テニス 戦術

リターン

試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。

そんな時は、スライスリターンを上手く使うこと、が大事です。

それじゃ、ただ返すだけ?

いや、実はこれでかなり試合の流れ、雰囲気は変わります。

上のレベルのみなさんでも、意識すれば変わりますよ。

 

試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

 


 

1.スライスリターンは、相手への意思表示

まずは、「しっかり返すから、ラリーしよう」というメッセージになります。

試合のリズムが悪いときって、基本リターンが相手コートに返っていない時。

ですから、試合ではリズムを変えないといけないんです。

スライスでも、とにかく返す。

ボレーの感覚で、山なりのリターンでも良い。

この切り替えが出来ない人が、ずっとスピンやフラットのリターンを続けて、試合で負けていく。

調子が悪かったんじゃない、他に手が無かっただけなんです。

 

2.相手のリズムを良くしているのは、自分

良いリターンでも、相手は慣れます。

良いスピン、でも相手がそれに慣れてしまうと、サービスゲームをブレイク出来ない。

良いリターンって、速いリターンじゃないですよ。

上手く、バリエーションを付けられる、変化を付けれられるリターン、なんです。

スライスを使えば軌道も違う、テンポも違うからサーブを打つ相手は嫌なんです。

それは、サーブの後に余裕が無い人ほど感じてくれるでしょう。

 

3.サーブを打った後、に色々な景色を相手に見せよう

実際、アナタがサーブ側でも嫌じゃないですか?

サーブを打った後に、リターンでスピンやスライス、色々なリズムでのボールが来る。

毎回、サーブを打った後に、それを確認しないといけない・・・なんて。

スライスでのリターンを混ぜることで、相手は考えてくれるようになる。

これが、一番の狙いです。

スライスを混ぜることは、意図的にリターンで取り入れていかないとダメ。

ほとんどの人は、それが遅すぎるんです。

 

4.サーブが速い、ただ返したいから・・・?

この理由でスライスリターン、その時点で後手。

試合の後半に、リターンミスが嫌だからスライス、これも遅い。

もっと試合の前半に、自分に余裕がある時からスライスのリターンを入れる。

この発想が無い人は、試合で勝つのが難しいでしょう。

私は、相手のセカンドサーブでもスライスを使ってリターンします。

なぜなら、相手は「打ち込まれる!」と思っているから。

その予測を外すだけでも、かなり試合では有効ですよ。

 

スライスリターン、これは使わないと上達しません。

ボレーの感覚で、グリップを変えて待つ。

その待つ雰囲気は、いつもの通常のリターンと揃えて、バレないように。

試合の流れ、変えるのはアナタ自身ですよ。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

  2. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

  3. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  4. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

    リターンでボールをよく見ること。大事ですね。でも、これ…

  6. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に見せていこう

    ダブルスの試合、「リターンをポーチに出る」という作戦を実践しているペア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる
  2. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打…
  3. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める
  5. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて
PAGE TOP