テニス メンタル

戦術

「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩かも

テニスの試合会場でよく聞く言葉。

ダブルスの試合で、ペアと一番掛け合う言葉じゃないでしょうか・・・。

それがいつしか、「当たり前」になってはいませんか?

挽回って、口で言うほど簡単じゃないですしね。

 

「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩かも

 

1.「挽回」と声掛けするだけ、になってませんか?

苦しい場面で、挽回したい。

テニスの試合中、何度も思いますよね。

でも、それってただ「挽回っ!」「挽回っ!」って、繰り返し言うだけになってはいませんか?

もちろん、それで気持ちを高めることも大事でしょう。

ですが、結局策が無いままに精神的な部分だけで挽回、は出来ないのがテニス。

ただ声掛けするだけ、のような癖は直していかないと。

それって「負け癖」につながりかねないですよ。

 

2.勝てないペアは、全てがマンネリ化している

いつものように試合をして、いつものように負けていく。

何か変えていくところは無いか・・・と考えられないペアは、いつまで経っても勝てません。

私はダブルスなら、この「声掛け」こそ大事だと思う。

ポイント間に、自分たちで何をやるのかを話し合って具体策を導き出す。

これって、レベルや経験、実力は関係ありません。

ただ「挽回」としか声掛け出来ないペアは、何がやりたいのか分からないまま試合が終わる。

挽回、するなら「何をどうして挽回するのか?」を考えないとですよね。

 

3.「挽回する為の具体策」を、いくつ試合前に用意出来るだろう?

アナタ自身、ダブルスの試合でどうですか?

厳しいポイント、相手に先行されたときに、何が策として実行出来るか。

試合前から整理して、2~3つは用意しておきましょう。

私なら、

・苦しいときはストレートロブ

・リターンミスが多いなら相手前衛にボレーさせる

・サーブが入らないときには2ndサーブを2回打つ

・相手ストロークが強力なら、あえてポーチに出て気持ち良く打たせない

ようなことは、事前にペアと話し合っておきます。

皆さんなりにも、準備はいくらでも出来るはずです。

 

「よし、予定通りの策で挽回しようね!」

どうですか?

ただの「挽回!」よりも、効果があるし勇気付けられると思いませんか?

この工夫、明日からでも出来るはず。

試合は苦しい場面を想定して準備、だけできっと勝率は変わります!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    なぜここまで「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

    テニスでは準備が大事。いや、テニスに限ったことでは無いと私は思…

  2. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

    テニスの試合、リードして、されての繰り返し。つい、リードされた…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

    テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。主導権を握…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです
  4. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる
  5. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかど…
PAGE TOP