けをするだけで、相手も嫌だと思いますよ。

考えてみて下さいよ。

良いサーブを打っても、返される、それも色々な球種で・・・となりますからね。

 

4.サーブが崩れてくれる要因、それは・・・?

複数のリターンを持っている、ということ。

1つしかリターンが無い相手なんて、何て楽なんでしょう。

サーブを打つ前から、「この選手のリターンは、こんな感じだもんな」と、自信満々。

だから、サーブの調子も上がるし、プレーもノリノリ。

そうさせているのは、アナタ自身。

ブロックリターン、ボレーのようなリターンは攻撃にも大活躍です。

ロブ、ドロップ、スライスの構えから色々打てますからね。

ぜひ、みなさんも練習してみて下さい。

 

練習したら、使うこと。

試合で、色々なサーブに対してボレーのグリップで待ってみる。

スピンリターンも、動きを小さくしてボレー感覚に。

いつもの自分のリターンを変えるのって、勇気要りますよね。

でもその先に、アナタ自身のバリエーションがある、強さが生まれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 【女子ダブルス 土居コーチと交流大会】8/17(水) in綾瀬テニスガーデン
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  2. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  3. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブを攻略しないと、流れは来ない

    「相手のセカンドサーブを、攻撃しよう!」これは、T-PRESS…

  4. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  5. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

    相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!でも…

  6. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか
  2. ダブルス

    並行陣が出来ると、勘違いしてしまうのはなぜ?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる…
  4. その他

    学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?
  5. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い
PAGE TOP