テニス メンタル

戦術

試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

だからこそ、なんです。

チャンスは実は、試合の終盤にある。

自分が不利になっている状況、から頑張れる人って、実際にテニス選手では少ない。

なぜ、頑張りにくいのか。

を考えていけば、冷静に考えて頑張ってみようかな、という気持ちにもなってくる。

私は、そう思いますよ。

 

試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

 


 

1.テニスって大逆転、が難しそうに見える

と思いませんか?

私は、昔はそう感じていました。

例えばサッカーや野球の試合、なら押されていても0-0で粘っていれば何とかなる。

得点を許さないで試合が進む、ことが出来る競技ですからね。

でも、テニスはそうじゃない。

スコアの積み重ね、で先に規定のゲーム数、セット数を取った側の勝ち。

だからこそ、大逆転って難しい・・・ように感じてしまうんですよね。

試合の後半、自分に不利な状況になってから頑張り切るのって、本当に難しいんです。

 

2.でも、実際に大逆転は起こせる!のがテニス

ただ、テニスは単純なスコアの積み重ね、ではないですよね。

大事なのは、ゲームを取るかどうか。

ポイントは与えても、ゲームは与えない、ような形で挽回していくことは出来ると私は思っています。

不利な状況になっても、まだまだ試合は分からない。

ゲームをたくさん取り返すのは難しい?

でも、全ポイントを取る必要はないんですよ。

要所を抑えて、相手をどんどん凹ませていけば良い、と思えば楽じゃないですか?

 

3.「実際のスコア程の差は、無い」と思えるかどうか

自分が不利な状況でも、しっかり頑張れる人。

それは、こういう視点を見いだせる人です。

待っている、ただスコア差だけを眺めているうちは、そりゃ頑張れないですよ。

2-5で相手のサーブ、という段階でもう白旗でしょう。

これでは、後にも続いていかない、進歩がない。

2-5で相手のサーブなら2ブレイク必要、でもチャンスがあると思えるかどうか。

それは、2-5までの戦い方次第、ですからね。

 

4.不利な状況でも頑張れる人は、種を蒔いている人

例えスコアが離れていても、相手の弱点に気付いた人。

それから、相手がビビっているポイント、が分かった人は強いし頑張れる。

要はしっかり試合の序盤から、何かしらの種を蒔いている人、だと思います。

自分が不利な状況になっても、相手も不利な要素を持っている、と思えますからね。

私なんかは、ネットプレーに難を抱えている人は、2-5からでも挽回できるイメージが出来ています。

相手を前に引っ張り出す、勝ちそうな相手はきっと強打してミスしてくれるはずですから。

まぁ、それでうまくいかなかったら、もうしょうがないですからね。

 

自分が不利な状況、になってからがテニスの試合、勝負ですよ。

最後の最後、で差して抜いていく、勝っていく。

こういう試合、まだまだアナタの中で増やせるはずです。

スコア差は、あって無いようなもの。

それは、勝っている側の時でも意識しないといけないですね。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること

    自分のテニスを、思い切って変えること。この重要性は何度も書いて…

  2. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

    テニスの試合、いかに相手の弱点を突いていくのか。この重要性は、…

  3. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない

    テニスには、色々なショットがあります。元々、ルール上ワンバウン…

  4. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻め方

    さぁ、試合シーズンだ!!夏は大会がたくさんあるからね。…

  5. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

    そんなに強そうに見えないのに、試合になると強い選手。こういう選…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!

    試合では、攻撃しているつもりでも「はめられている」ケースも多い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます
  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  3. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では…
  4. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう
  5. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
PAGE TOP