リターン

リターンはボレー、で意識改革を

試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。

本当に、テニスってこれが面白い。

初対戦の試合で、まず相手のサーブを見ますよね。

速い、コントロールが良い、回転が凄い・・・というサーブに、アナタ自身がどう対応していくのか。

強い相手を戦うなら、この感覚が大事です。

 

リターンはボレー、で意識改革を

 


 

1.高い打点でブロック、が基本

前に踏み込んで、ブロック。

ボレーのような感覚、でのリターンが基本です。

特に、相手のファーストサーブですね。

これはもう、まずラケットの中心に当てないと、返さないと試合にならない。

「じゃあ、ボレーと全く同じ打ち方?」と言えば、少し違います。

スライスリターン、はほぼ同じ打ち方になりますが、スピンリターンはボレーとグリップも違う。

私は、フォロースルーを短くするところ、がボレーにすごく近いと思っています。

キーワードは、簡単です。

 

2.「後ろ小さく、前小さく」

と、つぶやいてみて下さい。

後ろとは、テイクバック。

前とは、フォロースルー。

つまり、ほとんどラケットは動かさない、上半身のターンだけでラケットセットは完了。

その後、ボールを打ったらラケットを止める、感じで良いと思います。

ボレーのように、相手のボールの力を利用して打つ。

「後ろ小さく、前小さく・・・」と、試合の現場でつぶやいてみる。

人って、それだけで何となく出来てしまうものですよ。

 

3.振っていくリターンは、セカンドサーブで

「じゃあ、リターンは全部これか!」と思ったら、それは違います。

セカンドサーブ、特にフワッとした入れるだけのサーブは、ある程度振っていかないと。

ボール自体に力が無い訳ですからね。

ボレー感覚、で打っていきたいのは速く、鋭いサーブ。

このメリハリ、使い分けをするだけで、相手も嫌だと思いますよ。

考えてみて下さいよ。

良いサーブを打っても、返される、それも色々な球種で・・・となりますからね。

 

4.サーブが崩れてくれる要因、それは・・・?

複数のリターンを持っている、ということ。

1つしかリターンが無い相手なんて、何て楽なんでしょう。

サーブを打つ前から、「この選手のリターンは、こんな感じだもんな」と、自信満々。

だから、サーブの調子も上がるし、プレーもノリノリ。

そうさせているのは、アナタ自身。

ブロックリターン、ボレーのようなリターンは攻撃にも大活躍です。

ロブ、ドロップ、スライスの構えから色々打てますからね。

ぜひ、みなさんも練習してみて下さい。

 

練習したら、使うこと。

試合で、色々なサーブに対してボレーのグリップで待ってみる。

スピンリターンも、動きを小さくしてボレー感覚に。

いつもの自分のリターンを変えるのって、勇気要りますよね。

でもその先に、アナタ自身のバリエーションがある、強さが生まれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  2. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

    リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。前に入る…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

    安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでく…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  5. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  6. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要なテクニックは?

    皆さんの周りに、サーブ&ボレーを得意にしている選手はいるでしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタ…
  3. メンタル

    努力に必要なのは、勝算
  4. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!
  5. フットワーク

    身体で反応するカバー、を身に付けよう
PAGE TOP