テニス 戦術

リターン

試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。

そんな時は、スライスリターンを上手く使うこと、が大事です。

それじゃ、ただ返すだけ?

いや、実はこれでかなり試合の流れ、雰囲気は変わります。

上のレベルのみなさんでも、意識すれば変わりますよ。

 

試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

 


 

1.スライスリターンは、相手への意思表示

まずは、「しっかり返すから、ラリーしよう」というメッセージになります。

試合のリズムが悪いときって、基本リターンが相手コートに返っていない時。

ですから、試合ではリズムを変えないといけないんです。

スライスでも、とにかく返す。

ボレーの感覚で、山なりのリターンでも良い。

この切り替えが出来ない人が、ずっとスピンやフラットのリターンを続けて、試合で負けていく。

調子が悪かったんじゃない、他に手が無かっただけなんです。

 

2.相手のリズムを良くしているのは、自分

良いリターンでも、相手は慣れます。

良いスピン、でも相手がそれに慣れてしまうと、サービスゲームをブレイク出来ない。

良いリターンって、速いリターンじゃないですよ。

上手く、バリエーションを付けられる、変化を付けれられるリターン、なんです。

スライスを使えば軌道も違う、テンポも違うからサーブを打つ相手は嫌なんです。

それは、サーブの後に余裕が無い人ほど感じてくれるでしょう。

 

3.サーブを打った後、に色々な景色を相手に見せよう

実際、アナタがサーブ側でも嫌じゃないですか?

サーブを打った後に、リターンでスピンやスライス、色々なリズムでのボールが来る。

毎回、サーブを打った後に、それを確認しないといけない・・・なんて。

スライスでのリターンを混ぜることで、相手は考えてくれるようになる。

これが、一番の狙いです。

スライスを混ぜることは、意図的にリターンで取り入れていかないとダメ。

ほとんどの人は、それが遅すぎるんです。

 

4.サーブが速い、ただ返したいから・・・?

この理由でスライスリターン、その時点で後手。

試合の後半に、リターンミスが嫌だからスライス、これも遅い。

もっと試合の前半に、自分に余裕がある時からスライスのリターンを入れる。

この発想が無い人は、試合で勝つのが難しいでしょう。

私は、相手のセカンドサーブでもスライスを使ってリターンします。

なぜなら、相手は「打ち込まれる!」と思っているから。

その予測を外すだけでも、かなり試合では有効ですよ。

 

スライスリターン、これは使わないと上達しません。

ボレーの感覚で、グリップを変えて待つ。

その待つ雰囲気は、いつもの通常のリターンと揃えて、バレないように。

試合の流れ、変えるのはアナタ自身ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

    リターンは、前に、前に。これが基本ですが、あくまでポジションを…

  2. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  3. リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなの…

  4. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  5. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  6. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事
  2. テニス メンタル

    メンタル

    決断しないから、言い訳ばかりが浮かんで来る
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!
  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です
  5. テニス 練習

    その他

    セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう
PAGE TOP