テニス メンタル

戦術

小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない

強い相手って、「触れない場所」に打って来る。

お互いにテニスコートの広さは変わらないのに、不思議ですよね。

相手のショットは、自分が触れない場所、に飛んで来る。

これは、全てアナタ自身のポジションのズレ、を突かれていると思って良いでしょう。

 

小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない

 


 

1.なぜ、ズレは生じるのか?

これは、考えないといけない問題です。

自分が打った瞬間から、次への準備は始まっている。

テニスでは、基本的にどこに立って待っても良いし、ポジショニングでの反則は少ない。

だから、曖昧になりがちなんです。

立ち位置が正しい、間違っている、というのも明確ではないですからね。

でも、ズレは確実に生じている。

これを、しっかり把握しておかないと、ずっとやられてばかりですよ。

 

2.一番典型的な例は、サーブを打つ場所

まず、私が一番多いと感じるのはサーブ。

このサーブを打つ場所、がズレているとそこを突かれる。

強い相手は、見逃してくれません。

実際に、コートの端、ワイドの位置からサーブを打つ選手って多いじゃないですか。

端から打てば、逆サイドは空いている。

これでダブルスなんか、サクッとストレートロブでやられてしまうケース、が多いんですよね。

サーブは半面のどこからでも打てる、だから隙が生まれやすい。

気付いていない人は、ずっとやられ続けます。

 

3.自分が打ちやすい=ズレる、と認識しよう

ネットプレーでも、これはよくあります。

バックボレーが嫌、という人はどんどんフォアボレーだけになって、ポジションがずれていく。

コートの端に、端に寄ってしまってセンターを抜かれる。

相手が上手いんじゃなくて、自分たちで穴を作っていることに気付かないとダメ。

自分が打ちやすいように動いている限りは、必ずポジションに穴が出来る。

意図的に、出ない限りは、フォアハンドに頼ることは危険です。

 

4.アナタ自身、見逃さない選手になろう

試合では、これで楽に勝つことが出来る。

相手のサーブ、リターンのポジションをしっかり見定めて、狙う。

パッと相手の立ち位置を見た瞬間に、違和感を感じられるかどうか、ですね。

「あ、ここ空いてるな・・・楽させてもらおう」くらいの感じですね。

この感覚が持てるように、ニュートラルなポジションはどこなのか。

バランスが良いポジションは、どこなのか。

強い選手を見ながら、ぜひ探してみて下さい。

 

教わってもダメです、こういうの。

身に付かないですから、自分でやられて体感しないと。

ポジショニングが甘い人は、試合で勝てない。

この事実と向き合えた人が、自分を変えていける。

ちょっとしたズレを見逃さない選手、になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる

    試合で相手を観察して、特徴をつかみたい。でも、なかなかどんな特…

  2. 戦術

    弱点を補うことで、1番は目指せない

    弱点を補うのが良いのか、長所を伸ばす方が良いのか。色々なテニ…

  3. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

    試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思…

  4. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

    対戦していて、嫌な相手。それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょ…

  5. 戦術

    「あいつセンスあるな‥」という相手ほど、実は倒しやすいのがテニスというスポーツです

    テニスって、面白い。私がそう感じる瞬間はたくさんありますが、特…

  6. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?

    ストロークで、あと一押ししていきたいという場面。フォアハンドで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要
  2. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ
  3. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  4. フットワーク

    身体で反応するカバー、を身に付けよう
  5. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
PAGE TOP