リターン

2ブレイクで、普通の人は気が緩む

試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。

こういう試合の時に、何が起きているのか。

結構、思い出して考えてみるケースって少ないと思います。

リードした瞬間、それも2ブレイク離れると・・・人って、変わります。

 

2ブレイクで、普通の人は気が緩む

 


 

1.2ブレイクした後、どうするのか

相手は、必ず何かを変えて来ます。

勝ちたい意志のある相手であれば、絶対にそうです。

吹っ切れて良いプレーをしてくる可能性がある、

だからこそ、準備が必要。

2ブレイクした自分、に舞い上がっていると危険。

かなり意識を高く持っておかないと、気付かぬ内に泥沼にはまっていきますよ。

 

2.いつでもブレイク出来る、と勘違いしてしまう

これが怖いんです、実際の試合では。

何だか、いつでもブレイク出来るように感じてしまうんですよね。

2ブレイクも、たまたま・・・なのかも知れないのに、つい勘違いしてしまう。

試合では、そこまでの差は無いケースがありますよ。

ブレイク出来る、と思っていると本当に危ない。

そう考えて準備しておけば、かなり違いますよ。

 

3.ブレイク出来た時に、振り返っておく

何が、要因だったのか。

相手のサーブが入らなかったのか?

前衛が動いて来ないで、ノンプレッシャーだったのか・・・色々あるはずなんです。

ブレイク出来た時に、サッと思い出してまとめておく。

そうすれば、「相手はきっと、ここを変えて来るだろう」というのが見えて来るはず。

特に、男性の試合は要注意です。

サーブ次第で、結局は大きく変わって来ますからね。

 

4.いきなりサーブが入るようになる、ことはよくある

私も経験ありますが、いきなり相手のサーブが入るようにある。

これは、結構あります。

それまでダブってばっかりの選手が、急に入るようになってリズムが良くなる。

そうすると、リターンゲームでも調子が上がって来るんですよ。

2ブレイク差、はすぐにつまる。

つまって5-5、のような流れになったらもうかなり劣勢でしょう。

その流れ、試合の形に気付かないと、また繰り返してしまいますよ。

いきなりサーブが入るようになる、これはよくあるケースなんです。

 

私たち一般の試合は、サーブの波が大きい。

これは、考えておきましょう。

自分も相手も、安定している訳じゃない、だから2ブレイクしてもすぐ戻されるかもしれない。

用心深く、客観的に。

リードしても、このスタンスは忘れずいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. + POWER CUP について
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ」だったら・・・?

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブをリターンする場面。もし…

  2. リターン

    「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない

    気が付かないうちに、油断してしまう。これは、テニスの試合でよく…

  3. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  4. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性

    サーブレシーブからテニスはスタートする。最初のこの部分で勝負が…

  5. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
  2. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な…
  3. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身にな…
  4. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「発想の整理」だけで、人は自信が持てるようになるはず
PAGE TOP